グアナコがラパーム

January 13 [Wed], 2016, 12:47
入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、考慮され、それを活かせる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。新卒で勤め始めた新人看護師や、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、通常支払われるはずの残業代について未払いになることがあります。残業代の未払いは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労働基準法に反した行為です。行なった残業は、労働には違いありません。なので、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、回復して退院した患者さんが、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。それと、患者さんの家族や関係者の人に何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、大変に感動したりします。看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。そういう訳で、仕事からやりがいを得られない場合は、退職したいと考えるだろうと思います。看護師の場合は安定していると思われることが多く、借り入れをしようとしている場合にも比較的審査が通りやすいと言えます。ただ、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の看護師だと注意しなければなりません。ローンで審査に引っかからずに通れるのは正職員という形で勤務中の看護師のように、安定している場合なので、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。病院という場所で働く看護師は緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そうこうしているうちに常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら大事な点になるでしょう。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、同じことが看護師にも言えます。町医者と総合病院とでは、どうしても収入は違ったものになるでしょう。ですから、一般的な看護師の平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、面接という流れになるのがふつうです。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をすることになります。しかし、看護師としての能力と同様に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も観察されることになるはずです。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力などもわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、少なくとも平均年収においては看護師の方が上なのだそうです。医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多くいつでも人手を求めている、という事情により、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような点も、人気職である所以かもしれません。ところが、高給を得られる職業ではありますが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子持ちの看護師からすると不安材料となります。未就学児であれば、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。そういう理由でパートとして働くことにシフトするという看護師も多くいるということです。一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、内実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて総額が上がっている場合が多いです。ですので、看護師としてより多く稼ぎたければ、勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、できるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。夜勤で勤務できるかどうかで貰える給料が大きく異なってきます。普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。当然、休みはきちんともらえますけれど、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大変多いようです。特に子供ができるとそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。しかし最近になって、子育てが済んだということでもう一度看護師として働くことを希望する人も増えてきており、大きな戦力となっています。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ転職そのものが危ぶまれます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、規模の大きな病院に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような前向きな志望動機があれば良いでしょう。今、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。しかしながら、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には帰国しなければならないと決まっています。就労と日本語の勉強とあわせて、国家試験対策をしなければならず、とても大変だというのが現状です。免許が必要な専門職である看護師は医療や介護など、様々な場面で求められています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、少し念入りに求職活動を試みれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。最近スマホやPCで閲覧可能となっている専門的に看護師の求人などを支援するサイトも豊富にあるようですので、そういったところを利用して最適の仕事先を見つけてください。最近では、ますます看護師は不足気味です。かつて看護師資格を取得したけれど、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。それは結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。大多数が女性の職場なので、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。そして、気になる退職金は、国立や公立の医療機関の場合は、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それなりの額を受け取ることができるようになっています。ところが、個人病院の方では、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、結局は院長先生の考え次第となるようです。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。漢字で書いてみると二通りで表すことができます。昔は看護士というと男性のことで女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。法律が変更された2001年を境に、女性にも男性にも使うことができる看護師という呼び方に一本化されました。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、二つの間には大きな違いがあります。端的に言えば、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、健康を維持するためのアドバイスをしたりそのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。対する看護師の仕事は、医師に指示されたときに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者の看護を行います。看護師の存在は法律上、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。しかしながら、急変時や、切迫した状態では、看護師の経験や知識にもよりますが、若干の医療的行為は認めるべきだと思っています。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、看護師の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、独身の女性も多いです。看護師がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、両極端だという事が言えるようです。晩婚の理由として多いものは、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。看護師といったら、昔はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。しかし今日ではどこでも看護師の名称が使われ、男性の看護師も多いです。看護師に相応しい性格や能力をみても、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。本来女性が持っているような優しさだけでなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、看護師に求められる要素だといえるでしょう。看護師が活躍できる場所は、病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても特に看護師は重宝されているのです。このグループホームにいるのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、そのことを心に留めて介護することが重要です。介護の分野に関心があるという看護師は、グループホームへ勤務することもいいのではないでしょうか。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。ところで看護師であるからには、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自身の身体に関してもかなり深く理解できるようになるでしょう。ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。普通やることもたくさんあるのですが規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残って仕事をしなければならないことがよくあります。ですが、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。少し前まで愚痴を言っていたような人が打って変わって笑顔になるのです。考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。あれは看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。そうはいっても、ここ最近においては看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらちょっとさみしくも感じられますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。多くの看護師が持つ悩みといったら、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。平日が休みになってしまっては、簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるという辛さがあるようです。あるいは、単純に休みを取る暇がないケースもあるでしょう。こうした状態を変えたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、近年においては一段と医療機関を利用する人口が増加しています。なので、病院で勤務する看護師についても現場では切実に求められているのに、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、それによって求人も多くなりますから、看護師にとっては、転職がやりやすいといったメリットも確かにある訳です。休みを自由にとれて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などをかなり自由に選択可能、というのが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。働く期間も様々で、単発、短期、もちろん長期の募集もあり、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、仕事を探すと、選択肢がとても増えます。皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「看護師」と言えば特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、他の仕事と同様に、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ雇用条件において不利になることも生じて、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。ストライキを起こすことも看護師は難しいので、雇用する側の人達がちゃんと考えてくれることが大事なことだと思います。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、医療機関以外に看護師として働ける職場に実は、保育園があります。職場が保育園となると、子供好きの看護師には、最適な職場でしょう。ちなみに、どういった仕事かというと園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする働きがいのある仕事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウタ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/an0wjrhupoters/index1_0.rdf