Die Sterne 

August 18 [Thu], 2005, 10:47

火サスっぽいな 

August 18 [Thu], 2005, 7:58

イラストなんかも載せていこう。そんな心意気を 

August 18 [Thu], 2005, 7:16

ダイジェスト[2005年7月−その2] 

August 18 [Thu], 2005, 6:24
7月 9日 仕事 3日目
        イベントブースはもういい。あたしはネズミ(のキャラクター)。
        着ぐるみに生甲斐を見つけそうになる。
        友人が来てくれる。残念なことにもう着ぐるみ脱いでた。
        夜は前日来てくれた彼の友人とご飯。しかもご馳走してくだすった。               すっごくうまい中華。忘れません! 

7月10日 仕事 4日目(イベント最終日)
        着ぐるみ姿も板に付き、この日はサッカーまでする。
        後でその時のビデオ見たら、すごく応援されてて泣ける。
        私、こんなにたくさんの人に愛されてたの?(勘違い)
        撤収作業でくらくらする。おば様スタッフチームはもちろん帰る。

7月11日 仕事 5日目
        そもそもこの日は予定外だったのだが、出発前に急遽決定。
        しかし、作業時間は思ってたより短かった。ちょっとだけ東京観光。
        神田、神保町は古書の町へ!蕎麦が旨い!!
        大量の本&トランク、その他もろもろの荷物を抱え、
        途中ロッカーに入れた荷物を忘れたり取りに帰ったり、
        ひいひい言いながら夜行バスへ。ぐったり

ダイジェスト[2005年7月−その1] 

August 18 [Thu], 2005, 5:27
7月 4日 ドイツ発
       彼氏と一緒に飛行機に乗るのは初めて。
       悲しくない空港も初めて。すごく嬉しい。

7月 5日 日本着
        暑い。彼氏は初めての日本。空気の重さに驚く。
        ホテルに着いたのは遅かったが、なんとか東京らしさを
        味わうべく新宿へ。帰りは案の定迷う。しかも雨。

7月 6日 彼は1日早く仕事、私は明日から。
        仕事後の休暇に実家へ挨拶へいくため、
        予約しておいたチケットを取りにまた新宿へ。
        渋谷でご飯たべる。マジ定食。さんまがうまい。
        おかわりをおひつで頼もうとした。それくらいうまい。

7月 7日 仕事 1日目
        打ち合わせなんかナイゼ。マジか。
        いろんな人にいろんなコト聞かれるが、苦戦。
        隣で「そんなこと聞かれたって分かんないわよねー。」
        なんて言ってたおば様スタッフに絶句。
        食べるしか楽しみがない。夜は何と銀座でお寿司、えへえへ。

7月 8日 仕事 2日目
        昨日着ぐるみきてたドイツ組スタッフの女の子(フランス人)が
        暑そうだったので & そういうのがすごく好きなので、交替してもらう。
        子供から大人まで大人気。イキイキするわー。彼氏の友人が来てくれた
        が、in 着ぐるみだったため、思いがけずネズミのまま自己紹介。
        夜は大使館の催しに参加、すごく熱い方と知り合う。スゴイよ!

ダイジェスト[2005年6月] 

August 18 [Thu], 2005, 4:27
6月 1日 入居・引渡し
        彼と彼のお父さんが立ち会ってくれる。

   とは言え、家具も何もないのでもうしばらく彼氏宅に厄介に
   荷物の運び出し、新居の掃除、買い物などに追われる。


6月 3日 エアーベッドを15ユーロで購入!!これでなんとか眠る事が可能に。

6月 4日 IKEA(北欧の大型家具専門店、安い)でベット、その他大量購入。
       ベットは後日配送してもらう。

6月 5日 彼の母と和解。午後に彼の友人が車で引越しを手伝ってくれる。
       さっそくお隣さんに怒られた。「ドアを静かに閉めて。」すいません。
       そして初めて新居に泊まる。わわー。

6月 8日 ベット到着。わわーい!

    もうとにかく足りないものが一杯で、なかなか人並みの生活にならない。
    仕事にも追われ、ストレスがたまり、彼にあたる。最低、バカ。
    でも今もそう。

    ドイツのおばあちゃんに使ってない家具を頂く。ありがたい。


6月23日 杏酒を漬ける。

    東京行きの準備、それに当てる予定の翻訳のギャラが入金されず焦る。

ダイジェスト[2005年5月] 

August 18 [Thu], 2005, 4:05
5月 2日 『先輩』と彼氏とで食事。
        相変わらずです。そして私も相変わらずだ。
        帰り際レップトップを駅で落として壊して真っ青になって、
        とりあえずトイレに行きたくなって、電車の中のトイレで
        鍵かけ忘れておしりを見られる。帰ってパソコンは自分で直した。

5月 4日 ドイツのおばあちゃんにご挨拶。遅いよバカ。
        白犬にも久々会う。みんな相変わらずだ。

    仕事が終わっては、または終わらないうちに新しい依頼を頂く。
    平行して家捜し、はネットで彼と一緒に検索する日々。


5月11日 前日ほぼ徹夜で仕事を一件仕上げる。
       ネットで調べた不動産屋の物件を見に行く。
       すごく良い所が見つかる。

5月12日 住まいは狭いものの、まぁワンルームですし、
       何より環境がとてもよい。治安も良い。交通も最高。
       昨日の物件にゴーサイン。仮契約を済ませる。

5月18日 大家との契約、それに伴う書類の用意など。
   |   また、仕事の関係で東京出張が決定。
   25日 そもそも彼氏のコネからもらった仕事だから彼もスタッフ。
    その準備にも追われる。
 
5月27日 
   |   彼の両親が旅行へ。
   29日  我々も羽を伸ばすべく、プールへ!あぁ、しかし最後にやらかした。

5月30日 彼の母が口を利いてくれない。
       もうあさってには引っ越すのに。

ダイジェスト[2005年4月] 

August 18 [Thu], 2005, 3:21
おいおい詳しく書くとして、とりあえず流れ、

目次を作成してみます。


4月12日 日本出発・ドイツ到着
        涙の別れと涙の再会

4月13日  彼氏の家で2時までベットという快挙を成す。(サイテイ!!)
        半年のブランクに体が付いていかない、イテえ。腫れるゼ。

4月14日 事務、銀行行ったりなど等

4月15日 ヴィトン買い付けバイト
  
    この頃から出発前に受けていた翻訳の仕事に本格的に取り組む

4月20日 病院。産婦人科。
         破れたー、もう最低。ひいいい。とても恥ずかしかった。ううぅ。
         折りしもこの日、日本への復路便出発日だった。
         帰ってやろうかと思った。

4月22日 依頼主とご対面。ギャラの交渉など。
         (いや、言いなりですけどね、そんな。)

    いろいろイライラし出す。彼の家に厄介になってるにもかかわらず、
    彼の母に限界を感じる。部屋を探し始める。

  

 

8月15日 

August 18 [Thu], 2005, 1:52
月曜日。雨上がり。

買い物の帰り、うちの近くで、ある親子を見かけた。

小さな3才くらいの女の子と、若いお父さん、それとおばあちゃん。

おばあちゃんも、相当にヤングな格好をしていて、ティーンエイジャーが好みそうな

柄のピンクのTシャツにGパンといった井出たち。

親子は、私と同じ進行方向に進んでいたが、女の子が急に振り返り、

少し通り過ぎた水溜りに戻り、意識と体の操作がまだ一致していない、

いかにも幼児らしい覚束なさで左足を上げ、勢い良く水を弾き散らした。

一踏みごとに、高揚しはしゃぐ愛児を父と祖母は愛しそうに見ていたが、

そのうちにどんどん返り水を被り、びしょ濡れになる孫をなだめ止めようとした

おばあちゃんの足元もぐっしょりとしてしまった。

「Oma hast du so genasst!(まー、おばあちゃんをこんなに濡らしちゃって。)」

そう言って若々しい祖母は小さな子を抱えた。

「Oma hast du so genasst!(おばあちゃんびしょ濡れよ。)」

と再び言うと、お父さんが、

「ま、この子自身もね。」

そんな微笑ましい家族の傍を通り過ぎ、自分のアパートに到着した私は、自転車を

自転車置き場に、そしてまた玄関ホールに戻り郵便受けをチェック、通販の割引チケ

ットが送られてきていた。

『Herrn』・・・。私は一応、女の性別を持っているが、そこには『Mr.』と同じ意の敬称

が付いていた。外国人の名前は、やはり性別の判断が付きにくいのだろう。

そんなことをしているうちに、3m程の背丈がある木製の分厚い玄関扉の向こうで、

さっきの子の泣くのが聞こえた。

いやに歩みが遅いが、きっとあの子がぐずっていたのだろうなぁ。

復活 

August 18 [Thu], 2005, 1:47
4ヶ月・・・。

経ちましたか、そんなに。


目まぐるしく、日々は過ぎ、いや、目まぐるしかったのはそうだが、

それなりの時間もあったのだ。が、書く気、いや心の中では書いてた。

書く機会、タイミングがなかったんです。


まぁ、ちょっと落ち着いたので、これまでの自分のおさらい兼ねて

つらつら書いていきたいです。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像boku
» 復活 (2005年08月18日)
アイコン画像boku
» 1 (2005年04月12日)
アイコン画像boku
» 11 (2005年04月01日)
アイコン画像boku
» Sofa (2005年03月31日)
アイコン画像boku
» 16 (2005年03月29日)
アイコン画像boku
» 17 (2005年03月27日)
アイコン画像boku
» 卒業式 (2005年03月24日)
アイコン画像boku
» だいすき (2005年03月24日)
アイコン画像boku
» ich liebe dich (2005年03月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:an_dich
読者になる
Yapme!一覧
読者になる