アーク灯とアレン

June 09 [Thu], 2016, 13:59
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る作用があります。これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床するのをサポートするのでそれだけで妊娠確率(高いからといって必ずしもそれが起こるとは限りません)が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。
造血作用で血液が増えることで、酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能が正常化して活発になり、不妊状態を打破するために大いに役たつのです。
葉酸は体に不可欠な栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中では主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。


また、流産といった危険性を下げる効果が認められています。
具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントを活用するのも問題ありません。


妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。
ヨガはダイエットやスタイルキープのために行なうと思っている方も多いかも知れませんが、妊活にも大変効果が高いのです。



ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にも繋がります。
さらに自律神経が整い、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。
軽い運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。こうした運動は身体のケアと供に、こころの安定を図ってくれますので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。



二児の母です。

妊活をしていた時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。

一人目に男の子を産んでいたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。
本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分け法を実践しました。

妊娠が発覚した後、性別が確認されるまでは少し心配もしましたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。産み分けをして良かっ立と思っています。



妊娠しやすい体を造る食べ物は、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。

それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも母体造りに必要な栄養が豊富に含まれますから、意識して食べたい食品に入ります。


また、栄養バランス良く色々な食材をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は避けたほうが、妊娠してからも楽になります。クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。
疑い初めたのは結婚3周年を迎える前でした。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、出来ない時は出来ないのだと感じました。

親しいお友達立ちの話題も赤ちゃん中心となり、焦ったり悲しかったりでした。


検査は夫婦二人ともうけましたが、原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)は私の方にありました。
排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、そう時間をおかず妊娠することができました。原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)がわからないときは早めに受診したほウガイいということでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Reina
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/amqushr0pbrrts/index1_0.rdf