静岡ホビーショー合同作品展、お疲れ様でした。 

May 16 [Mon], 2016, 19:59
まずはお疲れさまでした!いやあ怒涛の二日間でしたなー。
今回ひょっとしたら日曜不在になっちゃうかもビクビクだったんですが、なんとか2日とも静岡にいる事が出来ました。

今回初めて大阪から車で移動したんですが、荷物を大量に輸送出来るのと交通費としてはかなり安くなるという点で良かったかなーと。
ただ前日夜は夜通し移動になるので土曜夜の宴会がキビしいという難点も(笑)。



昨年同様2サークルに参加しておりました。YYMCさんとBOOTLEGさんところです。
YYMCさんところが経験浅いメンバーだったので比較的そっちに入ってたかなー。
そう思いつつも結構ウロウロしてた気がする(笑)。


今回(思いつきで)やってみたサンゴーコンペですが、Twitterで仲良くさせていただいているくにやさん(@klr250_928)と加藤茶常さん(@spyke_ash)のお二人に作品を持ち込んでいただけました!感謝です!
色んな方に見ていただけましたが、一番面白かったのはタミヤの中の人がチェックしていたという事(笑)。ありがたいばかりです!
来年も同じような事が出来たらなーと思っております!

色々な方にご挨拶いただき、ほんまに感謝の言葉しかありません。挨拶出来なかった方も本当はお会いしたかったのですよ…!!!! また他のイベントもありますし、その時にお会いしましょう!!

それではお疲れ様でした。また来年!

週末はホビーショー!! 

May 12 [Thu], 2016, 20:45
遅い、遅いよ!
ということでブライトさんに怒られてる気持ちでイベント前ブログ更新ですよー。
今週末、つか業者日はもう始まってますが「第55回静岡ホビーショー合同展示会」に参加します。
これでSHSは5回目ぐらいかしらん?




昨年からブースのかけ持ちをしており、本人不在だったりする事が多くて申し訳ない感じもしますが!
メインフロアのほうではBOOTLEGさん、西館2FではYYMCさんのところに参加しております。
是非是非遊びに来てくださいねー。
出品アイテムも2か所に分けるのでワヤな感じになりそうだ!!

上の画像のイージーエイトとSU-76MはYYMCさんのところに展示予定です。
BOOTLEGさんのところはAM誌の作例メインに展示しようかなあと思っております。

今回は金曜夜に出発する車移動コースなのでギリギリまで作業出来ない!今日帰ったら梱包しなきゃねー。
では皆様、静岡でお会いしましょう!!楽しみでーす。

ファインモールド60式自走106o無反動砲を作る 

April 26 [Tue], 2016, 20:00

マメタン!マメタンこと60式自走106o無反動砲作りました。対戦車砲じゃなくてあくまで「自走」する無反動砲なのですな。面白いカテゴリです。
月刊モデルグラフィックス誌2016年6月号特集作例です。なかなかぶっ飛んだ特集なので是非ご一読下さい!勉強にもなりまっせ!
ちなみに表紙とかに登場する61式も僕が以前MG誌で担当したものです。


雑誌にも61式と並べた写真が載ってますが…マメタンとはよくいったものです。ちいせえ!(笑)
キットはテストショットを使ってますが、ほぼ製品版と一緒だと思います。詳しい製作記事は雑誌参照してくださいねー。


フィギュアは最近タミヤの3Dスキャンのものぐらいしか新作が出ていない気がしますが(海外メーカーは除く)、このファイン60式に付くフィギュアは非常に日本人しててステキです!今度出るという特車隊員セット、気になりますねー。
こまかいところですが、ゴーグルはクリアではないのでレンズ部分もメット色で塗装し、タミヤのエナメルスモークを置いてツヤを出してます。自然と濃いところがフチに溜まり、レンズの透明感を出すことが出来たんじゃないかなと!

自衛隊車輛はこれで三作目ですが、揃ってくると並べる楽しみも増えるってもんです。次は何作ろうかな!

タミヤ1/35 SU-76M自走砲を作る〜組み立て編〜 

April 21 [Thu], 2016, 20:13
さて!タミヤMMの新作、スーカことSU-76Mを作りますよー。
オープントップの自走砲としては非常にコンパクトにまとまっており、かっちょよいスタイリングです。確かに遠目にみたらヴェスペと間違えちゃうの分かるなあ。

このキットは古くはアランホビー(懐かしい響き)、比較的最近ミニアートがキット化しましたね。
アランホビーのキットはプラスチックの肉厚がハンパねえ事になっておりw、完成品を持つとまるでガレージキットのようでした…。一個完成させたんだよなあ。実家にまだあるはず。
んでもう一個作ろうとゲットし、エッチングパーツも入手してイタレリのラッチブムを探さなきゃなと思ってたらミニアートからのアナウンスが!うおおおまじか。
んでミニアートのキットも入手したんですが、結局組立て1/3ぐらいで放置してるなあ…タミヤのキットが出る前に完成させたかった。オープントップの車輛は組み立て手順悩みますね。


つまり我が家のストックヤードにはこういう絵面が生まれたわけだ!!w



キットはタミヤスタンダード。履帯も部分連結(上部転輪側は全連結)でシャープ。ただちょっと合わせは緩かったかな。イモ付けとまではいいませんが。



結構使い込まれた感じにしたかったのでフロントフェンダーにダメージを。へしゃげたり外したり。裏から薄く削り込んで流し込み接着剤で柔らかくし、プライヤーで「いい感じ」になるように曲げました。


砲弾ラックはちょっと手を加えてみる。ファインモールドの真鍮帯金を使い、C字型の留め具を作り込んでみたよ。
なんにせよ砲弾の塗装がめんどくさいのだ。現状砲弾は一つも固定しておりませぬ。一番大きなラックは接着せずに砲弾仕込んでから接着しようかなと。小さいの2個は先に接着しちゃった!上手く砲弾セット出来るかなw


駐退機カバーの溶接跡はキットでも再現されていますが、隙間が目立つので削り取ってエポパテで作り直し。装甲板の繋ぎ目も正面と側面のみ溶接跡再現されてますが、他のところはされてないので思案どころ。今回は側面と後面の溶接跡は再現しようかなと。


OVMの留め具は蝶ネジ式のハズなので、キットのディティールをちょこっと削り取りモデルカステンのプラ蝶ネジを接着。ハンマーのみ外した状態にしてみた。


排気管にマスキングテープ巻いてますが、これはタンクデザントの皆さんが熱くなった排気管触っても大丈夫なように布きれを巻き付けてるのを再現したもの。これやってみたかったんだよねー。実際はもっと目の粗い布なんですが、いい素材が見つからなかったのでマスキングテープで。



側面装甲に縛り付けてある雨天時キャンバスのラックを追加し、キャンバス本体はエポキシパテで造形。使い込んでる感を出す目的でもあるのですよ。よい造形出来たと思う!もう少し大きくても良かったかな(汗




工作終了してサフ吹き。現状砲架、砲架上のパーツ、左右側面装甲を外せるようにしてあります。無線機とかペイペイシャーのマガジンラックとかの塗装は接着しちゃったら無理だもんね。なので左右を繋ぐ手摺はまだ接着すらしていない!画像の順番と前後しますが、この後にキャンバスラック追加したりアンテナ基部に溶接跡追加したりしてますね。

さて塗装だ。最初は冬期迷彩にしようかなと思ったんですが、そうなると側面グリルに過冷却を防止するフタを付けたくなるので今回は見送り。いや、今からでも簡単に追加出来るっちゃ出来るけども(笑)。ベルリンぐらいまで頑張ってる車輛にしようかなー。

ピットロード八九式中戦車甲型(エンディングVer.)を作る 

March 31 [Thu], 2016, 19:44

ピットロードさんのディフォルメガルパン戦車シリーズ作りましたよー。



うん、ちみっこくてかわいいぞ!


キットはシンプルなパーツ構成でさくっと完成します。
成型色は画像見てもらうと分かると思いますが、案外ペリっとした明るめの色。
色塗る前は正直おもちゃっぽくて印象あまり良くない(笑)。
あんまりパーティングラインも気にならないしね!いいパーツ構成です。



面白いのは排気管カバー。ガルパン仕様パッケージなのにカバーは実車タイプのメッシュでモデライズされている(笑)。
これ、このまま三色+黄帯塗れば旧軍仕様になるなー。
ちょっと辛かったのは履帯。履帯本体もそこそこ硬い素材なんだけど、まあ曲がります。
でも起動輪と誘導輪の歯とのフィッティングがギリギリすぎて組みづらい!車体がガッチリしてるからむりやり押し込む感じでなんとかつけれたけど、もう少しクリアランスを取ってほしかったぞ…!! 履帯は接着可能なんだけど、その接着出来るところまで引っ張るのが結構大変でしたw



塗装はオリーブドラブ単色。ざーっと塗り潰して軽くグラデーションをかけています。
履帯はNATO迷彩色のテーアシュバルツ。この色便利!


普段の戦車と同じように艶消しした後、エナメルでウォッシング、ピンウォッシュを加えます。
足回りはアクリルガッシュのグレイッシュブラウンでかるーく汚しただけ。ガルパン戦車だからこれくらいがいいかな。

実はこれサフからデカール貼りつけまで2時間ぐらいで基本塗装してる(笑)。
ウォッシングから仕上げまでは2時間ぐらいかしら。息抜きにはちょうどいいキットでしたー!

プラウダ高校所属KV-2を作る 

March 29 [Tue], 2016, 12:40

カーベーたん!アタマデッカチカーベーたん!
ということでモデルグフラフィックス誌2016年5月号特集「プラウダ高校入学案内」で頼れる同志ことKV-2の作例を担当しました。
キットはロンのモチでもあるタミヤ製(つかプラッツパッケージ)。




改修したところなどは雑誌参照の事です!上の写真見てもらっても手を加えたポイントが分かると思います。
でもそんなに大幅に手を加えたところはないかなー。履帯だけモデルカステン製の履帯にとっかえたぐらいかな?
ちまちまと手を加えた部分は「気にしない」という方法でも問題ないかと思いますよー。


今回のウリでもあるフィギュアはニーナ&アリーナ。
以前作ったやつではなく、完全新規です。ニーナちっこすぎて大変だった(笑)。
こちらの二人の商品化に関してはまだ未定です。一応水面下で話は動いているみたい。続報をマテ!

あ、ちなみに「КВ-2」ってのはロシア語表記。間違えたんじゃないよw

第8回スケールモデルフロンティアのご案内! 

March 21 [Mon], 2016, 17:36
イベント告知ですよー!
今週末の3/26(土),27(日)にボークス大阪SRで「第8回スケールモデルフロンティア(SMF)」が開催されます!
すでに大阪での模型イベントとしてはお馴染みになりつつありますが、今回のテーマは「ウェザリング」。
コンテストもスキルアップアカデミーもがっつり「汚し」で盛り上がるはず!

さて、内藤あんもはそのスキルアップアカデミー講師として参加します!
今回は26日のみの参加となりますが、11時から16時まで実演、16時半から18時まで教室を開催します。
勿論テーマはウェザリング!





…内藤あんものウェザリングってなんだよアッサリ汚しかよ!っていう声が耳に届いたぞ!その通りだよ!\(゜Д゜)/






そうです。汚し加減は人それぞれですが、ガッツリ汚しなどは他の講師陣にお任せするので(笑)、僕は普段通りの「あっさりしてるけどそこそこ見栄えがいい汚し」をテーマに教室を開きます。勿論実演中もその感じです。AKもMIGもなんにも使わないぞ!
イベントの詳細はこちらのリンクを参照にしてくださいねー。



当日はこいつを仕上げますぞ!是非皆さん遊びに来てくださいねー。くれぐれも僕は土曜のみです!勿論日曜日も盛りだくさんなので二日間とも来てくださいねーお待ちしております。

タミヤ1/35KV-1Eフィンランド軍仕様を作る 

March 13 [Sun], 2016, 21:30
アーマーモデリング2016年4月号特集「継続戦争」用に作りましたよフィンランド軍なKV-1!


キットはタミヤ製限定キット「KV-1B」。履帯と起動輪はモデルカステンに変えてあります。
改造箇所は雑誌参考までに!案外大事じゃった(笑)。
雑誌にも書いてありますが、迷彩パターンに関してはかなりの部分想像で補っています。資料的価値はあんまりないのでご注意を。



今回地味に困ったのはマーキング。
バイソンデカールからズバリのフィンランド戦車デカールが出ているんですが、今回入手出来ず。
なのでターレットナンバーとか車輛ナンバーは手書きです!ハカリスティはさすがに流用デカールですけども(笑)。


実は。けんめいなる当ブログどくしゃの方は記憶の片すみにあるかもしれません。
随分前(正確には2014年4月)のブログ記事に作りかけのタミヤKV-1Bの画像が載っていたのを…
まあ、それが↓の画像なんですけどね。それが今回成仏したのです(笑)。


画像の通り側面装甲の隙間を開けてたりフェンダー支持架を部分的に穴開きタイプに直してあるのに今回それをまた直すというオチに相成りました。アッハッハ(涙

さて、次の作例は何かなー?

エアフィックス1/72スピットファイアMk.Iを作る 

March 08 [Tue], 2016, 18:38

祝!80周年という事でスピットファイア作りましたよー。
1936年、イギリスで産声を上げたスーパーマリンスピットファイア、僕の大好きな戦闘機のうちの一つです。

美しい楕円翼にマリーンエンジンを包む曲面とか、もうなんというか好き。全部好き。
しかも翼とっかえエンジンとっかえ機首伸ばしてとかWWUを戦い抜いたところも好きですね。
そんなスピットファミリーの中から最初の量産型、Mk.Iを作ってみました。エアフィックスのキットです。
Mk.Iは他のメーカーからも出てますが、平らな風防と二枚プロペラの初期仕様はこのキットが入手しやすいものです。大昔にハセガワからも出てましたねー。



機体下面が白黒に塗り分けられた大戦前夜〜初期の匂いがぷんぷんします。
まあ、模型的には見栄えするけどめんどくさくもありますな(笑)。


しかしえらそうな事を書きながら80周年を知ったのは土曜の事…Twitterでやたらみんなスピットの事呟いてるなあと思ったら!(笑)。
じゃあやったろうやんけ!と土曜の夜にぐわーっと始めました。週末モデリングの始まりですよ…!!
手持ちの世界の傑作機も開かない勇気!褒めて!




飛行機モデルのキモはコクピット。いや、出来とかディティールとかそういう意味じゃなくてココを閉じないと前に進まないという事です。
なのでさくっと進めるぞなもし。インテリアグリーンをぶわーって吹き付け、キット付属のパイロットフィギュアを少々削り込んで着座。
これでほとんど中は見えなくなります(笑)。


他のパーツは特にディティールアップもせず、組み立てていきます。接着は全部瞬間接着剤。くっ付ける、磨くを繰り返して一瞬で士の字に。土曜の夜はここまでかな。
日曜の午前中に塗装開始。キャノピーは先に接着する派なのでさくっと接着、マスキングテープで覆っちゃいます。
見慣れたアンテナ支柱と違い、Mk.Iは丸棒らしいので強度も考え真鍮線に置き換え。さ、塗るぞー。



機体下面はまさかのサーフェイサーブラックとベースホワイトで再現。隠蔽力の勝利。あとサーフェイサーブラックは真の黒ではないのもポイント。いい黒なんですよねコレ。




上面はダークアースをちょこっと明るく調合し、ざっと吹き付け。更に明るくした色で軽く退色表現。
ダークグリーンの迷彩は筆でアウトラインを描き込んだら中をエアブラシで塗り潰します。
これも明るくしてハイライトを吹き付け。



デカールはキット付属のものを貼りつけます。
週末で終わるかと思ったらここで日曜の夜は終了。おおうっ。


デカールは上質なものが付属しており、この頃のエアフィックスキット(ほんとにちょっと前ですけど)特有の深くクッキリとしたスジボリにも綺麗に馴染みます。いうてもガッツリマークソフター投入してますけども(笑)。
軽くツヤを消し、ラッカーのシルバーで軽くチッピング。本当に軽くですねー。
そもそも大戦前の機体なので(ダックスフォード1938年夏)、ここまで剥がれるかどうかもちょっとビミョーですがここは演出で。いや、剥がれるんでしょうけどリタッチしちゃうんじゃないかなあとか。



完成後のウェザリング。軽めのチッピングと排気管からのスス汚れぐらいに留めました。
あ、あと翼内機銃の発砲ススも。


結果3日ぐらいで完成しましたー。
いや、やれば出来るもんだ(笑)。いつもコクピットの中を組んでる途中とか、インテリア色吹き付けて終わってたりするので…!しかし垂直尾翼のRAFフラッシュがないと地味だなあ。あの色味は大切なのね。あと主翼上面下面のラウンデルも片方しかない。物足りないw

まあでも今回は80周年という事もあって頑張れた!他のタイプのスピット(他のメーカーってのも)もぎょうさん持っているのでこの後ぐいぐい作れたらなーと思います。Mk.22とかと比べたいねー。

継続高校三人組を作る 

February 22 [Mon], 2016, 23:00
遅くなりましたが!アーマーモデリング誌2016年3月号ガルパン特集でキャラクターモデル塗装方法を担当しました。


以前モデルグラフィックス誌で担当したミカとアキに追加してミッコも作ったよ!そもそもミカも帽子とか微調整、アキに関しては身長調整してサイズがちっさくなっている(笑)。




継続高校のジャージも発売が決まり、嬉しい限りですなー。
普段はエポパテで造形することが多い1/35フィギュアですが、今回はオールポリパテ。
ポリパテのほうが細かな修正がしやすいのですな。
ウカツに盛るとディティールごっつり埋まっちゃったりしますけどw

ミッコの座りポーズはいろんなところに座らせる事が出来るよ!コップのミッコさん。

※こちらのフィギュアはモデルカステン製ガレージキットとして発売予定です。
発売日、価格など詳細は雑誌やモデルカステンサイトでの発表をお待ちください!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:内藤あんも
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:4月6日
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-模型の国の人
読者になる
ども。内藤あんもと申します。モデラー人生歩んで…何年だ?w  中学生の頃から本格的に作り出したからもう20年。年とったなw

月刊アーマーモデリング誌でちょこちょこと作例をやっとります。ミリタリーメインだけど、ガンプラも作るしマシーネンも作るしフィギュアも作ります。

サイト「引金幸福電脳版」
http://hikiganekouhuku.web.fc2.com/
さっぱり更新されないサイトです。

今はTwitterがイチバンレスポンス高いかもー。Facebook、mixiもやってますがあまり活用してませんw fgとTINAMIにもたまに出没。

ammonaitohをフォローしましょう

模型話と四方山話をつらつらとしてまする。

2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像内藤あんも
» タミヤ1/35 SU-76M自走砲を作る〜組み立て編〜 (2016年05月12日)
アイコン画像バーディ
» タミヤ1/35 SU-76M自走砲を作る〜組み立て編〜 (2016年04月27日)
アイコン画像あさたろう
» ファインモールド60式自走106o無反動砲を作る (2016年04月26日)
アイコン画像内藤あんも
» タミヤ1/35 SU-76M自走砲を作る〜組み立て編〜 (2016年04月22日)
アイコン画像あさたろう
» タミヤ1/35 SU-76M自走砲を作る〜組み立て編〜 (2016年04月21日)
アイコン画像内藤あんも
» プラウダ高校所属KV-2を作る (2016年03月31日)
アイコン画像あさたろう
» プラウダ高校所属KV-2を作る (2016年03月30日)
アイコン画像内藤あんも
» 第8回スケールモデルフロンティアのご案内! (2016年03月29日)
アイコン画像あさたろう
» 第8回スケールモデルフロンティアのご案内! (2016年03月21日)
アイコン画像Gepard
» 大学選抜T28超重戦車を作る (2016年03月14日)