勇気をください! 

2005年07月06日(水) 0時44分
夢を追いかけるって、やはり色んな辛いことを経験しなきゃ・・・
と、最近は痛いほど感じます
卒業して、友達と別れて、これからは自分の力で頑張るしかない
これもちゃんと分っています
夢を実現したいと言って、私は自分が選んだ道に進んだ

進んだつもりだけど・・・

試験を受けた、そして、結果が出るまで待つしかない
今年は無理だ!一番分ってるのは自分なのに、
十万分一でもない希望を持ってた、奇跡を待ってた

いい加減に諦めて、仕事でも探した方がよい
充分承知したことなんだ
でも、結果が出るまで、どうしても決心できないの
周りから「応援するよ、貴方はできる」と言われていましたが、
よけにプレッシャーになります
そう簡単に言わないでって言い返したい

進んでると思いながら、ただの空回しじゃない

夢って本当に叶えるものなの、本当に追いかけても良いものなの、
夢は夢のままで終わるなの・・・

自分を信じる勇気を失くした
前へ進む勇気を失くした
現実をちゃんと見るも勇気を失くした

誰が勇気をください!!!

収めない不安・・・ 

2005年05月24日(火) 18時32分
大学卒業は目の前、けど、物凄く不安な気持ちはどうしても収めない・・・
実に何の不安やろう〜自分でもよく分らへん

友達のみんなは就職活動に頑張っています
もう決まった人もかなりいますし、勉強を続く人もちゃんと学校が決まっている

私一人だけはまだ先が見えない

自分が決めた道だと言っても、不安で不安でしょうがない
自分の決心を信じてないわけでもない、ただ、その決心だけはまだまだ足りない
もっと確かなことでなきゃ、やはり安心できない

この先、一体どうなるのだろう

私は本当に正しい道を選んだの

一人で頑張れるの

不安だけは胸にいっぱい
涙が出る寸前のモヤモヤな気持ち

こういう時期は本当に辛い
早く乗り越えないと、壊れちゃうかも・・・・・

私って、アホや!!! 

2005年05月21日(土) 0時10分
本当に救う薬もないアホや
待ちに待った斗真が出てるドラマなのに〜
何でNBAの観戦のために見逃したの

どう考えてもありえないの話じゃない
こんなに期待してたのに〜こんなに待ち遠いと思ったのに〜
私はほんまにアホ

こういう時こそ、NHKというか日本のテレビの放送習慣が憎いんだ
台湾のテレビ局みたい何回も再放送するのがどんなに親切なんだろう〜
ああああああ〜〜〜〜〜〜
なんで悔しいや!!!!!!

あのREGGIE MILLERの引退戦が見逃したくなくても、
斗真のドラマも見逃したくないだもん

斗真不足症 

2005年05月01日(日) 22時21分
斗真と妙に似ている或バンドのボーカルを見てから
斗真不足症の症状はひどくなってきた
もうどのくらいになってるんだろうか 斗真の歌う踊る姿を見たってないのは

あの素敵な歌声、確実なダンスと爽やかな笑顔
とても恋しくなっていた
とても懐かしくなっていた

を手にして歌うのはどのくらい久しぶりの風景だろう〜
舞台で輝いた斗真も大好きよ
けど、雑誌で「コンサートやりたい」と語る斗真の野望は忘れられない
コンサートで輝いた斗真の笑顔をと魅力も忘れられない

神様、努力者に最適なモノをあげよう〜
今夜もこの思いを抱いて 星空に願った

しっかりしろう!!!! 

2005年04月17日(日) 1時20分
思い切り自分を一発殴ってそう言いたかった
いつもすぐ弱気になる自分がとても嫌い

いつも意地を張って、自分を強く見せる
でも よく寂しさと孤独に溺れている

もっと自信を持ちたい もっと堂々で生きたい
でも いつも自分の弱さに負けている

人って、結局孤独のもんだ。
どこかで見た文はそう書いていた
私の言い訳にぴったりの一言

本当は そうでもない
今の私は思う
私 一人にいっても 孤独ではない

私と一緒にいるのは思い出だけではない
その思い出達を共同に持ち歩いてた仲間もいる
何年も連絡がないヤツの応援もいる
私が好きな人と私を好きな人からもらった勇気もいる
だから 孤独なんかしません

孤独のワルツが強拍にいった時
この思いを忘れないように

終わらない孤独のワルツ 

2005年04月16日(土) 2時10分
私はどちらというと、寂しがりやなんだ。
いつも音楽を聞いてるのもそのせいでしょう。
勿論音楽が大好きのはその原因でもある)

孤独という感情はワルツみたいに繰り返して私の心で奏でてる。
テンポに沿って、強弱弱弱 強弱弱弱 …
今はちょうど「強」という拍子のところだ。


大学卒業って、そんなに恐ろしいことは初めて知った。
同じ目標があって、一緒に頑張る仲間がいることに慣れた。
大学合格に目指してた高校時代の仲間や
日本語能力試験に力を尽きたクラスメートなど
今はみんな別々の道に向っている。

私と同じ道を選んだ人は、一人もない。
急に、自信を失った。
一人で本当にできるのでしょうかを、心配になる。

きっと大丈夫さ
大声で自分に言い聞かせて、
終わらない孤独のワルツはまだ奏で続いてる
私は一人 そのダンスフロアで 廻り続いてく・・・

つよちゃん、26歳お誕生日おめでとう!!!!! 

2005年04月10日(日) 11時26分
今日で26のおっさんになるやでぇ〜(笑)

買っておいたあのキラキラしてるDVD 今日という日で観ました
貴方が26になる今日で 去年の夏のあの夜に 私は帰った

光ちゃんを語ってたMCはないけど また涙がぼろった
今日で気づいたの あの夜のあのコンサート
ずっと心の中に染みり込んだこと

ファストソロアルバム ファストソロコンサート
貴方は 自分の音楽を作りたいって言ってた
決して悪いことではない 悪い音楽ではない
ただ あの時の音楽 無意識的な拒否感があった

それは ただ 逃げたいだからの言い訳じゃないでしょうか
私は勝手にそう思った
ただ アイドルの堂本剛になりたくない
ただ みんなの思ったあの堂本剛になりたくない

あの時期の全ては 反抗期の少年みたいだ
私は本当のファンにはなれません
貴方の全ては受け取る事はできません
私は願った 無事に 自分が築いた壁を乗り越えるように
私は信じる ゆっくりで行こう 
貴方なら きっと自分が思う自分を見つかります

そして 過呼吸の病
貴方は乗り越えた

つづき 

2005年04月10日(日) 10時24分
あの夜 城ホールの中にいる私
どうしても 落ち着けませんでした
【si:】を聞いて 感じたあのメッセージは本当なんでしょうか
あの夜のコンサートで 確認できるでしょうか

今日 DVDを見ながら 貴方の歌を聞きながら
嬉しかった 私は間違ってない
貴方は 本当の[堂本剛の音楽]を見つかりました

貴方のステージで あの音楽人達は涙を見せた
何で泣くのをわかない〜 貴方は笑って言いました
でも そのわけは 貴方が一番知っている
だから 貴方はそれを大事にしています

あの夜 貴方は十何分もかかって感謝を語った
自分の音楽できるで どんなに感謝の気持ち

あの時 シーンとした会場 
私は分った 何で感謝の言葉はそんなに長いのを

こういう人達の理解で こういう人達の応援で
貴方は長い時間をかけて
アイドルの剛 と 本当の剛 のバランスを見つかった
貴方のことわりの音楽で みんなに知らせっている


あの時 音楽人達の涙は 貴方の努力への嬉しさ
あのメンバー紹介の時 会場の拍手は 
貴方の力になった音楽人達への感謝

あの夜 貴方は何もなく様子で 光ちゃん話題に入った
知ってるよ それは貴方から光ちゃんへの感謝
自分のやりたいことをやらしてもらったの感謝
一緒にひどい噂を乗り越えてきた感謝

貴方は本当に幸せな者だ
こんなに多いな応援してる人がいって
光栄です 私もその中の一人でいること

26歳の貴方
ちゃんと自分を愛してた貴方と思います
だって こんなにいっぱいの愛を持っているから

つよちゃん、26歳お誕生日おめでとう!!!!!

懐かしい言葉 

2005年03月03日(木) 9時41分
突然気づいた この言葉は あたしにとって
どんなに懐かしいだろう、、、、、


「ねぇちゃん〜」 あなたはいつも この一文字の言葉であたしのことを呼んでた
「なんだよ!!!」 全然優しくない あたしの返事はいつもこういう風だった
後悔はしていない だって これはあたしの愛情表現
あなたは知ってたでしょう だから いつも笑顔でいてくれた

あれから何年経ったでしょう

忘れていません ただ 計算はしたくない
あなたのいない日々

忘れていません ただ あの傷跡に触りたくない
あなたを失った傷痕


ね 彼はあなたの代わりに呼んでくれたよ
あの懐かしい 懐かしい言葉

あの夜 約束を破って あなたのために
涙が止まらなかった


ね 次の人生で元気にしてる?