米国食品医薬

May 25 [Sun], 2014, 12:19
ボトックスの有効成分であるA型ボツリヌス毒素は、ボツリヌス菌が作る毒薬のうちのひとつです。今は多汗症治療剤に使われるボトックスは元は、安剣ひきつけや斜視を治癒するための薬でした。アポクリン汗腺はもう一つの発汗員であり、これがワキカのもとになっているが、ボトックスはこれには働きません。ボツリヌス菌は猛毒ですがとても微量しか使わないことや多汗症治療は血液中に入れてはなく安心できる成分です。アセチルコリンという神経伝達物質から指令が降るとエクリン腺から多量の汗が分泌されるが、これが多汗症です。ボトックス一時的に筋肉の機能を妨害する効果があります。このようなアセチルコリンの作用を弱化させ、発汗作用を防ぐようにボトックスが働いて全部干渉を治療します。FDA(米国食品医薬局)にも承認された医薬品のボトックスは、多汗症治療剤として米国のアラガン社が開発した製剤です。このボトックスの性質を立て直しに多汗症治療のほかにもしわの治療薬としても使用されています。ただし、BTXAは非常に安い製品だが、北米と欧州で販売実績に不足して、日本ではほとんど使われていない実情です。筋肉と神経接合部に働いて筋肉の収縮を弱化させます。イプセンサで開発されたディスポットと中国産BTXAという制約もボトックス同じA型ボツリヌス毒素制です。ところで、お父さんが腰の治療に奈良県奈良市 整体を選んだのが良く分ります

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:amql0v7
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/amql0v7/index1_0.rdf