ニキビ跡の色素沈着も消えるのがアンプルールの効果なんです。

June 21 [Tue], 2016, 14:51
シミとかじゃなくてニキビ跡の色素沈着もアンプルールは消してくれるの?というと結論はYESです。肌に余計なものはアンプルールがどんどん解消してくれます。

口コミでもニキビ跡の色素沈着を消えた!という声がたくさん見つかるんですが、アンプルールを使ってニキビ跡の色素沈着が消える仕組みを詳しく見てみましょう。



■ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンがシミ消しに効果的だと言われるのは、シミの原因物質であるメラニン色素を薄めてくれるからです。それにメラニン色素が新しく生成されるのも防いでくれるので、シミが大きくなったり増えるのも防いでくれるんです。

「肌の漂白剤」という異名を持つハイドロキノンなんですが、メラニン色素だけじゃなくて、ニキビ跡の色素沈着(赤みが悪化したもの)にも効果があることがわかっています。



なのでニキビ跡の色素沈着も早ければ1ヶ月ほどで薄くなり始めるんですが、アンプルールではハイドロキノンの欠点が克服されているので、敏感肌でも肌に負担を与える心配なく使うことができるんです。

ハイドロキノンはたとえば、劣化しやすいことがわかっています光(紫外線)や温度によって成分が変性してしまい、場合によっては毒性が生まれることがわかっています。



消費期限もそれほど長くはないので、取り扱いはけっこう慎重に考えなければいけないものの、アンプルールで採用されている新安定型ハイドロキノンは劣化しにくくなっています。

つまり肌への負担を抑えた状態が長持ちするので、肌休憩をはさまなくても毎日ずっとつかいつづけることができるんです。


アンプルールに含まれるハイドロキノンの濃度は2.5%。ハイドロキノン配合のスキンケア用品の中では高いほうで、通常ならば肌への負担が心配になるものの、アンプルールならば問題ない濃度なんです。

ハイドロキノンは濃度が高くなるにつれて効果が増すことがわかっているので、アンプルールならニキビ跡の色素沈着を効果的に消してくれるわけです。



■ビタミンC誘導体の効果

アンプルールには他にも肌の新陳代謝を促すのに効果的な「ビタミンC誘導体」も含まれています。肌の新地代謝が改善すれば、ニキビ跡ができている部分がどんどん肌表面へと押し出されていき、最終的には剥がれ落ちます。

新陳代謝が改善すれば肌の保湿力だってよみがえるのでみずみずしさが生まれるんですが、ビタミンC誘導体には2種類あって、それぞれデメリットがあることが知られています。



脂溶性・水溶性という2種類があって、脂溶性は脂性肌が使うと皮脂分泌が過剰に、水溶性は乾燥肌の人が使うと乾燥しすぎるというデメリットがあるんですが、アンプルールは両方を配合することでデメリットを上手く解消しているんです。

ビタミンC誘導体のメリットだけを引き出すことができるので肌トラブルを起こす心配なく、肌の新陳代謝を効果的に促してくれるんです。



2種類のビタミンC誘導体と新安定型ハイドロキノンで、ニキビ肌の色素沈着を解消してくれるのがアンプルールです。他のスキンケア用品にはないアンプルールだけの特徴です。


30代を過ぎても年齢に負けない美肌を取り戻せるアンプルールの効果をトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓






アンプルールでシミが濃くなるっていう口コミの真相

June 21 [Tue], 2016, 14:47
アンプルールに関する口コミを見ていくとシミが消えない、というレベルを通り越して「シミが濃くなった!」という悪い口コミも見られます。
シミが悪化した!?と疑ってしまいたくなりますが、実際にはアンプルールのビタミンC誘導体の新陳代謝改善効果が先に現れた、というだけです。

肌の新陳代謝が改善すれば、シミができている部分は次第に肌表面へと近づいていきます。ということは、色が以前よりも濃くなって見えるわけです。
ハイドロキノンの効果が時期に現れるだろうし、そのまま新陳代謝が機能していけば、シミがどんどんはがれていくので、どっち道、シミは薄くなります。

シミが濃くなるのは、シミが治る前の好転反応だと思ってよいので、そのままケアを続けるべきなんです。