科学館と映画

July 23 [Sat], 2016, 15:48
姉です。

梅雨も明け、夏真っ盛り。
先日の3連休は旅行には出ず、子供が喜びそうな場所へ遊びに行ってきた。

(1) バンドー神戸青少年科学館
わりと規模の大きい科学館。
ここ、想像以上に良かった。入館料安いのに見応えがあるし、幼児も楽しめるような工夫がいっぱい。



展示内容のレベルは高く、私にはついていけない内容も多々ありだったけど、空気ロケットの発射ボタン押せたり、テコの原理を実際に重りを持つことで身体で感じたりと、4歳児も体験することで科学に触れられる、みたいなノリ。

記者になり、オリジナル新聞を作ることのできるコーナーにも挑戦。



小学生になり、理科や算数の授業が始まってからだともっと面白いと思うので、暑い夏や寒い冬には定期的に訪れようと思う。



4才になり、子の教育ということに考えをくゆらすことが多くなってきたのだけど、興味の幅を広げる機会を作ってやるのは親の役目だと思うので、いろんな所に連れてやってやりたい。

(2)「ファイディング・ドリー」
現状、TVは、ディズニーアニメかしまじろうEnglishに留めているのだけど、やはりディズニーものは親が見ても面白い。先週末、「ファイディング・ニモ」をTV放映で見せたこともあり、「ドリー」も映画館に観に行くことに。



3才なりたての頃は、暗闇映画館に行くだけでギャーギャー泣いていた娘だけど、いまや、ボップコーン食べながら前のめりに2時間集中して観られるように。こんなことも私にとっては嬉しい成長。

obase

July 15 [Fri], 2016, 12:29
先日、久しぶりに京都でランチ。
大阪や神戸でランチする時は、新規開拓せずにホテルランチが多くなっているこの頃だけど、今回友人が予約してくれたお店は、1年ちょっと前にできた素敵なレストラン「obase」。

久しぶりにものすごく好みなお店で嬉しかったので、写真も撮らせて戴き、記事にします。
こちら、京都イタリアンと言えば、の「イル・ギオットーネ」の元シェフが独立して開かれたお店らしく。
ランチは4000円のおまかせコースのみ。
店構えもインテリアもカトラリーも全てが洗練されていて期待高まる。

とうもろこしのスープに、イカとヤングコーンが添えられている1品目。
イカもとうもろこしも大好き。左に見えるはかき揚げ。青海苔・イカ(タコだったかな・・・)・とうもろこし。この組み合わせ素晴らしい。



前菜は、マグロの子供×オクラ×じゅんさい×長芋×海ぶどうが、小夏柑の甘酸っぱいソースで和えられているサラダ。全品通じて思ったけど、旬の食材が惜しげもなく、また、丁寧に調理されていて感激する。組み合わせは斬新だけど、よく考えて作られているから、絶妙なハーモニー。



イタリアンならではのパスタは、サザエと豆乳ベースのクリームで。これだけだとこってり、なところが、自家製の甘酢しょうがのアクセントでさっぱり。またに、夏のイタリアン。



メインは豚のグリル。下に焼き茄子が隠れてます。ジェノベーゼソースの芳しい香りで食欲増進。
色鮮やかな野菜で目でも楽しめる。



デザートは、すもものソースでクレープ。アクセントにコンペイトウが使われているのも京都らしい。
酸味と甘みの絶妙なマッチング。
最近、大阪リッツのフレンチ「ラベ」にママ友とランチに行き、デザートにスペシャリテであるクレープシュゼットを食べたのだけど、甘すぎて口に合わなかった私(プラス料金払ったのに!)。レストランのあり方そもそもが違うので、比較対象ではないかもしれないけど、とにかくこちらのクレープは好みだった。



シェフもとても感じの良い方で、お見送りの際、びっくりするぐらい長い距離を見送って下さっていて感激。
これからますますお店が有名になっても、このクオリティでお料理を提供されるなら、季節ごとに訪問したいと思えるレストランでした。

FDC

July 06 [Wed], 2016, 8:20
姉です。

週末も法事やら何やらで家をあける日が多く、久しぶりにブログを綴れる。
今日は切手ネタ。
ゆるーく切手収集している私。性格上、本気を出したらのめり込んでしまうため、あくまでゆるく。よって、切手好きの方の間では当たり前のように行われているFirst Day Coverも今までしたことなかったけれど、今回初めてトライしたというお話。

First Day Cover(FDC):発行日当日の切手が貼られ、発行当日の消印が押下されている切手や封筒のこと。
※切手の発行日って、もちろん平日。すなわち仕事日。サラリーマンはなかなか難しいと思うけど、郵送による「郵頼」という手法もあります。

記念すべき発FDCの対象切手は、絵本作家の林明子さんの切手シートに決定(2016年5月27日発売)。
どうしてもこの切手でやりたい理由があったので、切手繋がりの同僚と2人で時間休とって、大阪中央郵便局へ。

押印してもらう条件は、記念切手を1枚何かに貼ること。すなわち、「切手を1枚無駄にする(=郵送に使わない)ことと引き換えに、記念印が貰える」ということ。ヨーロッパ発祥の文化だけど、なかなか良く考えたもんだなと思う。

ポストカードや封筒に貼るのが主流だけど、私がこの記念切手を見た瞬間に閃いたのが、娘の愛読書である「はじめてのおつかい」という絵本の第1頁の前頁(白紙の頁)に貼り、押印してもらうということ。



世界で1冊だよ、的な。完全に私の自己満足だけど、この押印は後にも先にもなく、この日限り。なんてメモリアル。私はこういうことが好きなのだ。



切手シート自体も、とても色鮮やかに絵本の世界観が切り取られていて可愛かったので、保管用にも別途購入。



ちなみに、娘にFDCつきの絵本を渡した時の第一声は「○○ちゃんの本、勝手に取って行ったん?」。親の心子知らず、とはまさにこのこと。
色々説明した結果、「うん、うれしい」と言ってもらったけど、こういった楽しみを分かち合えるように成長してくれるかな。




4歳児連れディズニー旅行記*2日目*

June 22 [Wed], 2016, 20:26
2日目は、15分前入場の特権を生かせる日。
8時からオープンだったので、オフィシャルホテル宿泊者は7:45から入れる。妹に聞くと、7時半だとかなりの人が並んでいるとのことだったので、我が家は7時過ぎに並びに行くことに。娘も「ミッキーに会いに行くよ」と言ったら飛び起きた。

7時に行くと、パークに向って右手方面で前から4列目。かなり早かった方かと。こんなのも、天候悪ければ待つのキツイだろうし、ディズニー楽しめるかは天気にかかっていると言っても過言ではない。

この日は、オフィシャルホテルに「セレブレーションホテル」が加入して初めての週末。すなわち、15分前入場者が前週より多い+快晴の土曜日=入場待ち者多い⇒開園時間繰り上げとなり、7:40には開門。
うちは、ミートミッキー狙いだったので、一目散に右手へ。あくまで走らず競歩、がお約束。

スペースマウンテン付近までは行けるのだけど、開園時間の8時になるまではこれ以上進めない決まり。人分散のため、8時前に既に稼働させてあるアトラクションもいくつかあり、そちらに流れる人が多かったけど、我が家はミッキーに照準合わせていたため、8時までパーク内でスタンバイ。これがその時の写真。
先に人が居ないディズニーランドってなかなかないかも。



さぁ8時。更に進む人の流れは、ほとんどがプーさんのハニーハントへと。
しつこいけど、我が家はミートミッキーなので、そのまま奥へ奥へ。結果、1番乗り(笑)まぁ、1番だからと言って、ミッキーの待遇は何も変わらないけど、これもまた良い思い出。待ち時間ゼロでミッキーにハグしてもらい、娘は嬉しくて嬉しくてニコニコ。父母も嬉しい。中に人が居ること分かっていても、ミッキーは別格。

ミッキー終わってもまだ8時過ぎなんで、「ハニーハント」のファストパス取って、ファンタジーランド付近のアトラクションを手当たり次第乗っておく。このぐらいの時間だと、まだ人の流れが奥まで来ていないので、「ピーターパン空の旅」「ダンボ」「アリスのティーカップ」とさっと乗れた。
娘お気に入りのシンデレラ城の中の展示もよく見れたし。


4歳児連れディズニー旅行記*初日*

June 18 [Sat], 2016, 7:26
妹に続き、私もディズニーランド/シーに行ってきました。
6/3(金)〜5(日)の2泊3日。

4月の沖縄もそうだけど、今の状況的に、先の予定が立てにくいので、思い立った時に国内旅行、っていうのが当面の我が家のスタイル。
ディズニーは、昨年11月に行ったところではあるけれど、娘がこの半年でディズニープリンセスを好きになった(ソフィアのアニメがきっかけ)こともあり、再訪を決めました。

直近に予約するなら、天気も良い日がいいなと思い、週間天気予報で晴れ予報が出ていた週末に焦点合わせ、ホテルリサーチ。結果、予報どおりの快晴!



妹の薦めもあり、バケーションパッケージも見たけれど、さすがに魅力的なプランは予約が埋まっていた。
1泊目の金曜日はディズニーランドホテルの予約が取れたけれど、さすがに土曜日は全室満室。よって、インパークは2日間だけにして、2泊目はパートナーホテルに泊まり、3日目の日曜日は早々に帰宅するというプランに決定。
2泊目もディズニーランドホテルが予約取れると、3日目もインパークしないと勿体ないので、このように考えました。

となると初日から出来るだけ長い間パークに居たいと思い、下記旅程。

伊丹発7時半 JAL
羽田着8時半
9:15 羽田→TDLリムジンバス
9:50 TDL着→まずTDLホテルへ(初日から両パーク行き来できるスペシャルパスポート2DAYSを購入。4歳の娘のチケット代なかなか響く)
10:30 TDL インパーク 

関西から行ったわりにはなかなかスムーズかと。
この日は平日ということもあり、アトラクションもわりと空いていたので適当に乗った。でも、4歳児はやっぱりパレードがお好きなようで。まずは、先日までしていたイースターのパレード。



お昼のパレードにまたしても目をキラキラさせた後は、ベビーカーに乗せて(迷ったけどディズニーには必要。持って行って良かった。)お昼寝タイム。その間にシーへ移動。




SHOZO Coffee

June 12 [Sun], 2016, 7:19
姉です。

以前よりお取り寄せしたいと思っていた、SHOZO Coffeeのスコーン。
食べるの大好きな同僚数人と送料負担しあって、初めて取り寄せてみた。
会社には、いろんな分野に造詣が深い人たちの集まりなので、私の薄く広い(?)趣味に
それぞれ合致する人が居てくれて有り難い限り。

栃木県那須より遥々やってきたスコーンとクッキー。
・プレーンスコーン
・ホワイトチョコとクランベリーのスコーン
・チョコレートスコーン
・4種のクッキー
・パルメザンチーズのクッキー



あともう一つ頼んだ単品のクッキーは、開梱した途端、娘が食べてしまった。

スコーンは、レンジ+トースターで焼き戻して、中はふっくら外はカリカリ。
私の好みとしては、もう一段階、外がガリガリになっていてほしいけど、粉自体も美味しくて、
甘みのバランスも良く朝から幸せ。

有名なスコーンより、私と夫の心を捉えて離さなかったのは、クッキー類。
バターが存分に練り込まれているであろう芳しい香り、ナッツ類の香ばしい匂いにうっとり。
一枚一枚が分厚く大きいっていうのも、食感の良さに繋がっている。
これはリピート買いする、絶対。



メールでのやり取りを経て配送して頂いたのだけど、対応もスムーズ丁寧でより嬉しい。

軽井沢までしか足を伸ばしたことがないので、栃木の那須という場所は「那須の御用邸」
というイメージしかないけれど、こうやって全国の美味しいものを知ると、その地への
興味が深まり、行ってみたくなる。

2歳児連れディズニー旅行 その3

June 01 [Wed], 2016, 7:41
前記事の続き。

妹です。

とりとめもなく旅の記憶を書いていて読みづらくて申し訳ないですが、このあたりで
1日の流れ、どんなアトラクションに乗ったか、こどもの反応はどうだったかをざっと。

そういえばわりかし着いてすぐにダッフィーは買いました。
帰ってきてからもなぜか「みっきー♡」と間違って呼んでいるときはありますがお気に入り。
ぎゅーっと言いながら抱きしめています。


2歳児連れディズニー旅行 その2

May 30 [Mon], 2016, 18:13
前記事の続き。


今回の旅でこだわったのは、こどもも無理なく楽しめるようにする、のこの1点。

なので、行列にはできるだけ並ばず、規則正しい時間にご飯を食べられるディズニー旅、という当たり前のようでディズニーではあまり当たり前にできないことを目指した。もちろん大人も楽しみたい!

そのためにパーク内にあるミラコスタにしたっていうのもある。
シー側の景色の良いお部屋はとれるわけもなく。一番スタンダードな部屋ですが。

お部屋の中もいたるところにミッキーたちで、こどももとてもうれしそうだった。
シーは15周年なので、限定デザインのよう。


食事についてはもともとバケパで、1日目夜はポリネシアンレストランでショーを観ながらのディナー、
2日目朝はミラコスタのオチェーアノでブッフェ、昼はケープコッドクックオフでダッフィーのショーを観ながらの
ランチがついていたけど、1日目昼は自力で用意しなければいけなかった。

そこで、ディズニーホテル宿泊特典でレストランの優先予約をしてみたら、アンバサダーホテルの
シェフミッキーの予約を抑えられたため、ここでキャラクターグリーティングが満喫できた。
一般枠とは別枠のようで、予約開始日を過ぎてからだったけどぽろぽろ空きがあったため、とても助かった!

2歳児連れディズニー旅行 その1

May 29 [Sun], 2016, 13:07
本当にお久しぶりの妹です。


姉が書いてくれたようにブログが後回しに後回しになっている日々ですが、訪問してくださる方には感謝いっぱいです。残業込みのフルタイム復帰で早1年弱。息子も毎日元気に保育園に行ってくれ、去年色々余裕がなくてできなかった家族旅行をしてきました。


タイトル通り、ディズニーへ。
息子はもちろんはじめて、夫は20何年ぶり。
私は会社の企画で4月に行ったばかりだったけど、先月をいれなかったら10年ぶりくらい。
ディズニー初心者だらけの我が家。

幼児連れディズニー、ハードルが高いと思い、色んなブログを参考にしたので、
どなたかのお役に立てばと思います。

ただ、裏技とかを調べて、とかでなく、割り切ってお金で解決、というと聞こえは悪いですが、
色んな特典付きの公式プラン、バケーションパッケージ(以下バケパ)で申込み。
ホテルはシーの中にあるミラコスタに宿泊という贅沢旅行となりました。

結論から言うと我が家は、誰もディズニーに詳しくない&2歳児がいるので、バケパにして大正解。
正直割高だし、本当に高い(ミラコスタだったのもある)けど、小さなお子さんがいる方にはおすすめできます。
特にレストランなどはかなり優遇されてました。

長くなるので追記にて。

クラランスとyoriのこと

May 24 [Tue], 2016, 12:40
姉です。

最近ブログを書く時間が後回しになる日々で・・・
ブログを立ち上げた9年前(⇒11年前でした。2桁でした!)もうそんのことを考えると、自分の状況が変わったのはもちろん、mixi、FB、twitter、
InstagramとSNSの進化が目まぐるしく、ブログの存在価値って・・・と思うことも実際ある。

が、私も妹も、特に旅行記はずっと書いていきたいと思っているので(実際自分の備忘録として役に立つ)止めずに続けてます。
わざわざ訪問して下さる方には申し訳ないけれど、今のイトオカシのスタンスはこんな感じです。

とはいえ、写真が撮れたら、お気に入り紹介記事も書きたい。

☆クラランス リップオイル(レッド)
一時期、限定販売されていたリップオイルが定番商品となり、こちらのレッドが新色と聞き、早速購入してきた。やはりレッドが一番人気のようで、フランスでも生産が追いついていないとのこと。私はたまたま発売日近くに店舗に寄ることができたので買えたよう。



オイルというだけあって、非常に潤うし、ほんのり色づくので真っ赤な口紅をぼかしてグロスとして使ってる。
匂いはなかなかのスウィートっぷりで、好き嫌いはあるかも。娘には「ママからおいもの匂いがする」と言われるので、恐らく焼き芋ライクな香りを漂わせているのでしょう。

☆yoriのカノコフレアスリーブ
オンラインだけで販売されていたyoriのお洋服が、ルクアイーレに期間限定で販売されていたので、一着購入してみた。ネットで見て、個性的で可愛いなと思っていたので、たまたま遭遇できて嬉しい。



袖がフリルになっていて、一見ラブリーだけど、素材がポロシャツによくあるカノコ素材なので、変にエレガントにならずカジュアルダウンしてくれるし、私の好み。お値段もお手頃(これ重要)。

made in JAPANってやっぱり造りが丁寧。
服はトゥモローランドで購入することが多いけど、こちらも日本製が多く、長く綺麗に着ることができるし、日本人のこだわりや丁寧さを改めて感じる。

これからもこのブランドはチェックしようと思う。

P R

 PROFILE
 2人共通


  **姉妹de更新中**

 ・行動範囲
  関西

 ・好きなもの
  アクセサリー・靴
  洋服・バッグ
  おいしいもの
  ブレンダ


  ふたりごと

いったんコメント承認制にします。

     
*コメント*
アイコン画像イトオカシ
FDC (2016年07月10日)
アイコン画像イトオカシ
FDC (2016年07月10日)
アイコン画像vol
FDC (2016年07月07日)
アイコン画像さんこ
FDC (2016年07月07日)
アイコン画像イトオカシ
SHOZO Coffee (2016年06月15日)
アイコン画像美月
SHOZO Coffee (2016年06月14日)
アイコン画像イトオカシ
SHOZO Coffee (2016年06月13日)
アイコン画像vol
SHOZO Coffee (2016年06月12日)
*月別アーカイブ*
Yapme!一覧
読者になる