あみだくじの方法
2011.03.14 [Mon] 16:27

一般的に行われている方法は以下の通り。

紙にクジに参加する人数分だけ縦線を平行に引く。
一方の線端(上側)には氏名などを記入するための欄を空けておき
もう一方(下側)にはクジの結果をあらかじめ書いておく。

梯子状に横線を書くが、互い違いとなり横線が
2つより多くの縦線に触れてはならない。
公平性を確認するため、クジの用意者以外の参加者も自由に横線を書き加える。

この際、クジの下線端は紙を折るなどして見えないようにする。
ジャンケンなどで上線端を選ぶ順序を決定する。
引き方 [編集]順序に従い、重複しないように任意の線端を選んでゆく。

全員が上線端を選びしるしなどを付け終わった後、クジの下線端を開く。
各々、自分の線を下へ辿ってゆく。辿るルールとしては、
必ず下方向へ行く、横線があれば必ず曲がる、がある。

たどり着いた場所に書いてあることが選んだクジの結果となる。