網野智世子とフランス語 教材 おすすめランキング

December 09 [Mon], 2013, 22:51


近くにある本屋さんのフランス語講座の棚にある本のタイトルをほとんど覚えてしまうと、来る日も有効な参考書を探してばかりいたとしても、
断片的だった知識をフランス語会話に活かす方法がわかり、頭の中からあふれ出てくるようにフランス語のフレーズがポンポン思い浮かぶようになる方法がこちら




あなたも、フランス語の勉強に熱心に取り組んでいるのに、リスニング教材を聞き流しても発音が聞き取れず、参考書を読んでも頭が痛くなるばかりで、

勉強時間の大半を無駄にしているような錯覚を覚えていたり、今のままで本当にフランス語が話せるようになるのか不安や疑問で心がいっぱいになっていないでしょうか?


もしくは、フランス語を教えてくれる語学スクールに通って、忙しい時間を何とかやりくりして定期的にレッスンを受けているものの、

スクール内ではある程度は話が通じても、外でフランス人と接してみると、言葉がまるで通じなかった経験をしたことはないでしょうか??



フランスを学ぼうと思ったら、リスニング教材や市販の参考書を使って勉強をするよりも、語学教室に通って生のフランス語に触れるほうが効果が高いのは間違いありませんが、

だからと言ってあなたの思っていた具合にフランス語が身につくわけではありません。


というのも、語学教室のフランス語講師は、あなたにフランス語を教えるのが仕事ですから、あなたがどれだけめちゃくちゃな話し方をしていたとしても、

あなたの言いたいことに熱心に耳を傾けて、何を言おうとしているのかを理解しようと努力をしてくれますし、あなたにも理解しやすいような話し方を心がけてくれるものです。


しかし、教室外でそんなに親切にあなたに対応してくれる人なんてめったにいるものではなく、「こいつは全然話が通じないな。汗」と思われたら、

あなたとの会話をさっさと切り上げようとされるだけです。


語学教室に通ってフランス語を身に着けることはできるのでしょうが、高いお金を払い続ける割には上達を実感できず、無駄なことをしている感覚に襲われてしまいます。



網野智世子さんの網野式動詞フォーカスフランス語入門は、リスニング教材をダラダラ聞きつづけたり、単語をひたすら覚えたり、

フランス語教室に通い続けるような面倒な手間をかける必要もありません。


動詞に注意をして文章全体の意味を把握するというアプローチをしていくことによって、相手が早口で話し続けたとしても、

動詞の使われ方さえ把握することができれば、相手が言おうとしている内容をだいたい理解できるようになります。


それに、自分の言いたいことを相手に伝えるにしても、とりあえず動詞の使い方に注意をして、あとは単語を適当に並べる感じに組み立てるだけでも、

意味の通じる文章になってしまいますので、フランス語で話をしている最中に、今までのように脳みそが蒸発しそうになるほどフル回転させる必要がありません。



手っ取り早く意味の通じるフランス語会話ができるようになる網野智世子さんの網野式動詞フォーカスフランス語入門の「重要なヒント」についてこちらでも詳しく紹介しています。



藤永丈司 口コミ マスクリスニング 評判
平松弘道 トライアスロンバイク・スピードアップ!プログラム 感想体験談
P R

人気ホームページランキング
サプリメントダイエット ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング
PVランキング


ブログランキング