十三で今関

November 01 [Tue], 2016, 13:08
昔から、乳酸菌が身体に優しいのは有名な事実ですが、一方で効き目のない説もあります。

これも本当かもしれません。

なぜかというと、体質には個人差というものがあるほか、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、すぐに効く薬ではないからです。

自分に合うかどうか確認してから考えましょう。

以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が経験したのは、かなり大量にたべないと、効果があまり感じられません。

日ごとに1パックぐらい食べて、ようやく便通があるという感じです。

ヨーグルトを好む人はいいですが、嫌いな人も、ジャムを入れたりして、可能な限り食べるようにするとよいでしょう。

近頃は毎年のように寒くなるとインフルエンザにかかる人が続出しています。

年々予防注射をする人数も増える一方ですが、都市部ではとても多くの人が感染しています。

実際の感染の原因は色々考えられますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と接触する時に感染しているのではないでしょうか。

私がなぜ便秘になったかというと、運動不足のせいなのでしょう。

毎日の通勤手段も車なので、歩いたり、運動したりもあまりありません。

犬などのペットがいるわけでもないので、散歩にも行きません。

そういった理由で、私は便秘なのでしょう。

まず、便秘解消のためにも、今日からウォーキングを行おうと思います。

私の子供がアトピーであると診断されたのは、2歳になったところのことでした。

かゆみがしょっちゅうあり、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。

実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気にしながら様子を伺っていましたが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、一向に具合が良くなってくれません。

結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。

というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うもの知られています。

その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、急激な高熱となって、それ症状が3日から7日続きます。

タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。

しかし、肺炎を伴ったり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、油断できない感染症です。

普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌が効きます。

実はおならが臭いをもたらす原因は腸の悪玉菌によるものだとされています。

なので、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるの、を防止する力のある乳酸菌を積極的に、継続して摂ることでおならの臭気を和らげることができます。

便秘を改善するのに効果的なものは、乳酸菌が入ったサプリです。

自分自身腸内環境を整えることの大切さはわかっていても、乳酸菌飲料が嫌いだという人も大勢います。

連日乳酸菌を含む食品をとるのは大変苦労します。

サプリメントなら、お手軽かつ確実に乳酸菌を摂取することが可能ですので、便秘がよくなります。

アトピーにとても効く化粧水を使い続けています。

友人からすすめられた化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを信じられないくらいキレイに治癒してくれたのです。

今まで嫌いだった鏡を見るのが、今では楽しみになりました。

触る度にお肌がスベスベしていることを実感しています。

乳酸菌シロタ株と言ったら、ヤクルト。

過去に白血病にかかり、闘病経験がある渡辺謙さんのCMをよく目にします。

見事に白血病を克服し、ハリウッドで大活躍の渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、効果が高そうなような気がします。

ツボで聞くことが多いのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところにある天枢(てんすう)であります。

後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)というツボも効くと言われています。

手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。

色々なタイプの便秘によっても、効果があるツボが違うので、自身に適したツボを押すと改善できやすいでしょう。

事実、アトピーで出る症状は大変に我慢できない症状になります。

暑い寒いを問わず1年中痒みとの我慢比べになります。

夏は汗のせいでかゆみが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。

また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、間違って食べてしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。

アトピーにいいと言われている入浴剤をサンプルで頂きました。

どのような品物でもそうですが、少しだけ使ってみないと品定めできないものです。

その入浴剤は皮膚によく馴染んで、使用感が良好でした。

刺激も感じませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、非常にしっとりします。

アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも減っていて、肌の水分を保つ力や守る役割が減っています。

補い健康状態にするには、保湿することがとても大事です。

それ故に、お肌の表面を保護して、水分が蒸発しないように保湿剤を使う事が必要なのです。

何日も大きい方が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口臭の原因となります。

いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯間ブラシ、マウスウォッシュで口の中をきれいにしても、口臭は腸から胃を経て不要なものを排出しようとし、口臭として現れるのです。

この場合、便秘が治ると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。

俗にいう乳製品以外にも、含んだ食品が存在することを知り、乳酸菌とは一体何か調べてみました。

調べて見たら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類全般のことなのだそうです。

これは常識なのですか?30年余り生きて来て、とても驚いた事実です。

乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私の体はとっても健康的に過ごしていくことが出来るようになりました。

毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトを食べるように心がけています。

ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘になることなく過ごせます。

乳酸菌をきちんと摂ることに決めてから、みるみる肌の調子も良くなってきて、体重まで落とすことができました。

昔から、乳酸菌には色々な健康作用がありますが、中でも整腸作用の効力が高いといわれているようです。

腸内善玉菌を増殖させることで腸の中が活発化し体内に溜まっていた便が出されやすくなります。

それにより、便秘や下痢が改善されるのではいかと考えられています。

乳酸菌を常用することで整腸の効果が高まりますので、続けてくださいね。

この前、インフルエンザになってクリニックに行きました。

どれくらい潜伏期間があるのか分かっているわけではないのですが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触して感染してしまったのかなと思っています。

高い熱が3日わたって出て辛い3日間でした。

高い熱が続くインフルエンザは、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。

仮に便秘になっても、薬を飲めばいとも簡単に、なんとかできると思いますが、薬頼りになってしまうのはよくないので、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。

食物繊維を多く含んでいる食事を摂るのが効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維を一緒に摂るのが大事です。

野菜やきのこ類、海草類を多めに食べましょう。

運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、体調不良も引き起こします。

中でも女性に多く症状が見られるのは便が腸にたまってしまうことです。

運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが推薦します。

できるのならば、便秘予防のためにも、週に1、2回はウォーキングにでかけたり、自分好みの運動をして体を動かした方がいいです。

もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、重大なことに至ります。

まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで命が危ないことも想定できるでしょう。

インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外に出さない方が正解かもしれません。

実は、最近の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌が高い効果を誇るということが分かり始めてきました。

というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。

ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力というものが向上して、インフルエンザの予防となったり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。

乳酸菌摂取に効果的な時間ですが、決まったものがありません。

商品パッケージには適量と回数が、指示が書いてあるところがありますから、決まった回数に分けた方が身体に行き渡るということから効果が上がります。

最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効果的だといわれています。

大体1年くらい前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したというテレビプログラムを見ました。

娘がちょうど受験の時期だったので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。

腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが格別にいいそうです。

いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、約40℃に上がって体調が悪かったので、翌日受受診しました。

先生はインフルエンザが検査できますよと尋ねられました。

私も、もしかして、インフルエンザだったら、効果のあるお薬を処方してもらえるので、チェックしたいと念じました。

1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザといった病気に感染し、熱が出た後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状の現われるものがインフルエンザ脳症なのです。

インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、病気の回復した後に後遺症の残ることもまれにあります。

便秘にいい食べ物を毎日頂いています。

どういうものかといえば、バナナとヨーグルトでなんですね。

毎朝食しています。

頂いている間に、最近、便秘が良くなってきました。

とにかくひどかった、便秘が解放されて、便秘薬を飲むことも消えうせました現在ではポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて喜ばしいです。

私は先天性のアトピーを持っており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、痛々しい姿でした。

ありとあらゆる治療法を試しても、効果が全くなかったのに、別の場所に引っ越したところ、あっという間に肌がきれいになり、あれほど酷かった痒みもおさまりました。

できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーに効くかもしれません。

息子がインフルエンザにならないための接種に受診しました。

注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射を接種しています。

予防接種の後は怖かったーと表現していました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も口できませんでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サクラ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/an1ifluilaencm/index1_0.rdf