相場格言-「まだはもうなり、もうはまだなり」

August 20 [Fri], 2010, 20:01
相場格言には「まだはもうなり、もうはまだなり」という格言があります。
上手い具合に作ったものだと関心してしまいます。

これはみなさんの売買にも当てはまる所が多いのではないでしょうか?
ちなみに私はこれに当てはまることがよくあります・・・

大きな相場の流れにおいてもそうですし、日々のデイトレードの注文にも
当てはまる部分があると思います。

ドル円は107円に乗せた後に、一気に108円まで駆け上がりましたが、
「106円まで戻ったら買おう、107円には壁があるしな?。」というように
色々と考えていた私は、チャンスを逃すことになり、結果的に乗り遅れで
細かく稼ぐことが精一杯です。
ちなみに今もそうかも・・・

昨日の取引で言えば、107円86銭でロングをクリックしようとした時に
上昇してしまい約定せず。比較的レンジ内で揉み合っていたので、また
107.85銭くらいまで戻って来るだろうと、指値注文を出していましたが、
その値段には戻ってこずに107.90をうろうろした後に108.38まで上昇して
しまいました・・・
まさに、「まだはもうなり、もうはまだなり」。

似たような格言に「押し目待ちに押し目なし」というものがありますが、
強い相場程押し目を作らずに上がって行き、弱気な押し目待ちの投資家を
置いてけぼりにして上昇してしまいます。

この値段になれば買おう、あと2銭下がれば・・・と言う場面は多いと
思いますが、チャンスを逃さない為にも、「今から相場は上昇する!
だから今買う!」という感じで、"少しでも安く買いたい"という気持ちを
殺して、買値に関係なく約定させ、チャンスを逃さない取引というのも
大切だと思います。

まあ、数銭でも高い値段で買うとその分損失も大きくなる可能性があるので、
タイミングが大事ですね?。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/amwer145/index1_0.rdf