出版知識を増やして自費出版をお得に!(1)

September 04 [Tue], 2012, 13:45
自費出版は自分でお金を出して自分の本を作ること。
せっかくお金をかけて作るのだから良い本を作りたいですよね。とはいえ、予算には限りがあります。安かろう、悪かろうでは、意味がありません。
出版についての知識を増やして、賢くリーズナブルに自費出版する方法を伝授します!

まず、かかる費用の内訳は大きく分けて、@編集作業代 A組版・デザイン代、B印刷・製本代C流通経費 の4つです。出版各社によって内訳は異なりますが、基本的には、この4つの部門で費用を算出していきます。
で、この4部門で予算を削れるのは何か、削れないことは何なのかを見ていきます。

@編集作業

本来の編集作業とは、この作品をどういう方向性で作れば良いか、だれを対象とした作品なのか……などを考え、デザイン、本文のレイアウト、文章の流れ、誤字脱字(校閲作業で、専門家に任せる)などをチェックしていく作業です。編集作業はクリエイティブな作業でもあり、商業出版においては編集者と作家が二人三脚で時間をかけて作品を作り上げていきます。しかし、自費出版の会社では、基本的には、著者さんの希望に従って制作を進めていきます。文章を直してほしい、誤字脱字をチェックしてほしいという希望がある場合は、別途費用がかかることがありますので注意してください。編集作業はそれだけ、時間のかかる作業なのです。なので、原稿を書く場合には、編集者が直してくれるだろう…などと思わずに、自分で何度も推敲、誤字脱字チェックをすることをお勧めします。プロ作家ではないので、凝った表現に時間を費やすのではなく、読みやすく、自分が伝えたいコトが素直に書けているかどうか、ということを中心に推敲すると良いです。また、この文章はどのような読者に読んでほしいと思って書いたのかを、しっかりと持っていると、文章にブレがなくなります。よく推敲された文章は、次の組版のやりやすさなどにも影響してきます。原稿をしっかり仕上げることは、余計な費用をかけずに、自費出版をすることができる、ということです。


A組版・デザインについては次回!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あもん
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/amonaum/index1_0.rdf