英会話最短上達なら網野智世子勉強法がオススメ

July 29 [Tue], 2014, 18:28
網野智世子先生は何と9カ国語もの言語を操る翻訳家として高い評価を得ている外国語のスペシャリストです!

翻訳家としてだけでなく、網野智世子先生が監修した英語教材も、とても高い評価を得ているんです。

⇒体験談の評価を見てみる



網野智世子先生が監修した英語教材が、「ラクラク英語マスター法」。
本当に簡単に英語をマスターできる!と、高い評価がつけられた英語教材なのです。

この英語教材は、9カ国語を操る外国語のプロである先生ならではの外国語習得法が詰まっています。
多くの言語を身に付けた網野智世子先生だからこそ監修することができたのですね。

先生の外国語習得のノウハウが詰まったこの教材は、簡単なだけでなく、短期間で英語を確実にマスターできると評価されています。

日常会話程度の英会話であれば、30日くらいで十分話せるようになると評判ですよ。


さてこのラクラク英語マスター法。

どんな英語勉強法なの??というとまずは○○中心に勉強していきます。

ここからちょっとだけネタバレします^^

今まで必死に勉強してきた文法や単語を暗記する必要もありません。

⇒重要なある○○の部分に集中して学ぶことです。

それに関してのオリジナルテキストも公開されていますし、今ならテキストのほかにリスニングCDが7枚付きます。

実践後に気付きますが、英語上達の本当に学ぶべきところは文法や単語の暗記・・・

そんな事ではないということです。



ラクラク英語マスター法に対する評価を、簡潔にまとめてみました。

「本当に、わかりやすい。網野さんだからこそ生み出せた英語教材だと思います、英語を習得できて本当によかったです」

「短期間で、みるみるうちに英語が話せるようになりました!もっと早く、この教材と出会っていたかったです。」

「今まで色々試しても英語がいまいち身につかなかったが、今回は着実に英語をマスターできていると思う。」

ラクラク英語マスター法には、その他にも多くの喜びの声が寄せられています。


短期間で簡単に、本当に英語を話せるようになりたいのなら、ぜひ網野智世子先生が監修したラクラク英語マスター法をお使いください!

みるみるうちに英語をマスターできることでしょう。

⇒英会話スクールでは英語が上達しないわけ



★TOEFLの概要
TOEFL(トーフル、Test of English as a Foreign Language = 外国語としての英語のテスト)は、アメリカ合衆国のNPOであるEducational Testing Service(ETS)が主催している外国語としての英語のテストである。その名称の通り非英語圏の出身者のみを対象としており、英語圏の高等教育機関による入学希望者の外国語としての英語力判定のために用いられる。
英語圏の大学へ留学・研究を希望する者を主な対象とした英語能力を測定するテストであり、英語による高等教育に適う能力の判定が目的である。1964年から実施されており、日本ではCIEE(Council of Int'l Education Exchange - 国際教育交換協議会)が窓口となっていた。結果は0−120点のスコアとして判定され、各教育機関によって志願者の選抜のために使用される。
TOEICと同様、受験の時点での自らの英語力を測定するテストであり、取得による特典はない。
現在のテスト形式は、2005年より開始されたiBT(アイビーティー、Internet-Based Testing、TOEFL iBT)と呼ばれるComputer Based Testingである。
リーディング(Reading)、リスニング(Listening)、スピーキング(Speaking)、ライティング(Writing)の4部から構成されており、試験時間は約4時間である。リーディングかリスニングの何れかには「ダミー問題」と通称される、スコアには影響しない設問が追加されており、それにあわせて全体の試験所要時間も変化する。受験者には正規の問題とダミー問題との見分けは出来ない。
wikipediaより抜粋


網野智世子 中国語
金井英之 口コミ

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よここseey
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/amino4hyou/index1_0.rdf