戦争は愚かで役立たず、「ひょうたん島」に携わった須田さんの心に残るメッセージ/川崎 / 2010年05月03日(月)
 劇作家井上ひさしさんの死去から1カ月がたとうとしている。世の流れを読み、深刻な問題を笑いと風刺で切り取った“現代の語り部”。反戦や護憲の立場で発言し、作品には平和や民主主義の要素を盛り込んだ。代表作「ひょっこりひょうたん島」の制作に携わった人形劇団ひとみ座前代表の須田輪太郎さん(81)=川崎市中原区=の心に残る、井上さんのメッセージとは−。


■マムシは戦争遺産

 「マムシがね、多いんですよ」。2005年9月、「かわさき九条の会」発足を記念した特別講演での第一声が、この意外な一言だった。「自宅のある鎌倉から茅ケ崎などにかけた相模湾沿岸は本当に多い。実は戦争末期、米軍の本土上陸を警戒した旧日本海軍が海岸線に穴を掘らせ、中にマムシを入れたんです」。笑いにわく聴衆。そこで一言。「でも米軍人は厚いゲートルを履いているから、かみつけるわけない。おかしいですよねえ」。須田さんは、井上さんらしい語り口を鮮明に覚えている。

 「戦争をパロディーにして描いていた」と須田さん。1960年代にテレビ放送されたひょうたん島では頻繁に戦争が繰り広げられた。「住民は島を守ろうと奮闘するが、その姿がトンチンカンで視聴者は『ばかだな』って笑っちゃう」。島の大統領ドン・ガバチョは戦国武将豊臣秀吉をまね、よろいかぶとに身を包み采配(さいはい)を振る。住民はハチが飛び出す機関銃で攻めてくる海賊をやっつける。こっけいさの裏には「『戦争は愚かで何の役にも立たない』というメッセージが込められていた」と須田さんは言う。


■幽霊は自由の象徴?

 「ひょうたん島の住民は幽霊なんだ」。あるとき、井上さんがふと言ったという。その真意は聞かずじまいになったが、こう推測する。「幽霊は何ものにも拘束されない。自由の象徴として描きたかったのだと思う」。ライオン、ギャング、海賊…。島には個性豊かなキャラクターが次々と登場したが新参者を排除することはなかった。「時にけんかもするけど、互いの違いを認めながら一緒に生きていこうと。民主主義の形を追及したのでは」

 一国の大統領に、子どもである“島の超天才少年”博士が「それじゃだめだよ、ガバチョさん」と意見する場面がしばしばあった。


■笑いは献身的であれ

 「ユーモアと笑いなしには語れない人」。制作の打ち合わせで、放送局のエレベーターで出くわしたときのこと。1階で一緒に乗り込んだ当時30代の井上さんは「わたしはここで」と2階で降りた。だが3階に着き扉が開いた瞬間、目の前には彼の姿が。「やあ、みなさんしばらくです」。涼しい顔で再び乗り込んできた井上さんに、周囲は大爆笑だったという。「みんなを笑わせようと、階段を猛烈にダッシュしたわけです。『笑いは献身的でなくてはならない』と思いましたよ」

 心に残るのは、井上さんが座右の銘とした言葉。

 むずかしいことをやさしく/やさしいことをふかく/ふかいことをゆかいに/ゆかいなことをまじめに―。

【5月2日23時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000033-kana-l14
 
   
Posted at 01:59/ この記事のURL
「流出アイフォーン」記者を家宅捜索 ブロガーはジャーナリストと認められるか / 2010年05月03日(月)
 米オンラインメディア「ギズモード」が、バーに落ちていたという「次世代アイフォーン(iPhone)」を拾った人物から購入して記事にした一件は、警察が動き出す事態になった。記事を執筆した記者が、不在中に自宅の家宅捜索を受けたのだ。

 ギズモードは、令状が、ジャーナリストを保護する米国法やカリフォルニア州の法に反しているのではないかと反論。しかし同時に州法によると、盗品を購入・使用した場合は窃盗罪となる可能性がある。さらに警察側は、記事を執筆した記者を「ブロガー」として、ジャーナリスト保護法の適用外と考えた可能性もある。

■「ジャーナリストの所有物押収は違法」

 米ギズモードは2010年4月19日(米国時間、以下同)、「次世代アイフォーン」の記事を掲載した。カリフォルニア州にあるバーで落ちていた試作品を、ある人物が拾ってギズモード編集部に持ち込み、これを5000ドルで買ったものだという。記事の中で、ジェイソン・チャン記者が新型機を詳しく解説していた。

 チャン記者は4月23日夜、カリフォルニア州の「コンピューター緊急合同捜査チーム」(REACT)の家宅捜索を受けた。カリフォルニア州サンマテオ郡高等裁判所が発行した捜索・差し押さえの令状にもとづいたもので、チャン記者の自宅にあるコンピューター4台とサーバー2台を押収したという。

 ギズモードはウェブサイト上に、令状のコピーや押収された物品リストを掲載。同時に、ギズモードの運営会社である「ゴーカー・メディア」(Gawker Media)のゲービー・ダービーシア最高執行責任者(COO)名で警察側に送付した書簡も公開した。ダービーシア氏は、米国法および州法では、ジャーナリストの所有物を押収するための令状発行は有効でないと指摘。

 そのうえで「カリフォルニア州刑法1524条(g)項」に触れ、証拠法1070条が定める報道機関が所有するいかなるものにも、捜索や差し押さえの令状は発行されないと説明している。さらに「カリフォルニア州控訴裁判所の判例をみると、この法律はオンラインジャーナリストも適用の範囲となっている」と強調した。

■捜査当局はジャーナリストと見なかった?

 「家宅捜索」については米主要メディアも報じた。ニューヨークタイムズ電子版は4月26日付の記事で、「次世代アイフォーン」の試作機が盗品だった場合、ゴーカー・メディアは法的トラブルに巻き込まれる恐れがあると当初から言われていたと指摘。また捜査関係者の話として、試作機を売り渡した人物や購入した人物は罪を問われるかもしれないとした。

 ロサンゼルスタイムズ電子版は27日付の記事で、カリフォルニア州新聞出版協会のコメントを紹介。令状が発行されたのは、当局側が、チェン記者はジャーナリストかどうかについて「別の意見」を持っていたか、単に「シールド法」(記者に情報源の秘匿を認める法律)を無視して刑法を適用したかもしれないとしている。つまり、ギズモードをブログメディアと分類し、チェン記者もブロガーで、ジャーナリストと見なさなかった可能性がある。

 ゴーカー・メディア創業者のニック・デントン氏は27日、ツイッターに「ブロガーがジャーナリストと見られるかどうか、今後わかるだろう」と投稿。捜査の方向性が、今後ブロガーの権利をどこまで認めるかにも影響してくるかもしれない。

 一方、試作機を拾った人物は謎のままだ。実は新型アイフォーンは、ギズモードの競合サイト「エンガジェット」にも「売り込み」があったようだ。実際、エンガジェットは17日付の記事で「これはアイフォーン4G(もしくはアイフォーンHD)か」として、試作品と思われる写真を掲載している。ただし、編集部で試作機を入手したのではなく、写真も提供されたもののようだ。だがギズモードもエンガジェットも、「情報提供者」について詳しく触れていない。現状ではこの人物が試作機を盗んだ可能性も否定できず、今後の展開によっては騒動がさらに拡大しそうだ。


■4月27日19時32分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100427-00000003-jct-sci
 
   
Posted at 01:55/ この記事のURL
ベンダーの人材に過剰感、ユーザー企業は慢性的な人材不足 / 2010年05月03日(月)
 情報処理推進機構(IPA)は、調査報告書「IT人材白書2010」を公表した。ITベンダーやユーザー企業、教育機関などを対象に実施した同調査から、IT人材を取り巻く動向やIT産業の実情が浮き彫りになった。

 今回は「人材の需給バランス」「オフショア開発」「産業変化」の点について、調査結果を紹介しよう。【國谷武史】

 IT人材白書は、IPAが2007〜2008年に実施した「IT人材市場動向予備調査」をベースに、2009年から公表しているもの。調査対象はITベンダーとユーザー企業(非IT業)、情報系の教育機関および卒業生、現役のIT人材、一般社会人。今回の調査では2009年秋に各対象へアンケートを実施した。

 人材の需給バランスでは、ベンダーとユーザー企業にIT人材の量および質的変化について調査した。まずIT人材の量について、ベンダー企業では2009年度調査に比べて「特に不足はない」「やや過剰である(削減や職種転換などが必要)」と回答した割合が大幅に増えた。ユーザー企業では「特に過不足はない」の割合が微増した。しかし、「大幅に不足している」「やや不足している」の割合が2年連続で4分の3強を占めた。

 IT人材の質については、ベンダーとユーザー企業とも「大幅に不足している」「やや不足している」の割合が4分の3強を占めた。ベンダーでは、IT人材の質に不足感があるものの、量的にはこの1年間で過剰感が強まった。ユーザー企業では質と量の両面で昨年と同様に不足感が強い状況が続いている。

 職種面からみたIT人材の動向では、ベンダーにおいて「PM(プロジェクトマネジメント)」や「APS(アプリケーションスペシャリスト)」といった開発系人材の割合が減少した。一方、「ITS(ITスペシャリスト)」や「ITSM(ITサービスマネジメント)」の高度な技術職や運用サービス系の人材が増加している。

 ユーザー企業では、大半の職種が前年に比べて横ばい、もしくは微減となった。しかし、社内システムの開発・保守・運用や社内IT人材の教育を担当する割合が増加している。ユーザー企業におけるIT関連業務の増減について、60.9%が「自社のIT部門で担当する業務が増えている」、39.6%が「アウトソース先に発注される業務が増えている」を挙げた。

 また、ユーザー企業自身が今後強化すべき業務として挙げたものは、「IT戦略策定・企画」(65.4%)、「IT投資案件のマネジメント」「社内IT人材の育成」など。子会社など外部委託を進めたい業務には「社内システムの運用管理の実施」(38.8%)、「社内システムの開発・導入・保守」(32.2%)を挙げていた。

 ユーザー企業は、システム運用などの現場業務をなるべく外部に委託し、経営戦略に紐づいた高度なIT関連業務は自社で担いたいという意向があるようだ。そうした業務を任せられる人材の育成や確保が課題となっている。

●オフショア先を使い分ける

 オフショア開発の状況について、相手国先は中国が2年連続でトップだった。2位はベトナム、3位はインドで、前年と順位が逆転した。

 主要4カ国(中国、ベトナム、インド、フィリピン)におけるオフショア開発の目的では、「開発コストの削減」が4カ国すべてで最多を占めた。国別にみると、中国では「国内で不足している人材の確保」「海外市場の開拓」「受注総量の拡大を図るため」、インドでは「海外の高い技術力の活用」「ビジネスのグローバル化への対応」、ベトナムでは「海外市場の開拓」「受注総量の拡大を図るため」、フィリピンでは「国内で不足している人材の確保」「ビジネスのグローバル化への対応」という理由が目立つ。

 これらについてIPAは、「中国やベトナムを業務委託先だけでなく市場としても意識する企業が増えたようだ」と分析している。インドに対しては高度な開発力や英語によるビジネス対応力を評価し、フィリピンには労働力やグローバルなビジネス対応を求めていると推測される。企業が目的に応じてオフショア先の国を使い分けている実態があるようだ。

 オフショア活用の意向について、委託した実績を持つ企業の大半が「現在より拡大したい」「現在と同規模で継続したい」と回答した。しかし実績のない企業では、従業員1000人以下の企業の8割以上が「当面実施の予定はない」と答えていた。

 オフショア開発が事業に与える影響については、全体的に単価水準の低下を挙げる回答が目立った。従業員1001人上の企業の57.6%が「開発コストの削減に成功」と答える一方、101〜300人の企業の61.1%が「下流工程の競争激化により、上流工程へのシフトが必要」と答えた。100人以下の企業の65.2%は「競合先の増加で受注が難しくなった」と答えており、企業規模によってオフショア開発による事業への影響が異なる実態が分かった。

 ベンダーを対象にした産業変化の予測については、「SaaSやクラウドがビジネスを変える」「国内ベンダー間の競争激化」「海外ベンダーとの競争激化」「高度なスキルが求められる」「情報システムへより高い信頼性が求められる」などの回答が目立った。

 ベンダーにおいて、製品販売からサービス販売というビジネスモデルの変化、それに伴う国内外での競争激化を意識する傾向が明らかになった。

※調査報告書「IT人材白書2010」のグラフ資料を含む記事
→http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1005/01/news003.html 5月1日19時8分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100501-00000013-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 01:52/ この記事のURL
[新製品]「Tigersケータイ」「GIANTSケータイ」登場、チケットプレゼントなどの特典も! / 2010年05月03日(月)
 阪神タイガース、アイテック阪急阪神、阪神コンテンツリンク、インフォニックス、KDDIは、タイガースファン向けに、初の球団公式携帯電話サービス「Tigersケータイ」を5月24日から提供。5月10日に予約受付を開始する。

【写真入りの記事】

 また、読売新聞東京本社、インフォニックス、KDDIは、読売巨人軍の協力のもと、ジャイアンツファン向けの携帯電話サービス「GIANTSケータイ」を6月30日から提供。6月10日から予約受付を開始する。

 ともに、au携帯電話がベースの対応端末を購入し、回線契約をしたユーザーだけが受けられるファン向けの携帯電話サービス。端末は専用のPC・携帯電話サイトで販売する。

 無線通信サービスの免許事業者からインフラを借りてサービスを提供するMVNO方式を採用。通信事業主体として、インフォニックスがMVNOに必要なオリジナルプラットフォーム「SELECT MOBILE(セレクト モバイル)」を提供し、KDDIは、請求システムの連携や端末調達、ブランドサポートなど、MVNOサービスの提供を支援する。

 「Tigersケータイ」の主なサービス内容は、巨人戦や土日の試合を含む甲子園の全試合で、通常では購入が難しい人気席を特別枠として確保。今シーズンは、6月29日-9月20日の合計4340枚確保する。

 また、「Twitter(ツイッター)」を活用した利用者限定の同時参加サービスを提供する。試合中だけの公開で、亀山努氏、川藤幸三氏、工藤一彦氏、中田良弘氏などの阪神OBが参加。加入者だけが閲覧・書き込みできる。

 選手の画像や球団関連ニュースを携帯電話の待受画面上で定期的に更新・表示するほか、今夏には限定動画の提供を開始する予定。

 携帯電話のラインアップは、「SH002」をベースにした「TK-SH002」のプリズムホワイトとスカイブルー、「SH004」をベースにした「TK-SH004」のジャスミンホワイト、ラベンダーピンク、ミントブルー、「SH005」をベースにした「TK-SH005」のサクラピンク、ハニーイエロー、チョコミントブルー、モーニングホワイト、ベリーレッド、フィールドグリーン、ナイトブラック、「T003」をベースにした「TK-T003」のシトラスグリーン、ルミナスレッド、グラファイトブラック。

 「GIANTSケータイ」の主なサービス内容は、7月2日-9月23日の期間に東京ドームで開催する試合のファールグラウンドにせり出した特別席、S席、A席、B席のペアチケットを、抽選でプレゼントする。プレゼント枚数は、初年度約1000組2000名で、そのうち約3割がファールグラウンドにせり出した特別席。

 また、バッティングフォームやピッチングフォームなどの動画を「GIANTSケータイ」で撮影して送ると、球団OBが上達のコツを教えてくれる。

 「Twitter」を活用した利用者限定の同時参加サービスも提供。試合中だけの公開で、清水祟行氏、西岡良洋氏、水野雄仁氏、宮本和知氏、吉田孝司氏などの巨人OBが参加してつぶやき、加入者だけが閲覧、書き込みできる。

 そのほか、選手や名場面の待受画像を365日、無料配信し、自動的に待受画像が切り替わる。試合速報やチケット販売情報、キャンペーン情報などの球団関連情報も自動で配信・表示する。

 携帯電話のラインアップは、「SH005」をベースにした「GK−SH005」のサクラピンク、ハニーイエロー、チョコミントブルー、モーニングホワイト、ベリーレッド、フィールドグリーン、ナイトブラック。


【4月30日19時25分配信 BCN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000016-bcn-sci
 
   
Posted at 01:49/ この記事のURL
遼と同組山下は「マークセンと2人であきれてた」 / 2010年05月03日(月)
<中日クラウンズ 最終日>◇2日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)

 愛知県にある名古屋ゴルフ倶楽部・和合コースで開催された、国内男子ツアー「中日クラウンズ」。6打差をひっくり返し大逆転優勝を飾った石川遼に、ツアープレーヤー達も驚きを隠せない。

【関連リンク】 歴史的優勝を1打速報で振り返る

 同組でラウンドした山下和宏は「僕とマークセンはもうあきれて。何やってもいいんだもん。50台が見えたら応援してました。前にブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)と一緒に最終組でまわったことありますけど(09年サン・クロレラ クラシック)、あの時よりはリラックスしていたように見えました」と目の前で繰り広げられた光景にお手上げといった様子だった。

 2位タイに終わった藤田寛之は「びっくりだね。前半スコアを伸ばしてるのをみて優勝争いに加わってくるのかなとは思ったけど…我々の世代の常識が通用しない次世代型ゴルファーなんだと感じました。どこからでも勝てちゃいますよね」とコメント。首位スタートの丸山茂樹も「おみそれしました。飛距離がでるのは違うね。サンドウェッジでバンバン打てる」と逆転を許した圧巻のゴルフに白旗をあげた。

【最終結果】
優勝:石川遼(-13)
2位T:藤田寛之(-8)
2位T:ポール・シーハン(-8)
4位:カート・バーンズ(-7)
5位T:岩田寛(-6)
5位T:リャン・ウェンチョン(-6)
5位T:上井邦浩(-6)
8位T:平塚哲二(-5)
8位T:今野康晴(-5)
8位T:丸山茂樹(-5)

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】
驚異の世界記録“58”!遼、歴史的大逆転V!
石川遼、記録づくめの最終日
苦しむ遼、上がる調子と反比例して落ちるスコア 3日目結果
【関連リンク】
石川遼の素顔満載「フォトギャラリー」
石川遼の「番記者通信」 5月2日19時59分配信 ゴルフ情報ALBA.Net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000007-alba-golf
 
   
Posted at 01:48/ この記事のURL
ハル・ベリー、子供の父親から振られて破局! / 2010年05月03日(月)
43歳のハル・ベリーが、数ヶ月前に2歳になる娘ナーラの父親で34歳のモデル、ガブリエル・オーブリーに振られて破局! 親権について協議中、と複数誌が報じている。

【写真】破局!娘の親権について協議中のハル・ベリーとガブリエル・オーブリー

ハルと言えば、幼少時代に父親から虐待を受けて自殺未遂を図るなどの辛い過去を背負っており、2度の結婚もそれぞれ4年しか続かずに離婚。男性には縁がないと見切ったようで、「2度と結婚はしない」と宣言していた。

そんなハルとガブリエルが出会ったのは、2006年の2月。マンハッタンのベルサーチがオープンした際に知り合って意気投合し、同棲生活をしながら不妊治療を続けた結果、2年後に娘を授かった。

ハルもガブリエルと知り合った際には幸せいっぱいで、「私たちは、結婚という形にはこだわらないの」と相変わらず結婚には否定的だったが、「愛し合って信頼しあっていれば、それで十分。私たちはずっとそういう関係を続けていけると思う」と語っており、ナーラを出産した後には、第2子が欲しいと語っていた。

しかしピープル誌に関係者が語ったところでは、「ガブリエルは、付き合った当初は9歳の年の差がまったく気にならなかったんです。何しろハルは、世界で最も美しい女性のひとりでしたから。でも、時が経つにつれて、ガブリエルが、いろんな意味でギャップを感じるようになったんです。数ヶ月前に、これ以上関係を続けていくことはできないと感じ、彼から別れを切り出した」そう。恐らくハルにとってはかなりの衝撃だっただろうが、今は、お互い友好的に離婚手続きを踏んでおり、娘の幸せを考えることに集中しているそうだ。

女性が年上の年の差カップルと言えば、15歳年の差があるアシュトン・カッチャーとデミ・ムーア。ふたりは、今のところ結婚5年経ってもラブラブのようだが、やはりハルの美しさも年には勝てないということか?【NY在住/JUNKO】

【5月2日18時54分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000016-mvwalk-movi
 
   
Posted at 01:46/ この記事のURL
【ゲームニュース一週間】賭けと血糖値検査、二つのゲームから見えるもの / 2010年05月03日(月)
今週はゲームと世間のユニークな関わりについてのニュースがいくつも報じられました。

英国では発売されたばかりの格闘ゲームの試合が賭けの対象となりました。
トッププレイヤーRyan Hart氏とFemi Adeboye氏が『スーパーストリートファイターIV』で激突、その試合結果がいかなる結末を迎えるかで賭けが行われたのです。

賭けの胴元であるPaddyPowerによれば「圧倒的な反応」があったとのこと。賭けに人が集まるということは、ゲームの試合結果が大きな関心を集めつつあるということになります。

製薬会社のバイエルは、糖尿病患者が血糖値をチェックするのに使う「DIDGET」のオンラインデモを公開しました。糖尿病患者は定期的に血糖値をチェックしなければいけませんが、「DIDGET」はこれをニンテンドーDSのゲームやオンラインコミュニティと組み合わせたもの。血糖値を調べることでポイントが手に入り、ゲーム内アイテムなどと交換できます。

オンラインデモは「子供向け」「両親・大人向け」「医療関係者向け」が用意されており、「DIDGET」が幅広い層を対象としていることが分かります。

ゲームは娯楽ですが、「単なる娯楽」には留まらない存在になりつつあるようです。ゲームの競技性に関してはeスポーツをはじめとして様々な方法で模索されてきましたが、『スーパーストリートファイターIV』の賭けはゲーム文化の周知と同時に、プロ化への可能性を拓くものかも知れません。

カプコンのLeo Tan氏が「エリートプレイヤーがふさわしい認知を得る方法」と賭けに対してポジティブな見解を発表しているのも興味深いところ。
これまでゲームを生活の糧にするには作り手になるか報じ手(ゲームマスコミ関係者)になるしかありませんでしたが、遊び手のプロになれるのであれば、新たな視点と可能性が生まれるのではないでしょうか(英国では色んなものを賭けの対象とする文化があり、単純に日本のギャンブル観で計るのも難しいであろうことを付記しておきます)。

「DIDGET」とそのオンラインデモはゲームの新たな用途と可能性を示しています。ゲームの本質の一つは目標作りと動機付けですが、滞りがちになることが多い血糖値の測定をゲームと組み合わせることで健康に役立てています。

ゲームが人体に有益か無害かは意見が分かれるところ。これまでは英国の脳トレ実験など、ゲームそのものが有益であるか否かが問われていました。しかし、「DIDGET」のような間接的な方法であれば、ゲームそれ自身が人体に有益である必要がありません。血糖値をいくら計測したところで糖尿病は良くなりも悪化もしませんし、「DIDGET」そのものは治療効果を謳っても暗示してもいないのです。

「DIDGET」の「子供向け」オンラインデモは採血を体験できます。検査キットを用意し、手を振って指先に血を集め、検査用の針で指を突き、血を採取し、メーターに読み込ませ…といった手順はオンラインデモであっても少々手間がかかります。「ゲーム(オンラインデモ)でさえこれなのだから、患者さんは大変なのだな」という感慨を抱くのではないでしょうか。
これは健康な人が患者さんの苦労を理解するための小さな一歩(あくまで“小さな”一歩です)。

自分の大変さを分かってくれる人が周囲にいる、というのは患者さんにとっても決して悪影響とはならないはずで、そのためにはゲーム的なインタラクティブ性は有効なのです。

これらの試みはゲームというものに注目が集まっているからこそ行われるもの。明らかに悪意と偏向に満ちた「調査」は別として、ゲームもゲーム界も、様々な試みや調査を積極的に受け入れていくことが必要なのではないでしょうか。

【5月2日23時0分配信 インサイド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000003-isd-game
 
   
Posted at 01:44/ この記事のURL
3D映画をもっと楽しむためにスチームパンク3Dメガネ  / 2010年05月03日(月)
形からはいりたい時もあるんです。

Etsyに出品されていたこちらの3Dメガネはスチームパンク仕様! 出品者WillRockwellさんが本物の3Dメガネを改造してつくったので3D映画もきちんと見ることができます。お値段は200ドル(約1万8千円)とちょっと高いのですが、マイオリジナルメガネ(しかもスチームパンク)で映画館に行くのはなんだか気分がよさそうですなぁ。

3D映画は今後どう転ぶかまだまだわかりませんが、映画にあった3Dメガネが配られてもらって帰っていい、なんてことになったらとっても嬉しいなぁ。

ところで、これスチームパンクだけど、なんだかアラレちゃん仕様に見えて仕方がありません。なぜだろう。


参照サイト:http://www.etsy.com/listing/44152902/kraken-steampunk-3d-goggles [Etsy]
参照サイト:http://www.slashgear.com/kraken-3d-goggles-bring-steampunk-design-to-the-theaters-1982329/ [SlashGear]

Kat Hannaford(そうこ)

【4月30日10時58分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000306-giz-ent
 
   
Posted at 01:43/ この記事のURL
NHK朝の連ドラ『ゲゲゲの女房』は敗戦なのか? / 2010年05月03日(月)
 NHK朝の連ドラでは、前作『ウェルかめ』が歴代最低の視聴率だったことで批判を浴びました。今作『ゲゲゲの女房』では放映時間を移動させるという、テレビメディアにとって最大級の冒険をしてまで対処に当たったNHKは、エース級女優ということで松下奈緒さんを主役にあて、原作も好評な水木しげるの奥さんの自伝小説という、これまた万全の展開によるスタートです。

 しかし……、第1回目の放送の視聴率は、最低だった『ウェルかめ』を下回る史上最低記録更新の14.8%(関東地区)となってしまいました。ネットニュースなどは「NHK大失敗!」「史上最低記録更新!」とはやし立て、暗雲立ち込めるスタートです。松下奈緒さん始め、製作スタッフの方々はさぞかし嫌な幕開けとなったのではないでしょうか。

 「麻雀はゲタを履くまで分からない」とおっしゃたのは阿佐田哲也先生でしたっけ? 違うか。上州虎さんだったかな? それとも、ドサ健か(全部麻雀放浪記キャラ)。戦争も同じです。

 戦争で一番難しいのは殿(しんがり)、つまり退却です。敵はかさにかかって攻撃し、味方は敗色濃厚から士気は低下。最も不利な条件下での戦いを余儀なくされます。しかし、まさにここが指揮官の腕の見せどころ。落ち込む部隊の士気をいかに維持し、戦いを継続させるかが求められます。

 『スタートレック』のカーク船長は、クリンゴンやロミュランの攻撃を受けるとただちに「被害を報告せよ」とカトーやチェコフに命じます(今回はマニア向け用語ばかりですいません)。まず状況を認識し、検証することで、対策が生まれます。指揮官自らが浮ついたり狼狽(ろうばい)しても、軍、つまり組織崩壊は早まるだけです。指揮官の自律の姿勢は何より大事な素養と言えるでしょう。

 そしてまた、状況をある程度把握した上で、こうした環境下で完全なものなど取れるわけがないことも理解し、後はカンで判断すること、判断できる決断力が欠かせないのです。「カン」には理論を超越する学習効果が含まれています。歴戦の勇士は時として大学出の将軍を上回る判断力を持つものです。

●低視聴率は「想定の範囲内」

 さて、松下奈緒さんです。いや、『ゲゲゲの女房』です。

 「実にしっかりとしたドラマになっている」と私は思います。松下奈緒さんの不器用で背の高い(これがドラマのキーワード)未婚女性という設定と、戦後日本の光景は違和感がなく、また水木しげる役の向井理さんも、イケメン俳優ギラギラという感じではなく、無理せず普通な雰囲気を出す演技が上手く、「見合い相手が松下奈緒さんなら誰だって狂喜するよな」的なツッコミをまったく呼ぶことなくドラマに没入させます。父親役の大杉漣さんが、嫁に出す前にこっそり涙を流すシーンは感動しました。

 「昔の」大河ドラマ大好きな私から見ても、十分ひきつけられる力を持つ、よくできたドラマだと思います。

 NHKは小手先の小細工に走ることなく、淡々と、粛々と、「ゲゲゲの女房」を作っていけば良いのではないでしょうか。視聴率不振の原因は、やはり放映時間変更というファクターにあるでしょう。時計代わり、長年の習慣というベネフィットは、NHKが放映時間を変えたから出勤時間を変えることはできないように、大きくマイナスに作用することはあらかじめ予想できたはずです。おそらく、NHKは予想していたと思います。

 つまり、この低視聴率は「想定の範囲内」でしょう。もちろんこれが民放であれば、1回低視聴率をとっただけでプロデューサーは大騒ぎでしょうが、そこはNHK。視聴率縛りのない良さが発揮できるところです。ちなみに放映第1週に比べ、第2週は最高視聴率も1ポイント近く上がったようです。第2週の見合い&嫁入りは、見た視聴者なら次を見ずにはいられない展開でした。

 ネットニュースでわいわい言う層がNHK朝ドラをしっかり見る層と同じでしょうか? マーケティングにおける洞察は、しっかりとした仮説構築とその検証が必要です。

 私は「ゲゲゲの女房」が第2のおしんになるだろうことを、ここに予想いたします。

 ……いや、まあおしんには絶対なれないです。しかし、尻上がりに視聴率はついてくると予想します。朝のライフスタイルが朝ドラには重要なファクターです。ここが変わるのは一朝一夕では不可能です。話題作りで人気歌手を出したり、演技も出来ない若手俳優を急遽(きゅうきょ)起用なんて、敗戦であわてるダメ指揮官みたいなことをしないよう、どこまでNHKが耐えられるか。それに成功はかかっていると言えるでしょう。(増沢隆太)

【5月1日12時29分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100501-00000005-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 01:41/ この記事のURL
ファストフード・チェーン、味の「現地化」で食い込み図る / 2010年05月03日(月)
(CNN) ファストフードビジネスにとって、製品の「現地化」は重要な戦略だ。食習慣の異なる市場に浸透するには、現地の味覚にあわせた商品のカスタマイズが必要になる。ファストフード企業の取り組みをみてみよう。

フランスのマクドナルドには小さめのマスタードソースを使ったハンバーガーがあるほか、バナナキャラメルシェイクが売られている。オランダではマッククロケット(ビーフクロケットが挟まれている)を食べることができる。

アジア市場は急成長を続けている。ここでも、現地の味覚に浸透するべく各社がオリジナルメニュー開発にしのぎを削っている。インド市場は特に難しいと言われるが、比較的安全なフライドチキンで近年順調なKFCは、本来のメニューに加えてベジタリアン向けにヒヨコ豆を使ったチャナスナッカーなどを提供している。

対抗するマクドナルドは、チキンを使用したマハラジャマックやポテトとえんどう豆のハンバーガー「マックアルティキ」で市場食い込みを目指している。肉と野菜の調理は別に行い、制服の色も担当ごとに分けて別々のスタッフが作業する徹底ぶりで、現地事情に配慮している。

中国市場をリードしているのはKFCだ。サイドメニューに季節の野菜を取り入れ、朝食には粥を提供する。一方、マクドナルドはクォーターパウンダーに挟むピクルスの代わりにキュウリをあしらい、ソースもスパイシーにするなど、中国向けにカスタマイズした正統派ハンバーガーを市場に投入している。

これに対し、日本のマクドナルドはてりやきマックバーガーやベーコンポテトパイなど斬新な商品で勝負する。ピザハットは数年前、2種類のピザとロール生地を1枚で楽しめるダブルロールを発売したが(販売終了)、その他にも独創的なトッピングで顧客を飽きさせない。

韓国ではベーグルとドーナッツを朝食メニューに定着させたダンキンドーナツが大成功を収めている。スイートポテトマフィンやセサミ豆腐リング、キムチ入りコロッケなど韓国独自メニューに加え、温かい十二穀ラテなど、ドリンクにも工夫をこらしている。

【5月2日18時21分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000007-cnn-int
 
   
Posted at 01:40/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!