幼稚園の記憶 episode2

January 17 [Sat], 2015, 13:29
私は友だちに誘われて、一緒に幼稚園に行くことになった。友だちは家が隣でいつも遊んでて仲がよくて私の一番の友だち。

私の友だち(Nちゃん)はすぐに色んな子どもと仲良くなった。私はなかなか友だちができなかった。
だけど、Nちゃんはそんな私に友だちの輪の中に入れてくれた。すごく嬉しくって楽しかったのを覚えてる。

でもしばらくしてその輪の中で私のことを嫌に思う子どもが出てきた。遊ぶときも『あの子がいるなら遊ばない』と言う言葉が聞こえるようになってきた。そして同時に、喘息持ちの私は1週間程休んだ。

久しぶりに幼稚園に行き部屋に入ると、誰も挨拶してくれなかった。
遊ぶ時間誘っても誰も遊んでくれなかった。
そしてこんな噂が流れていた『ズル休みしたらしいよ』そんなことが園内で流れていた。
男の子たちは私にいつも『ズル休みした卑怯なやつ』と言われ笑われ、それを楽しそうに女の子たちが笑っていた。

私は病気で休んだだけなのに、ズル休みしてないのになんで皆そんなこと言うんだろうと思った。

ある日、私は勇気を出して聞いてみた。『誰がズル休みって言ったの?』すると『Nちゃんがそう言ってたよ。』衝撃な言葉だった。

まさか仲が良いNちゃんに嘘の噂を流されるなんて思わなかった。

仲が良いってなんだろう

これが私の幼稚園の記憶
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒白
  • アイコン画像 趣味:
    ・漫画を読むこと
    ・アニメを見ること
    ・買い物に行く
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/amnesia0927/index1_0.rdf