のん的哲学Show 

2010年06月20日(日) 10時11分
久しぶりにこちらのブログに戻ってきました。

私の哲学なんて誰が知りたいんだと思うところだが、実際のとこかなりのファンの方が居てくれているので、ここでまた一筆執ろうと思います。


実は私は頭の良い人がすごく好きです。
そして頭の悪い人が嫌いです。

そう発言すると、学歴の高い人が好きなのかと思われてしまうが、頭の良い人というのは人として頭の良い人を意味する。

周りの空気が読めて、自分の言動が今相手にどう影響するかを考えて動ける人。

周りに気遣いができる人。

つまりは賢明な人ということです。

勉強ができるとかどこそこの学校に行ったとかいうことは無関係。
(だが賢明な人はこの学歴も備えている人もたくさんいる。例としてAさん家の大卒アイドルさん)

それを説明しないと、若しくは説明したって「頭の良い人」という意味が通じない時点で、私は話が合わない。

なのでその類の人に対しては「世間一般的に普通の人」モードに切り替える。

私が心から頭が良いなと思うのは、
「周りにすごく気を遣っているのに、気遣っていることを周りに気付かせない人」
である。

他人に気を遣えるということは素晴らしい才能だが、それを他人に全く気付かせないレベルの気遣いができる人は本当に少ない。

なぜなら気を遣っていることを人は他人に気づいてほしいから。
なんだかんだ言ってもやっぱり感謝されたいから。
これは今の私がバッチリ該当する。

だけどやはり気遣いができる才能は誰にでもあるものではないと思うので、私はさらに上を目指して
「気遣っていることを周りに気付かせない気遣いができる人」
になりたいと思う。

もっともっと頭の良い人になって、同じ頭の良い人と出逢い、お互い高めあえる人間関係を築いていきたいと思っている。
特にプライベートではその関係だけに特化したい。
プロフィール
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる