久しぶりに

June 27 [Mon], 2011, 1:36
久しぶりに自分のブログを読み返してみました。
あれから、2年半くらい経ったかな?

そしたら、最初は明るかったブログがどんどんどんどん暗くなって、
同じことを何度も何度も言葉を変えて繰り返し悩んでて、
結局は何も変わってなくて。

改めて読んですごくすごく歯がゆくて、
でもなんだか泣けてきて。

ただ、ああ、あの頃の私、一生懸命生きてたなーって思って。
ちょっとうらやましくなってしまった。

あの頃連日のように、毎日あったことを細かく書いて、
会話もたくさん再現して、
ぐるぐるさまよってたブログを書き連ねてたな。

でもそんな中でたくさんの温かい人たちと知り合うことができました。
顔は見えないけれど、ブログを読んでコメントくれて心配してくれたりしてくれた人たちがたくさんいました。


ゆあきさん・みぃママさん・CHIEさん・嘉緒さん・夢さん・ライムさん・・・
それに、初めまして、等でコメントくださったたくさんの人たち。

本当にありがとうございました。
周囲に悩みをさらけ出せなかった自分にとって、
みなさんの一言一言がすごくうれしかったんです。

それに、ああ、同じ状況だなぁ、とか、その気持ちわかるなぁ、って
皆さんのブログを読んで記事やコメントで励ましあえたり、
勝手に私が思ってただけかも知れないけど、
同じ状況で、でもそれぞれの立場で一生懸命恋してる仲間がいるって
思えて、すごくすごく自分自身を支えてもらいました。

本当に本当にありがとうございました。
直接文字で届くことはないかもしれないけれど、
今の皆さんの幸せを祈ってやまないです。

今見返すとほとんどの方がブログを閉鎖してしまってるようだったので、
ああ、みなさん今はまた違う環境や思いで生きていたり、恋しているのかなぁ、ってしみじみしてしまいました。


今の私は、大学を卒業して、就職して社会人2年目になりました!
(なんだかあの頃若かったなって思うのは、ただ久しぶりに読み返しただけだと思いたい。笑)


彼氏は今もいないですが(笑)
このブログで悩んでいた彼とは、ちゃんと話して和解(?)して、
今は普通によい友達です。
2年くらい、一言も話さない期間ありましたが。。。

お互い就職してなかなか会わないけれど、
この先どんなに久しぶりにあっても、ちゃんと笑いあえる仲に戻れたって思ってます。

向こうには今彼女がいるけど、
私もいつか彼氏ができたら、めいっぱい祝ってもらおうとか思ってます。

毎日毎日、いいことばかりがあるわけじゃないけど、
気分が落ち込んだりして数日何もしない日がつついたりするときもあるけど、
だめだなぁって思ったり、
なんでかなぁって思ったり、
そんな日もあるけど、
きっとまだ頑張れるって思える限りは大丈夫なんだって思って、
これからも毎日頑張って生きていこう。


このブログを書いていたころに、いつか、「今はつらいかもしれないけど、きっとこの思いや経験がたくさん成長させてくれる」
ってコメントいただきました。
(一言一句一致してないかもしれませんが・・・)
不安だった事、というのはそのまま残っているかもしれないけど、
あの頃必至に誰かを愛した私がいて、
必至に生きてた私がいたってことは、
すごくすごく大きな財産なんじゃないかなって思いました。


この先、たぶんもうこのブログを更新することはないかもしれませんが、
あの頃のリアルな気持ちに帰れて、
たくさんの言葉をいただけて、
今読み返すことができて、
このブログを始めて、残すことができて本当によかったなと思いました。

恋をしたあの人に、
あの頃支えてくれた友達に、
ブログで出会ったたくさんのあたたかい人たちに向けて、

ありがとうございました。

早く

November 24 [Mon], 2008, 4:27
本当に久しぶりです。


最近サークルのイベントが終わって、今は反省会の時期。
それが12月には終わって引退です。

今年1年間の活動の中で、
ずっと距離を取りながら、結局はあの人をずっと気にしてしまっていた自分。
今思い返せば、めっちゃつらかったです。


どこかで一歩引いて、
話しかけるのも本当に気を使って、
本当の私なんてどこにもいなかった。


でも会いたいとどこかで思っていて、
会っても話すわけでもないのに、
笑いあうわけでもないのに。


いつも手をのばしたくて、
でも気を使ってる自分に気づいて理想ばっかり求めてることに気づく。


イベントが終わった後に
「お疲れ様」って言いに行って、ぎゅってして。

本当は「よくやったな」って言ってもらいたかったよ。



この1年間、本当はずっとずっと泣いてばかりだったんだよ。
あなたを想って、
変わってしまった二人をさみしく思って、
あなたはどこにもいなくて。

性格変わったね、って周りから言われるほど、
私は輝けなかった。
あなたの隣で無邪気に笑っていられた私はどこにも見つけられなかった。



イベントが終わってから、人から聞いた話。
あなたがかわいいって言ってたあの子と、遊びに行くって知った。
どっちから誘ったの?
あの子が好きなの?
もう付き合ってるの?


気になって、
ひきこもって、
どうすればいいかわかんなかった。


「お疲れ様」って言った時に、
「本当はもっと話したかったよ」って言えて、
「じゃあこれからもっと話そうよ」って言ってもらえたのに、

それを知ってしまったから、とてもそんな風にはふるまえなかった。
明らかに避けて、
遠ざかった。

あの子の口からあなたの名前を聞くのは、
すごくすごく精一杯でした。



今年1年、あなたを必至に嫌おうとしてた。
あなたを思い出すと、幸せな気持ちより前に、
何か嫌な感情が出てきて、
ちっともきれいな思い出じゃなくて、
それに気づいて苦しくなった。


他の人を好きになろうとしたけど、無理だった。
思い出に浸ろうとしても、現実を思い出して、切なくなってた。



他に好きな人ができるとか、
頑張ろう、とか、
もっといい人がいる、

って思っても、きれいごとにしか思えなくて。
理屈にしか思えなくて。
だってあなたがそばにいてくれるなら、私はずっとあなたを想っているから。
だから、自分自身を納得させきれなくて。



ずっと距離を置いて、
あなたの中から私がいなくなるのはすごくさみしくて。
新しいところになんていってほしくなかった。




幸せだったあの頃の一つ一つも、
本当にあったことだったのか信じられなくて、
あなたの笑顔も遠くに霞んでる。




他の人を好きになろうと思いだしたのは、
あなたを忘れたからじゃなくて、
自分が幸せになりたくなったから。


こんなに想ってしまった自分が馬鹿みたいに思えて、
あなたに申し訳なく思ってしまうのも嫌で。



会わなければ忘れられるんじゃないかと思って、サークルもずっと休んで、
他のサークルの友達とも距離を置いてしまう。
だって会ったら絶対あの人の名前がでてくるでしょ。
あの子の話も出てくるでしょ。
何も知らないままでいい。
何もききたくないから。


でも、頭の中はあなたの名前が癖のように出てくる。
会いたい、って自動的におもってしまう。


離れようとしてる自分に、本当にいいの、って投げかける。
あの人はとっくに離れてるのに。
どこにもいないのに。



だから
早く、
他の誰かを好きになりたいと、最近強く思うようになった。

頑張れ

September 15 [Mon], 2008, 3:40
夏休み。

今年でサークルは引退なので、9月の初めに2泊3日半最後の合宿がありました。

合宿中、1回は話そう!って意気込んで・・・あっという間に帰る前の日とか訪れました。


連日の飲み会にまさるほどの盛り上がりに、全然話しかける隙もなく・・・・
メール送っても気づかず・・・

諦めようかと思いました。
久し振りにハメはずして楽しんでるところを邪魔したくもなかったし・・・


ひたすら、見てるしかできなかった。
そもそもどうやって話しかけたらいいかわからなかったし・・・



しばらくして、盛り上がりもひと段落したころ、ふらふら歩きまわって行き場なくしてた私は、
なんとか頑張って声かけました。


自分バカだと思った。
酔っていないあの人には、たぶん気軽に話しかけることもできなかっただろうな、って気づいて。


「話そう」って言って、
「ちょっとトイレ行きたいんだけど」って言われ、
複雑な顔して見てたら、頭なでて、「ちょっと待ってて」ってあの人。


簡単に、頭なでるんだね。


でも、いざ話しても、何話せばいいかわからないし、

「どこにもいかないで」
「どこもいかないよ」

「側にいたらダメ?」
「ダメじゃないよ」


「何かに後悔したらどうする?」
「俺は後悔とかしない」
「どうして?」
「頑張るから」
「どうやって?」
「気持ちで」


「もうどうしたらいいかわからないよ」
「俺、難しいことわからないよ」



すぐどこかに行ってしまった彼に、さらに悲しくなった。


「頑張れ」って頭なでて、行ってしまった。


飲み会撤収した後にまた話せたけど、自分の中で何も変わっていなくて、

「もう、一人はいやだよ」
「一人じゃないよ」

「前みたいに戻ろう」
「いいよ」


いいよ、って言われても、何も変わらない気がした。
だから余計に、不安定な場所になってしまって、不安がいっぱいになった。
本当にどうしていいかわからなくなった。



この間、話す事があって電話して、最後に「合宿の時はごめん」
って言った。

「俺、あんまり覚えてないんだけど」ってあの人
「ひどい・・・私すんごく悩んだのに」
「ごめん、ちゃんと覚えてるよ」

って。

「そんなに考え込まなくていいよ。俺も深く考えてないよ」


って。
あなたは私に難しいことばかり言ったのに。


本当は、「合宿中はごめん、大丈夫だから」


って言おうと思ったのに、大丈夫じゃないから、言えなかった。



サークルのメインイベントまであと少しで、

「これからの一か月がめちゃくちゃ大変だから、頑張れ」

って。


「頑張れ」って言葉が、すごく悲しかった。
言った方は、それである程度満足するから、逆に突き放されてる気がした。
「頑張れ」って言われるたびに、泣きたくなった。


「頑張れとか、もういいよ」
って言ってしまった。ごめん。

「なんで?」
「なんでも」


でも、頑張れ、って言われて、頑張れる気がした私もいた。



行き場がなくて、不安になった。
素直になれなくて、
素直だった自分がうらやましくなった。


本当はずっと、抱き締めたかった。
そばにいたかった。
ちゃんと見てほしかった。


笑いたかった。

でも

August 22 [Fri], 2008, 23:33
ご無沙汰でした。

ずっと気持ちが落ち着かなくて、どうしていいかわからなくて、ずっと書く事もかけなくて・・・
それで今更な更新とか・・・



はっきり言って、私は忘れられないままです。



あの人が、まだ心の中にいます。
あれからもう5ヶ月も経ったのに、気持ちは変らなくて、
ずっと、どうしていいかわからないままです。



してはいけないのかもしれないけれど、
後悔しました。


どんなに辛くても、悲しくても、悩んでも、
側にいさせてくれるなら、
一緒にいられるなら、
少しでも一緒にいられることを選べばよかった。
少しでも長く一緒に笑っていられる事を第一に考えればよかった、って。


それ以上を願う事で関係がくずれてしまったのは、
私がそれを望んで、
欲張ってしまったことがいけなかったんじゃないかと。


でも、好きだから自然と望んでしまいました。
いけない事だったんだろうか?


でも、あの頃の私が、我慢できずに答えを求めざるを得なかったのも事実。


でも、それ以上に今が辛い。



最初は、会うのも辛くて避けてました。
でも、やっぱり顔だけでも見たくて、サークルには行くようになりました。
平気を装って、サークルのコト話したり、電話したりしました。

一度話す事を覚えると、止まらなくなってる自分がいました。

あの人を忘れる事を、忘れようとする自分がいました。


決して近づけない距離に、
たくさんの思い出に、

動けなくなりました。


純粋に好きでいられる他の子がうらやましくて、
気になって、

我慢、と言い聞かせました。




でも、
一緒にいても、離れても同じように辛いなら、
一緒にいればよかった。

側をはなれるんじゃなかった。


側にいれた頃は、どんなに苦しくても、笑っていられた。


こんな風に思ってしまうのは、いけない、きっと。

でもやっぱり毎日考えてしまって、
全然まだ平気じゃないんだよ。

何でもいいから、
ただあの頃に戻りたかった。


楽しかった頃、
いろんなことを話した頃、
遊んだ事、
笑ってくれた事、
名前を読んでくれた事、

一番幸せだった頃。
最後の3ヶ月。
少しだけ、好きになってくれた頃。



ごめん。
こんなに好きになってごめんね。


でもやっぱり、全部受け止めて欲しかった。


あなたが好きです。
まだ好きでいたいです、本当は。


素直に自分の気持ちを言えたあの頃が、
一緒に笑っていられたあの頃に、ただただ、もどりたくて、
ただただ、後悔しました。


本当にごめん。
忘れられなくてごめん。

ただ

May 09 [Fri], 2008, 21:16
前回の日記を書いてからもうすぐ1ヶ月。

随分私は変ってしまった。

ごめんね。

ここに書く事も、なかなかできなかった。


ねぇ、ごめんね。





もう何もいえない。




あんなにさみしい会話をしてから1ヶ月。
サークルの活動も本格化して、
やることがたくさんあって、

去年のあの人に負けたくなくて、とにかく頼りないなんて思われたくなくて、
いろんなこと精一杯考えてたつもりだった。


でもそれが、私は上手く表現できなかった。
幹事長のあの人と、他の役職についた同期の子達を完璧だと思いたくなくて、
対等に話がしたくて、

もちろんあの人に、こいつちゃんと考えてるな、って、
任せてよかったな、って安心してもらいたくて、


そう思って話せば話すほど、
相手の足りない部分を掘り下げるような思考になってしまう。


批判的で、反抗的な自分が嫌で嫌で、
そんな自分に100%の自信がない部分もあって、


呆れさせちゃったよね、きっと。


私が反抗的にものを言うから、
あの人も感情的になって言い返した。


こんなのって淋しいね。


なんでこんな風になっちゃったんだろう。
こんな風にしたいんじゃないんだよ。


きっといいろいろ大変なのに、
反抗して、思いやってあげられなくて、
ごめんね。

本当にごめんね。


こんなのって、全然あの人を認めてない。
サークルみんなで、あの人を信頼して、ついていかなきゃいけないのに、
私がきっと和を乱してるよね。


ごめんね。
でも、私の中にもプライドがあるし、
それ以上につらいし、
自分を保てなかったし、
言い訳かもしれないけど、
毎日重い気持ちばかり。



でも、あなたとこんな風になりかったわけじゃないんだよ。

応援してるよ、って言ったのに、
応援してるよ、って言ってもらえたのに、


私とあなたの間に、あったかい感情が流れなくなったのはいつからだろうね。
冷たい視線なんて交わしたくないんだよ。


支えてあげたいと思った私は、何も変ってないんだよ。
実際に支えてあげる事はもう出来ないけど、
めっちゃいい奴だ、って、
すごく考えてる奴だ、って、
ちゃんと分かってるんだよ。


ごめんね。



ただ今思うのは、
もう絶対に前のようには戻れなくて、
ただただ仲の良かったあの頃が懐かしくてしょうがない。


あなたが隣にいないね。
純粋に、単純に、心の底から、
ただただ淋しいよ。

あなたの笑顔を、もうずっと見てない。
楽しい会話もしてないね。
目も合わしていないね。

こんなのって淋しいね。


話しても、事務的なことばかり。
無関係を装って、
私は意地ばかり張って、


さみしいよ。

やさしかったあなたは、
本当にいたのかなぁ。


いつまでも悩んでいてごめん。
もう、好きになって、なんて言わないけど、
でも、いろんなことがかけがえがなくて、
大事な思い出で、
思い出してしまえばしまうほど、
今のあなたが遠くて遠くて、
もう近くになれなくて、


ごめん、やっぱりただ純粋にさみしいだけ。
意地を張ることしか、今の自分を保てなかった。

過去のはなし

April 19 [Sat], 2008, 17:22
もう、ぐるぐるぐる・・


この間、再び電話で話して、
最初はこんな話じゃなかったのに、いつの間にかうーん・・な感じです。

これから一年間のサークル内で、互いに話すか話さないかって話。

前にあの人がメールで言ってた、
「もう関わらない」って言葉。
「割り切れない」って言葉。

自分の中でよく分からなくて、
いつかまた、友達、って関係に戻りたくて、
それをずっと望んでいて、
関わらない、とした今でも、いつかまた笑い会える日がくるんだ、って信じてた。


だから、私さえ好きな気持ちをなくして、落ち着ければいいんだと思ってた。

でも、なんか違ったみたいだった。

あの人が言った、『お前は友達以上だから』
って言葉は、友達の中で特別って意味じゃなくて、
「好き」って意味だったらしい。

そんな事、知らなかった。
思いもしなかった。

「そうじゃないと、水族館行こうとか誘ったり、
相手に触りたいとか思うわけないじゃん!」

ってあの人。

そんなの知らなかった。
だから私はずっとあなたの態度に対して、「何で?」って言ってたでしょ。


「友達以上なら、なんで付き合ってくれないの?」
って、思わず言った。

「お前が思ってくれるくらい、俺はきっと思っていないから、
そのバランスが取れないと付き合っても上手く行かないと思う。
良く言えば、相手の期待に応えられなくて、
悪く言えば、重い」

って言われた。
私の思いは、『重い』って事でしょ。


「ずっと中途半端にしていたことは悪いと思ってる。
だからあの日、はっきりして、って言われて、はっきりしようと思った。」

あの人は、もう割り切ったんだって。
もう、私は友達以上じゃない、って。


あなたは私の知らないところで、
勝手に割り切って、落ち着いてしまったんだね。
私はまだ、ここにいるのに。
そんなに簡単に、できたりしないのに。


関わらない、ってした時、
本当に、私さえ振り切れれば前みたいに戻れると思ってた。

二人で牛歩して歩いてたつもりが、
実はあの人だけダッシュしてた感じ・・

『友達』は永遠だけど、
『好き』は、なくなってしまうものじゃないの?


あの人にとって、自分は『友達』の中でも特別においてくれていると思ってた。
だから、たくさん甘えられて、一緒にいて、
同じくらい返してくれていて、
ずっと一緒にいたくかった。


でも、それが『好き』という気持ちからだったなら、
それがなくなったあの人と、どうやって接していけばいいのか分からない。
やさしかったあなたは、
好きだったあなたは、
私を特別にしてくれたあなたは、
もういないでしょ。


『お前が好きだった』
って、ずっと言ってほしかった言葉だったのに、
やっと聞けた言葉だったのに、
全部過去の話で、
今聞くと、何て切ないんだろうね。


「支えてくれるような人を好きになるから、
『関わらない』っていうのは俺にとって一番いい方法だった」

って言われて、
でも私は違うんだよ。
関わらない、って言われて、やっぱり考えてしまって、
でも待っててくれて、見ててくれるって思ったから頑張ろうと思えたのに。

「でも、今もお前を大事に思う気持ちは変らない。
ただ、もう泣かしたくない」


って言うけど、
私はもう今で十分泣いているし、
友達以上と思っていないあなたは、今までと違うでしょ?




「幹事長やってて、ずっとお前に否定されてる気がしてた。」

あの人は幹事長になって、
ずっと頑張ってて、たくさんの人と会議して、
私も負けたくなくて、たくさん意見も出して、

でもやっぱり淋しかった。
遠くに行ってしまうみたいで淋しかった。
でも応援しようって、支えてあげようって思ってたんだよ。


私の淋しい気持ちが、否定されてると思わせてしまったなら、
ごめんね。
支えてあげたいとか言っておいて、
結局は自分の事しか見えていなかった。

でも、私にそこまで思いやれるほど、
余裕も自信もなかったんだよ。
ずっと、辛くて、一人ぼっちな気がして、怖くて、
泣いてばかりいたんだよ。




大好きで、大好きで、
ずっと一緒にいたくて、
笑ってくれるあなたが大好きで、

好きになってくれて、うれしかったよ。
信じられなかった。
でも、あなたが好きになってくれればくれるほど、
一緒にいてくれればくれるほど、
私はもっと一緒にいたくて、
好きが増えて、
でもそれが、重みにしかならないなら、
どうすればよかったの?


好きになる事に、悪いと思ったことなんて一度もなかった。
大切な思いが増えるほどに愛しかった。

結局は、自分の事しか考えられなくて、
やりきれなくて、
空しくなってしまって、
やっぱり泣いちゃうんだよ。


これからどうしてたいって、なって、
あなたはもう割り切れているなら、
私次第で、
サークルの活動で話さなきゃいけないのもあるけど、

今は、あなたの顔を見たくない。
心が潰れてしまった感じがする。
大切な思いを返してくれたあなただったから
一緒にいて安心できた。
でも、もう違うあなたなら、一緒にいたくない。


あの頃の自分が、
とんでもなく幸せだったんだ、って、
もっと早く気付きたかったよ。

応援してるから

April 09 [Wed], 2008, 0:36
きっとあの人は優しすぎて、私は全部を理解しきれていなかった。


私はあのままだったら、ずっとあの人を想ってしまって、
いつか私がダメになってしまうから、
あの人はもう関わらないようにしようって
思ったらしい。



私が今年サークルで担う仕事が、結局まさしくあの人がやっていた仕事と全く同じものになった。

やるならちゃんとやりたくて、
去年思っていたこととかも聞きたくて、
でもどうしても無理だった。


「もう関わらないようにする」って言ったあの人との間に、
深い深い距離が日に日に増してった。


今年一緒のチーム同期の子2人と、もう1人と、あの人と話していたとき、
あの人の隣で、私は一言も言葉を出せなくて、
微かに動く事さえもできなかった。
1時間ぐらいほとんど同じ姿勢で、そこにいるだけで精一杯だった。


ずっと、今年の活動を最高のものにしたいのに、
あの人と話せない事がすごく重くのしかかってしまった。
自分が納得できない気がして、どうしても踏み切れなかった。


その夜あの人からに電話かかってきた。
3週間ぶりに聞く声。


彼 「今日俺といて、気まずかった?」
私 「うん・・・」
彼 「・・・俺も気まずかった・・・」


去年あの人がやっていた事を、今年私がやるなら、
私はちゃんと聞きたくて、
でも、話す上で全部事務的に壁があるような会話で、上手くいく自信がなかった。


あの人はやっぱりサークルがどうこうで普通に戻るなんて出来ない、っていうのが大きくて、

2時間くらい話しても、結局どうすればいいかわからなかった。


「もう1回考えて、明日もう1回電話する」って言われて、
さっきもう一度話しました。


彼の第一声は、
「プライベートと割り切って、事務的でも、話せる事は話す」


って言ってくれた。
でもやっぱり悲しかったし、そんな状態が耐えられる自信がなかった。
私は、同じ立場で、一緒に頑張っていきたかった。
昨日からもう、『ごめんね』 しか言えなかった。



やっぱり、一度自分でも関わらないようにしようって思っていたし、
この間久しぶりにチームの子と話したときも、
すごくいたたまれない思いでいっぱいだったのが大きくて、
事務的に話す関係も、悲しくてしょうがなくて、



「上手く話せる自信ない」

って、全部伝えて。
いろいろ話して、


彼は、
  『お前と関わらないようにするって言っても、仲間が1人減ったとは全然思ってない。

   ただ、俺は幹事長だから、みんなには思いを伝える事しかできないけど、

   お前に対してはそれができないって思ってる。

   でも話さなくても、俺はお前を信頼してるし、

   ずっと応援してるから。だから頑張って』



って言ってくれました。



あの人とは、事務的にはきっと上手く話せないと思うから、
無理だから、
どうしても分からなくなった時だけ聞きに行くから、って言って、

その代わり、去年彼がやっていた事、活動してて思ったこととか、次につなげたい事とか、
どんなに長くても読みにくくてもいいから書いて、ってお願いして、
「わかった」って言ってもらって、



話さない、関わらない事を続けていく事に決めました。



「ありがとう」って、言えて、
「じゃあ切るね」って言ったあと、


彼 「本当に応援してるから、頑張ってね」


って言ってくれて、


私 「私も、○○に頑張ってしか言えない。
   でも、○○の事をずっと応援してるから」



って言えた。



電話してる間中ずっと、昨日も今日も涙が止まらなかった。


たくさん悲しくて、切なくて、どうしようもなかった。



でも、前みたいにメールで終わるんじゃなくて、
ちゃんと 『応援してるから』 、って言えてよかった。
離れても、そう思ってるよ、って言ってもらえて、言えて、本当によかった。



本当は、一緒に頑張ろう、って言いたかった。


でも本当に、今度こそ関わらないで、遠くで頑張っていくから、
でもずっと見ているから、
応援してるから、
私も頑張るから、


今年のサークルの活動が終わった時、
あの人に、よくやったな、って思ってもらえるように、
すごいものつくったな、って思ってもらえるように、
去年のあの人に負けないように、



それだけを心に留めて、頑張っていけるってやっと思えた。
そう思いでもしないと、きっと私は崩れてしまうから。

結局

April 04 [Fri], 2008, 1:27
昨日悩んでたリーダーの事、結局引き受ける事にしました。

なんだかんだで、めぐりめぐった人事で。
いっぱい理由とか絡んでる事があって。

やっぱり自分が純粋にやりたいって思ったのが強かった。


でもやっぱりあの人と関わらなきゃいけないチーム、っていうのを気にしてて・・・
なかなか決断出来ませんでした。





今日、決断する前に
すでにそのチームに配属が決まっている同期の子2人と話してて。

話し始めた最初の頃に、

そのうちの1人(男)が
「何が気になってるの?」って切り出して、

「○○の事?」って言ってくれて、


まぁ、一番はそうです、って感じで・・・・・


実は、もう1人の子(女)は私と仲がいい子で、前日に軽くそんな状態、っていうのを話してくれた?か知る機会があったらしいです。
詳しくはしらないんですが。
あの人も関わってるらしいんですが。。。


「私はきっとあの人と話せない。有益な話がきっとできない」って言ったら、



「話せないなら話さなくていいよ」


って言ってくれて、その言葉でなんか大分落ち着けて、
分かった上で言ってくれてるんだ、ってほっとしました。。。


もちろん個人的なそんな理由で迷惑かけるのとかよくないって思ったけど、
どうしようもなかったです・・・


実際役割分担を軽くしたら、一番あの人とかかわる事になりそうなのはその男の子になりそうで、

なんとかなるかな・・・って思えたのが少し。




で、その子がなんで自分とあの人の事知ってるんだろーって思ったら、


なんか前日あたりに、
あの人と、その子と、今日話したもう1人の女の子でリーダーについて3人で話していたらしく、
何かの合間に、あの人が、
にやつきながら?

「○○(私)ねー。○○かー」

って言い出し、微妙な顔してるからその子が突っ込んだらしいです。


意味わかんないです。
全然状況とかは知らないけれどとりあえず「こいつら避けあってるぞ」、っていうのは感じたらしく。




でも、リーダーやるって言い切った瞬間から
あの人の事も含め不安があふれ出したのも本当。



今日、互いに向かい合わせに歩いてて、
私を見て少し方向転換したの知ってるよ。

私の前のあの人と、人から聞く話の中のあの人が一致しない。



近くにいることは、この上なく苦しかった。

必然

April 02 [Wed], 2008, 21:15
最近会いたいとも、話したいとも思わなくなった。
会って心が乱れるのも嫌で、
会わないで済むなら極力会わないようにしようとして、
サークルの会議も休んだり
そんな最近。


サークルはいよいよ今年の活動も本格化してきて、
160人規模の内部をチーム分けしている真っ最中。


いろいろあって、あるチームのリーダーやらないかって話をもらいました。

リーダーなんて考えてなかったけれど、
それはすっごく光栄なことだと思うし、
やりたいと思っていたチーム。


でも、そこは去年あの人が活動していたチーム・・・


リーダーを決める話し合いには、あの人もいたらしい。
私がリーダーをすることに賛成してくれたらしい。


私はそのチームでの経験が全然ないから、
「活動のことならいくらでもあいつと話す」って言ったらしい。


そのチームは、
責任がめちゃくちゃあって、
予算も半端なくて、
他の大きなサークルとも付き合っていかなきゃならなくて、


私は去年の経験がないから、
リーダーをやるならたくさんあの人と話さなきゃいけないし、
相談していかなきゃいけない。



でも、
私は、上手く話せる自信なんてこれっぽちもない。
話せても顔色うかがって、一歩引いて、すごく疲れてしまうと思う。


同じチームの子に迷惑はかけたくない。


どこかで一線を引いて、互いに距離をとったままな関係とか、
予想できる彼の態度とかを考えると、
全然自信がない。


本当は、
これからの1年間を離れた場所で活動して、
話す事も、関わることもなくなっていって、
そうやって落ち着いていければ、って
やっと思い始めたところだったのに。

こんな風に、変にあの人と付き合っていかなければならないなら、不安でしょうがない。



でも、そこでリーダーをやらないって言い切れないのは、
そこにやりたい事があるから。
魅力を感じるから、
100%を出し切りたいっていう思いがあるから。


でも同じくらい、
あの人事がネックになって心が騒ぐ。

あの頃に

March 30 [Sun], 2008, 1:29
すごくすごく、毎日心のどこかが常にもやもやしてます。
こんなのがいつまで続くんだろう。嫌だなぁ・・・


この間サークルの追いコンがあって、代金回収をしていたときの事。
彼が現れた瞬間めちゃくちゃ緊張して、
上手く金額も伝えられなかった。

「いくら?」
ってたった一言聞いた彼の声は、本当に感情がなくて、
冷たくて、
冷ややかに感じられて、
目も合わせられなかった。
とてもじゃないけど顔も見られなかった。

その瞬間から、
本当に悲しくて、つらくて、
彼が遠くて遠くて別人で、
もう絶対に話しかけられない、って思った。
あんなに冷たいあの人は知らない。


あの人は幹事長だから、
飲み会とか、会議とかでかっこいい事言うけど、

最近、冷めた目でしか見られなくなった。
そんな自分はひどい子だと思う。



サークル内で配られた去年1年間のアルバム見て、
一緒に写ってる写真とか、笑いあってるところとか、
たくさんたくさん思い出して、
思い出しすぎて、


その頃のあなたに会いたくなった。
今のあなたは知らない人。
本当に、別人に思えてしまう。


私とあなたは最近いつも、
絶対に目を合わせないし、
話しかけもしないし、
近づこうともしない。


何で私を見てくれないの


って、心底悲しくて、



今はあの人に会いたくなくて、
サークルの会議も休みがちになってしまった。


ただただ知らない人に思えて、
そう思おうとしていて、


もう好きじゃないって、自分を試している気がする。
痛めつけている気がする。


あの頃のあなたに会いたい
優しかったあなたに会いたい
笑ってくれたあなたに会いたい
隣にいてくれたあなたに会いたい



大好きだったあなたは、もうどこにもいない

プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:amorous
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
同じサークルに好きな人がいて、すっごく好きで、振られたけど諦められず。。。
いろいろあって、関係は中途半端なままだったのが、一度距離を置いて。

あれから1年たって、やっと、他に好きな人をつくれそうです。
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像CHIE
» 久しぶりに (2011年07月23日)
アイコン画像まき
» 早く (2010年04月12日)
アイコン画像ちろ
» 早く (2009年05月31日)
アイコン画像みぃママ
» 早く (2008年11月25日)
アイコン画像amorous
» 早く (2008年11月24日)
アイコン画像ゆあき
» 早く (2008年11月24日)
アイコン画像CHIE
» 頑張れ (2008年09月18日)
アイコン画像ゆあき
» でも (2008年08月23日)
アイコン画像嘉緒
» ただ (2008年07月30日)
アイコン画像amorous
» ただ (2008年07月01日)
Yapme!一覧
読者になる