【 更新情報 】

スポンサードリンク

アンチエイジングとは?

アンチエイジングという言葉は良く出てくるようになったと思いますが、昔は無かった言葉です。
意味としては老化するスピードを遅くして、若さを出来るだけ保とうという事です。

老化は避けられませんが、進むスピードを遅くして、実年齢より若く見せる事は出来ます。
人は普通、年齢を重ねる事に肉体的にも、精神面でも衰え易くなりますが、自信が付けば、元気がでます。
アンチエイジングによって、外見の若さを身に付け、それにより内面も明るくなるという相乗効果もありますので、日常生活に取り入れましょう。

医療でも、アンチエイジング医療なるものも出てきて、今までは、病気を治す事が中心的考えだったと思いますが、予防医学、すなわち、アンチエイジング医療が注目を浴びています。
医療と言う考えでいると、自分一人では出来ない感じがしますが、アンチエイジングは、様々な方法、ジャンルがあるので、その中から、無理なく、楽しく取り組む事が出来ると思います。

人間、健康体でいられたら、150歳まで生きられると言われますが、寿命の尽くまで若さを出来るだけ保ちたいですね。それを目指すのがアンチエイジングです。


運動でアンチエイジング

運動でアンチエイジングする時は有酸素運動が有効です。
無酸素運動は筋力はアップしますが、活性酸素が発生しやすい為、アンチエイジングに向かないです。
そして有酸素運動で定番なのが、ウォーキングです。

メリットとしては、心肺機能の強化、肥満予防や対策、生活習慣病の予防、美容効果、等があります。
でも、なかなかウォーキングの為だけに時間を作れないという方もいらっしゃると思います。
そんな時は、短い距離でも、自転車や車を使っている事がありましたら、それを歩きに変えてみるという事からでもいいと思います。

そして、歩く時に楽しむ事が大事です。楽しむ為には無理しない事、この距離なら出来ると思う所から始める。
外の気温に合わせて、寒すぎず、暑すぎずの格好をする。
ウォーキング仲間を作るといった事もいいと思います。

注意点としては、体調が優れない時は無理して行わない事です。
あと、病気や疾患をお持ちの方は、医師に相談してから行うようにしてください。
音楽を聴きながらもいいように思いますが、周りの音がかき消されてしまうので、車等が通る場所では控えた方がいいです。

ウォーキングを普段から取り入れて、アンチエイジングを目指しましょう。

食べ物でアンチエイジング

アンチエイジング効果がある食べ物で、健康になり、体調を整えましょう。 どんな食物を取ればいいかと言いますと、色々ありますが、基本的に和食を取るのが一番です。 和食の中でも、魚、山菜を中心に食したほうがいいです。 味噌汁も頭に浮かぶと思いますが、塩分が高いので、とりすぎに注意が」必要です。 あと、沖縄料理の代表、ゴーヤもとてもいいですね。 ゴーヤーの栄養成分で注目したいのは、ビタミンCの含有量。 ほかの野菜と比較すると差が歴然です。 キャベツの約2倍、トマトの約5倍、キュウリと比べると約10倍といわれています。 また、ビタミンCの他にもビタミンE、カルシウム、カリウムなどのミネラル、食物繊維なども豊富です。 ちなみにビタミンCの効果は コラーゲン生成を促しましたり、免疫力を高め、発がん物質を抑えてがんに抵抗します あとストレスに対抗する力を作ります ゴーヤの凄さ、分かって頂けましたでしょうか。 それから食物繊維を多く含んでいる食べ物も積極的にとりましょう。 お芋、ねばねば系の食べ物、海草類等です。 なるべく控えたいのがお肉やお菓子です。 とり過ぎるとメタボリックになりやすいので、注意しましょう。 インスタント食品は忙しい時にはすぐ食べれて便利ですが、栄養素が少ないので、アンチエイジングには向いてません。

姿勢からアンチエイジング

普段からいい姿勢を意識して生活しているとアンチエイジングに繋がります。たかだか姿勢と思うかもしれないですが、悪い姿勢を習慣づけてしまうと、体に悪影響を与えてしまいます。

例えば、常に猫背や立っている時に左右どちらかだけに重心を常に置くと言った姿勢でいると、血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まりやすく、疲れや肩こり等、色んな形で症状が出てきます。

また、姿勢によってカッコよく見えたり、だらしなく見えたりもするので、見た目の良さ、健康な体、アンチエイジングの為にも意識しましょう。
また、良く楽な姿勢は良くないと言われますが、いい姿勢の為に、苦しい思いを続けるも無理がありますし、ストレスが溜まってしまいます。

無理にいい姿勢を持続させようとするんではなく、体に慣らさせるように、徐々に変わっていけるように意識しましょう。
それに、時に楽な姿勢はリラックスする為にはいいと思います。

ただ、楽だからといって、悪い姿勢を疲れるまで続けるのは良くないので気をつけましょう。
また、短い時間でしたら、体に影響は少ないですが、積み重ねると少なからず影響がでます。
ですから、代わりにストレッチを取り入れるといいと思います。
姿勢でアンチエイジグ出来るんですから、やって損はありません。

最終的には「身体に悪い姿勢=楽な姿勢」から「身体に良い姿勢=楽な姿勢に」なるのを目指しましょう。














お肌のアンチエイジング

年齢と共に、気になり易いのが、お肌の状態だと思います。
お肌はデリケートなので、何も予防、対策をしないでいると、色んな形で衰えてきます。
シミ、しわ、たるみ、‥です。

女性なら、お化粧である程度カバーする事が出来ますが、素肌でも若々しい方が女性でも男性でも望ましいと思います。

お肌のアンチエイジングで綺麗なお肌をキープ、または改善していきましょう。
具体的対策として挙げられるのが基本的には紫外線対策が最も重要だと思います。
紫外線の当たりすぎはシミ、しわ、皮膚がん等、肌に悪影響を与えるからです。
普段からUVカットの出来る物を意識して身につけるようにしましょう。

シミはほとんどが紫外線の影響を時間をかけて症状が出てきますが、一日中強い紫外線を受けたりすると一日でシミが出来てしまう事もあるので気をつけましょう。

あと、一年中紫外線は照射されてるので、夏だけ意識すればいいと言うものではありません。
毎日意識して、気をつける事がアンチエイジングに繋がります。
数年後、十年後もお肌の若さを出来るだけ保てるよう、頑張りましょう。
P R
カテゴリアーカイブ