眼球ワルツ 

2008年07月12日(土) 6時36分
眼球ワルツ
作詞作曲 えみる 

半熟三日月深夜の徘徊
五臓六腑から染みだしたのは 睫毛に絡まる二酸化炭素
引っ張るな、目玉が飛び出るぞ

どこぞの客人様
どうぞ御上がりなさい
どこぞの私様
どうぞ御招きなさい

生物学的に(僕が見た僕と君がみた僕)は…何かが違う
情緒の不安が世界を飲み込む
変だよね、僕は此処にいるよ?

「らんららんら…」
〜きっと彼の左の目玉は明日にも見えなくなってしまう。それはとても驚くべきことだが、とても興味深いこと〜

辺りを見渡す きょろきょろ「私は誰?」
なぞなぞみたいに はてはて?「わかりません。」
貴方を思うと ぐうぐう「お腹すいた。 」
せえのッ!のリズムでさあさあ…今から

目玉を刳り抜こう もちろん貴方の為に
左、右、左…どっちが似合うかな

脳髄に刻み込め(例えば…そう、三拍子で)
奇怪な八分を乗せていこう
僕のをあげるよ 貴方にあげるよ
「喜んで頂けるかしらん?」

〜どうやら僕は逆さまの視神経を餌に貴方のオブスキュアに飼われた虫のようで、

明日こそ、明日こそは、と毎晩蝶の夢を見ているのでした〜

「貴方は誰ですか?」
考えてみても、まがよく分からないんだ。
不思議だね。変だよね?
…おかしいよね

辺りを見渡す きょろきょろ「私は誰?」
なぞなぞみたいに はてはて?「わかりません。」
貴方を思うと ぐうぐう「お腹すいた。 」
せえのッ!のリズムでさあさあ…今から

目玉を刳り抜こう もちろん貴方の為に
左、右、左…どっちが似合うかな

脳髄に刻み込め(例えば…そう、三拍子で)
素敵なリズムを乗せながら 目玉を刳り抜こう
「喜んでくれるといいなあ。」

cold pray 

2008年07月12日(土) 6時34分
cold pray
作詞/戮 作曲/秋都 編曲/chariots

命溢れる程に 愛をすべてもっと
時を忘れた様に 苦みが込み上げ

There is no thing that the
nature clears up even
if it kepps regretting a foolish act
it approaches and the
answer of asking oneself
how to accept the coming to future

凍える様に鼓動が駆け巡る
何かを傷付け生まれた理性から

This reason that suppresses
impulse beginning to rage
I know,I know,into it lead answer

戻らない 壊れた時計が割れた
あぁ何も 届かぬ様な静かな声が...祈り

凍える様に鼓動が駆け巡る
何かを傷付け生まれた理性から

This reason that suppresses
impulse beginning to rage
I know,I know,into it lead answer

戻らない 壊れた時計が割れた
あぁ何も 届かぬ様な静かな声...
残らない 壊れた時計も愛も
あぁ何も 届かぬ様な冷めきった声が...祈り

Jade 

2008年07月12日(土) 6時33分
Jade
作詞/戮 作曲/知 編曲/chariots

Honey,wake up the lie
wake up the lie
wake up the lie
Hurry up,make-up to need
make-up to need
make-up to need

Sad,sad,sad,face You beatiful or sexy
孤独さ

Jade cutter,jade carat just cutter,just carat

Mad,mad,mad,play You beast or jewelry
届くさ

But berry
僕のこの手は届くのに
それだけ君に届け光から逃れたい
But berry
僕のこの手も届かずに
それだけ君に問われ孤独から逃れたい

ゴメンなさい 

2008年07月12日(土) 6時29分
ゴメンなさい。
赤い糸が今、切れます。
大事にしてたアナタ…今から誤ります。「ずっと」

頭痛がきました。
惨めな私は今すぐ此処で
「死んでしまえばいいのです。」

吐き気がきました。
逃げ出したいけれど
何処に逝けばいいのか。すら…分かりません。

素敵な深夜、夜空
願い事もしました
「ずっと一緒にいましょうね。」
なのに、なのに…

ゴメンなさい。
赤い糸が今、切れます。
大事にしてたアナタ…
今から誤ります。「ずっと」

嗚咽をひとつ
アナタ、全部吐き出しました

ロマンティックで好きだった
少女漫画みたいに
「ずっと一緒にいましょうね。」
だけど、だけど…

ゴメンなさい。
赤い糸が今、切れます。
大事にしてたアナタが今、消えます。

こんな私で ゴメンなさい
夢、見すぎて ゴメンなさい
素敵なアナタへ ゴメンなさい
誤ってばっかりで「ゴメンなさい。」

吐き気がきました。
逃げ出したいけれど
何処に逝けばいいのか
…わかりません。

Cとソプラノ 

2008年07月12日(土) 6時28分
ぐるぐる廻り溶けた私はアルファベット
選ぶ音はCと外れた君の鼻歌…綺麗だね

知ってた? 宇宙ってとても大きいんだって
今もまだまだ広がってるみたいなんだ 光も届かないほど暗いんだって
すごいけど…なんか寂しいね

【大切な人に対する存在意識が収縮してしまう理由はきっと膨脹宇宙が際限なく広がり続けているからなのだろう】

ぐるぐる廻り溶けた私はアルファベット
選ぶ音はCと外れた君の鼻歌…汚いね

バラバラになる君と私は宇宙の藻屑
素粒子レベルまで崩された身体「…痛い。」
ギュウギュウになるまで小さくなって消えた

四次元の私 捻じ曲がる「ぐにゃり。」
時空の気流にプカプカ漂う
宇宙葬の旅「まるでゴミみたい。」
果てまでいけるのかな

【大切な人に対する存在意識が収縮してしまう理由はきっと膨脹宇宙が際限なく広がり続けているからなのだろう】
…という私の一説

私はぐるぐる廻り溶けた私はアルファベット
選ぶ音は半音上がる君のソプラノ

ぐるぐる廻る惑星の中から 星空…いいえ、宇宙を見上げる
私は徐々に薄く広がって 「グチャ。」っと…潰れて消えた

球形無限連鎖 〜ミズタマ〜 

2008年07月12日(土) 6時27分
暗転したのは蒼の無重力 浮いた泡で
窒息したまま揺れる 二人の公式

〜ある日〜
ミズタマの可愛いワンピースを着たヒトを好きになってしまいました
どうしよう…「何処かに閉じ込めたいな。」

〜明くる日〜
僕はストローでプクプクと膨らました球形の檻の中へ
そっと…アナタを閉じ込めました

半径rへアナタを代入
外観遮断の絶対比率
平面幾何学カラフル連鎖
二人は一緒だ やったね「えへへ。」

キラキラの亜空間 僕のお家においで
屋根まで飛んだ無限の君の泡が 「こんばんは。」
ドット柄の別世界 キミを隔離してみよう
「もう離さないよ。ずーっと。」

瓶に詰めたら
箱に入れよう
蓋を閉めたら
「おやすみなさい。」

僕のインテリア
オブジェみたいに
僕の隣にいれるように
…アナタを閉じ込めました

半径rへボクを代入
外観遮断の絶対比率
平面幾何学カラフル連鎖

アナタが笑う アナタが泣いた アナタの為に 二人の為に…
「アナタを閉じ込めました。」

キラキラの亜空間 僕のお家においで
屋根まで飛んだ無限の君の泡が 「おはよう。」
カラフルで綺麗な ミズタマは僕のことで
ずーっと君を閉じ込めちゃった話でした
「ずっと…ずっと。」

妄想マルチ 

2008年07月12日(土) 6時26分
遊ぼう 僕が見たユメはお遊戯会
歪む密室 くらくらくら 「気持ち悪い」

不思議な国を作りましょう 誰も入れない
僕が望んだ世界なら 怖くないもんね?
そうだ、月を作って 毎晩毎晩歌って踊ろう。うん。それがいい

部屋はキミだけが今も支配している
僕はゲラゲラ笑う 「頭痛い。」

苺のケーキと遊んでいたら 僕の背中から
綺麗なピンクの蝶々の羽が 生えてきました
僕は嬉しくなって どんどん形を変えた 素敵な素敵なユートピア

真夜中 月の魔法で僕の脳内が急にバグった
TVゲームみたいに 動かないよ
そんな時に憂鬱が隣で皮肉にも何か言った
「MP不足ってやつ?」
「…うるさいな。」

遊ぼう 夢が見たユメはお遊戯会
僕はゲラゲラ笑いながら 「気持ち悪い」

不思議な国で遊んでいたら 僕の背中から
醜い真っ黒な虫の羽が 生えてきました
僕は嬉しくなって どんどん形を変えたユートピアが終わりません

真夜中 月の魔法で僕の脳内が急にバグった
TVゲームみたいに 動かないよ
深夜2時過ぎ 奇跡を僕は手に入れました
妄想はユメ 「とっても楽しいや。」

チョコサンドビスケットクリーム 

2008年07月12日(土) 6時25分
直射日光
+)彼女小匙2杯
出来た理論を「パクパク」と
レンジ→チンしたお花畑で
冷めないうちに召し上がります。

ららん

足りないソースの代わりに詰めた
絵の具の赤色に「ドキドキ」
ちょっぴり苦くて、なんだか悲しい
グロテスクメルヘン味のアレ

ららん

良い子にしてたんだから
かなり甘い味を…頂戴
いつものお菓子売り場
チョコサンドビスケット「…。」

秘密のレシピ 味わう夢風味
ポケットを叩くと キミが増える
でもね、キミがいなくて泣きました
え、なんでって……食べちゃったから。

消化中の僕の胃の中で
空想理論は「…甘い。」
素晴らしい記念日。です
たんと、たんと「召し上がれ。」

金髪の嫌なアイツがくれた
玩具は明日…捨てましょう
いつものお菓子売り場
チョコサンドビスケット「…。」

二人のレシピ 二人の遊び方
ポケットを叩くと君が砕ける
だからキミは痛くて泣きました。
ちょっと我慢だよ。
もうすぐ終わるよ。

甘く、甘く、ほろ苦い…

明日は何をして遊ぼうかな。

僕は魔王 

2008年07月12日(土) 6時18分
赤い瞳はカタストロフィ
破滅論の視界 君の死骸
耳元の断末魔 今こそ然るべき判決を…

滅ぼしてみせよう 悪の名の下

異形の民は総て 不協和音のカオスで混乱状態
望むは奈落の底 「無意味。」巡った螺旋はマーヴル模様

滅してみせよう 悪の名の下
裁きましょう 悪の名の下

不思議な国は僕が治めている 喜べ愚民共 「しあわせはすぐソコだ。」

素晴らしきこの世界 「覚醒だ。」君が変化する
笑いなさい お泣きなさい 「ほら、足を舐めなさい。」

悪い事したら僕の黒魔術で殺しちゃうからね
〜絶対的な権力を持つ者〜
「僕は魔王。」

禁断の果実を 君が指差し数えた「…。」
頬落ちる進化の味 「無意味。」ランダム変化はマーヴル模様

滅してみせよう 悪の名の下 裁きましょう悪のに名の下

不思議な国は僕が治めている 喜べ愚民共「幸せは目の前だ。」

素晴らしきこの世界 「覚醒だ。」僕が変化する
頭が高い 頭が高い 「魔王様とお呼びなさい。」

悪い事してる君は黒魔術で殺しちゃうからね

〜素晴らしき世界の統率者〜
「僕は魔王。」

未完成とギルト 

2008年07月12日(土) 6時18分
未完成とギルト
作詞・作曲・編曲/Phantasmagoria

心ヲ奪イ 理想ハ歪ンダ
明色ハ闇色 塗リ変エラレルデショウ
積ミ重ナル 恨ミツラミト
注ゲド満タサレナイ 罅割レタ器ヲ

見知ラヌ間ニ 抜殻ニナル
現実スル物ダケ 存在スルデショウ
仕上ガリ良ク 足リナイ神経
選ブ時々 硬直ヲ

ソノ扉ヲ開ケル 隠スベキモノハ何モナイ

Nothing one bloody and nothing my bloody
ゆっくり絞りとられる青色を
体はもがきゆく
溢れるこの血赤みを無くして
静かに映る残像が狂いだす

ソノ扉ヲ開ケル 隠スベキ言葉ハ何モナイ

Nothing one bloody and nothing my bloody
飛沫をあげて自害ノ傷跡
色付きはじめるよ
溢れるこの血赤みを無くして
静かに映る残像が狂いだす

My bloody insanity so cry
P R
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:amitaf
読者になる
Yapme!一覧
読者になる