アナログ時代庭野の戯。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:analogue_saxy
読者になる
2007年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像 ようすけ
小林選手 (2007年07月15日)
アイコン画像 NICO of THE SUZAN
ゾンビ創世記 (2007年07月14日)
アイコン画像 庭野
世界を食す 〜中国編〜 (2007年05月17日)
アイコン画像 庭野
御苑広告塔 (2007年05月17日)
アイコン画像 宮本
御苑広告塔 (2007年04月29日)
アイコン画像 ちづる
茶風呂 (2006年11月04日)
アイコン画像 宮本
パンジー (2006年10月08日)
アイコン画像 ちづる
強打 (2006年09月25日)
裸のガンはパート3へ / 2007年10月24日(水)
またもや引越しです。

コチラからどうぞ
 
   
Posted at 09:45/ この記事のURL
コメント(0)
ビチリと一本どうだい / 2007年10月16日(火)
何となく忙しない日々の中のでちょっとした弛み。束の間の休息。
インドアなニンゲンには嬉しき悲鳴も飛び交い、部屋を反響。
反響された音は喉や耳、胃にまで到達する。


聊か聊かですよね。


温存、温存?それは少しおかしい。
冷蔵していたアサヒスーパードライが意外にも完呑できなかった悔しさが今ある。


持て余せる時間は何とも有意義なものであり、spend spend、いいんだよコレが。
最近は日が昇るのが遅くなり、夜更けは更に更けきれる。


昇る太陽や新聞配達員から一言「更けたねぇ」と謂わせしめようか、今夜。
幸いにもまだ夜明け前。


良い季節なのか悪い季節なのか分からない所がありますなぁ。
 
   
Posted at 04:48/ この記事のURL
コメント(0)
店子、店男に店女 / 2007年10月02日(火)
河川は古代より文明の発達を担い、農業、交通、果ては巡礼地として活躍する。


先日終電前の電車にて帰宅し、元国鉄に乗るのも癪なので徒歩にて帰宅。
途中目黒川を発見。目黒川は我が家までの目印ともなるので、
沿いを闊歩しつつ帰路に着こうとした。


あまり場所を特定されても良くないかもしれないすなね。



結果的に入った遊歩道は行き止まりだったのだが、通り沿いに数軒のバー、居酒屋があった。
何ともこんな袋小路の小道ながら賑わっているではありませんか。




なんか図書館?のような奇妙な造りの内装のものもあり、興味がわく。
何とも意外な場所にあり、ここに入って来るのは客か迷い子なんだろう。




中目黒近くまで行くと、沿いには色々と乱立しているものだが、割と離れた位置に。
むしろ上流に位置するため、堆積する前の洗練されたものであるのか。


いや、中目黒が堆積地というわけではありませんよ。
堆積された肥沃な大地、デルタ地帯でございます。




ナイトウォークは発見があります。
日中に気づかない、夜中だからこそ照らされる灯りに目がいくもの。



今度行ってみようかと思うけど、「見たな・・・」と謂わんばかりに、
簀巻きされ川に流されたらたまりませんな。

 
   
Posted at 08:56/ この記事のURL
コメント(0)
船木さん、見えてきましたぜ / 2007年09月29日(土)
ザ・ラヂオカセッツのファイナルツアーのライブに参戦(事実上)してきまして。どうにも首がクタクタに消耗しており、曲げ、曲げるのも難儀なもの。ま、それも勲なるもの。

僕らより年下のバンドのイベントで、会場には若い血潮が渦巻き。キラキラした若人たちの目が照明にも照らされつつ、一層輝いておりました。


この日のライブはナポレオンの冬場での東征の如く、どのバンドも非常に消耗度の激しいライブをかましていて感銘を受けて帰ってきました。やはり極限までの消耗よね。死すら垣間見えてくるような。まぁ、かつ余裕を見せつEnough Goodなのが僕は理想。


当のラヂオカセッツは非常に良いライブをしてくれて、とてもとても陽性の感情が出っ張ってきました。
特に号泣したチャックくん、あれほど感情的になれるのは素晴らしい。


僕らも僕らで昨日という日を激しい消耗の中、ぶちかまし、明日も明日以降がまた始まりますよ。




「明日、また生きるぞ!」 船木誠勝




正にそうだすな。
 
   
Posted at 15:44/ この記事のURL
コメント(0)
宵へ / 2007年09月18日(火)
Sunrise Sunset


答えはSunsetでした。


海と山と空の狭間に消えて行くThe Sunは何とも強大なエネルギーを感じさせず、静かにして穏やか。


江ノ島付近というやや汚い(失礼)海にしても、十分魅させて下さいました。


膨・膨・膨・・・

  
 
   
Posted at 17:50/ この記事のURL
コメント(0)
ムン / 2007年09月15日(土)
昨日はred clothにThe Moonlightsを観に行ってきましたよ。

我がアナログ時代のグレイトフル"SUUKOU"山崎がギター(しかも歌いましたよ)をやっていて、概観から観る自分のバンドのギタリストというのはこれまた3人称視点のようでもあり、崇高。


Moonlightsの皆様のポマードがっちりでのオールバックでまさかと思いきや、会場に着いたらオールバックの山崎さんがそこに佇んでいました。佇んではいませんでしたが、ぼうとして立っている僕の肩にぽんと手をかけ、お声をかけて頂きまして。


カメラがあれば良かったものの、携帯端末自体自宅に置き忘れていたもので残念。


動画も掲載できるみたいで、携帯端末があれば撮れば良かったものの、残念。


スニッカーズでも喰うかな。
 
   
Posted at 05:57/ この記事のURL
コメント(0)
Mr.ポルトガル / 2007年09月13日(木)
図書館で本を借りまして、あすこは素晴らしき館であると認識。

本など借りる機会は全くなかったのですが、行ってみたら非常に便利。
駅前の蔵書が少ないような図書館なのですが、全っ然秀逸。
読みたい本がいっぱいあるじゃないですか。
しかもタダとは粋。


借りた本の中に「ポルトガルの歴史」という本があるのだが、これのせいで携帯に図書館の番号を登録する時に「ポルトガル」と無意識に登録しそうになったのは他でもない。


気づかなかったら後で驚くだろうな。ポルトガルとはどこで知り合った人で如何なる者だろうと。



 
   
Posted at 15:29/ この記事のURL
コメント(0)
スライと一緒にさぁ / 2007年09月12日(水)
山崎さんに借りたSly & The Family StoneのDance To The Musicのイントロにてバッチリの音程で放屁。

一瞬ホーンなんて入っていたかと思ったわ。プーイプーイ。


 
   
Posted at 12:17/ この記事のURL
コメント(0)
after TRUTTI! / 2007年09月03日(月)


長く色々と練成してきた「TRUTTI!」が昨日となりまして。

久しぶりにお酒過多になると、久々に酩酊寸前まで。
口が達者なもので、随分とゴチャゴチャうるさい事を述べてしまいました。
到底日常生活に役立ちそうもない話、赤壁での大軍の如く。


こういう時に気の利いた写真がバチーンと載っているとブログらしい雰囲気も出るんですが、あいにく携帯カメラをパシャーと撮る習慣もないため、スカーンと文章で攻めるしかありません。


念願といっていいものの、アナログ時代新曲を2曲初披露。
色々変化がかかってきておられます。

どういった形であれど、バッサバッサと色々仕掛けていきますので。



■お次のライブは・・・■

 09/23 [Sun] 高円寺CLUB LINER
  "KOUENJI R&R PANIC VOL.7"
   w. DOIMOI / ビビビビ / 巨人ゆえにデカイ

    open 18:20 / start 18:50
    adv. 2,300 / door 2,500


だいぶ空いてのライブですが、今からお楽しみに、Ne!
 
   
Posted at 14:28/ この記事のURL
コメント(0)
超高族 / 2007年08月29日(水)
何気に高所恐怖症の僕ですが、どうにもこうにも無理ですわ。

どうもアメリカのロックフェラーセンターはGEビルの建設中に労働者が昼食を食っているみたいですが。






何を平然と貴様ら…!








終いにゃ昼寝という始末の悪さ。

でっかくて、ふっとくて、それでいて図太い。
 
   
Posted at 09:02/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!