妄想 

2007年12月05日(水) 11時31分
目が語る。
「お前なんか必要ない」
目が語る。
「お前の代わりはいくらでもいる」

嗚呼 被害妄想
 
結局あたしは
何も変わらず 変えられず。

嗚呼 被害妄想

いつまで続く 妄想迷路。

END

Abnormality 

2007年12月05日(水) 11時29分
ランラッタ あたしは、ちょっと異常みたい
ランラッタ あたしは、ちょっと人と違う

ランラッタ 最近、それに気付いたの

それって 悪い事なの?
それって 責められる事なの?

自分が正常だって 自信持ってあなた言えるの?

ランラッタ 他人にあわせるなんて
ランラッタ あたしには 無理そうだわ

だから 異常で良いもん
だから 責められても良いもん


自分と違うからって責める貴方の方が

十分異常だと思うからね。

END

誓い。 

2007年05月27日(日) 22時52分
雨が止んで
月があたしを見つけてくれた。

暖かい月光は キラキラ綺麗。

目を閉じると
すぐ側に感じる 闇に溺れていたあたし。
少しでも後ずされば また同化しそう。

でも 戻らない。
この月に誓うよ 2度と消滅なんて望まない事。

戻りたくない。
雨の中、独りで泣く日々に。


溶けてしまうほどの太陽光は
まだ あたしには強すぎるから

淡い金色に輝く月の傍で 一歩ずつ前に進んでく。



END

雨。 

2007年04月13日(金) 11時18分
雨あめ 降れふれ
あの人に「さよなら」告げられ悲しいな

ピチピチ
ポタポタ
ユラユララ

雨あめ 降れふれ
あの人が
嫌がるあたしの部分流してよ

涙が
雨と一緒に

ピチピチ
ポタポタ
ユラユララ

雨あめ 降れふれ
あの人が居ない生活なんて
耐えられない・・・

赤い液体
ポタポタ
ユラユララ

END

冬。 

2007年04月13日(金) 11時16分
灰色の冬の空に黒い雲が被さっていく。
日の光り隠されて
あたしを闇へと誘い込む。

あなたは
この雲の向こうに居るのかしら?
この闇からでは探し出せません。

この胸の高鳴りを
あなたに伝えたいのに・・・。

灰色の冬の空が 春色に変わる頃には
黒いこの雲から飛び出して

この苦しいほどの愛を
あなたに伝えたい・・・。

END

clock 

2007年04月13日(金) 11時14分
「時間がとまればいいのに・・・」
愛し合いながら何度願ったことでしょう。

貴方もそう願ってくれてると思ってた

でも
今あたしの目の前には
永遠に時間が止まった 貴方。

どうしてこうなったの?

幸せな時は続くはずじゃなかったの?

貴方の居ない これからの生活を思うと

あたしは
自然と自分の時間を止めた。

貴方の隣で 永遠の時間を止めた。


部屋には 時計の音だけが響く。



END

幼いキス。 

2007年04月13日(金) 11時13分
ギュッと手を繋いで
公園を一緒に走ってた

約束しなてないのに
毎日遊んでた。

何処に住んでるのか知らない
何歳なのかも知らない

でも、世界で一番大好きだった。

あの夏の日。

初めてキスしたあの子。

今は
誰の手を繋いでるのかなぁ・・・。

END

捧げ唄。 

2007年04月13日(金) 11時11分
この声が嗄れる日まで
貴方に歌い続けます。
例え貴方に届かなくても
嗄れる日まで歌い続けます。

月の光りを浴びながら 
小さな丘に 独り。
貴方に届くよう大きな声で 
あたしはこの唄を・・・

もし
この唄が届いたなら 
この丘まで来てください。
泣きながら歌い続ける 
あたしを見てください。


森や川に囲まれて 
あたしは歌っています。
届かない苦しさに 
押し潰されそうになりながら・・・・

まだ
貴方には届いてないの?
こんなにも歌っているのに・・・・・。


木や草はあるのに 
花一度も咲いたことのない丘。
泣きながら歌い苦しむ 
あたしに似合う 悲しい丘。



でも


この唄を貴方が聴いて 
この丘まで辿り着いたとき
色とりどりの花が咲き 
丘を飾るでしょう。

その日を夢見ながら
声嗄れるまで歌い続けます。


今はまだ
淋しい丘で・・・・・。


END

ユウキ。 

2007年04月13日(金) 11時10分
ユウキくんには
勇気があって
大好きな子に「好き」って
ゆうきだった。

でも、ゆえなかった。
ユウキくんは直前になって気付いた。
ホントは勇気なんて持ってないことを。
自分が名前負けしてる事を。

ユウキくんには
勇気がなかった。
大好きな子に「嫌い」なんて
ゆうきじゃなかったのに。。。

これからもっと大人になって
あの子に「好き」ってゆえる
勇気を持てるようになろう。
ユウキくんは誓った。

大人の階段に上れる
勇気が持てた。


END

雲。 

2007年04月13日(金) 11時10分
フワリフワフワ
流れれる雲が僕だったら。
キラリキラキラ
光る太陽の貴方を隠すよ。

綺麗な貴方は
僕だけのモノであってほしいから。
だれにも見せたくないから。
貴方と僕だけが見つめ合っていたいんだ。

でも僕はなれない。
流れに身を任せられるほど軽くないから 
貴方への思いも重たいから
僕はきっと落っこちてしまう。

フワリフワフワ
流れる雲のように
貴方の傍まで行けたら良いのにな。
キラリキラキラ
光る太陽のように
貴方は美しいから憧れちゃうよ。



END
最新コメント
アイコン画像いいよいいよーーwwwww
» 妄想 (2009年06月14日)
アイコン画像
» 誓い。 (2007年06月25日)
アイコン画像みゅう。
» 問。 (2006年11月19日)
アイコン画像haruka*
» 問。 (2006年11月19日)
Yapme!一覧
読者になる