レッスンレッスン汗 

May 19 [Thu], 2005, 19:05
今日はレッスンだったぁぁあああああ
結構練習がんばったつもりやったけど1週間って短いんですね!

全然譜読み進まず。

それでもハノン&スケール合格!
でもツェルニーは・・・・・最後がまだまだまだまだ汗

バッハなんて・・・・・無理。
もう半年ぐらいしてる気がするけど笑

ベルガマスクはがんばったよ!!うん笑

綺麗な音ぉ 

April 22 [Fri], 2005, 22:26
最近ピアノさぼりがちだなぁぁぁあ・・・
だめですね・・・。ちゃんとがんばらなん・・・・

ベルガマスク組曲、まだ譜読みすすんでないィ〜
ぺダル難しいです・・・。
でも、1個1個音をひろっていくとやっぱ綺麗なメロディーですよね><
連休はがんばって練習するぞぉ!!!!!!

レッスン日w 

April 11 [Mon], 2005, 23:32
ぁあ〜〜〜今日はレッスンだったぁ
結局、ハノン・チェルニー・バッハは全然練習せず笑
まぁ、ハノンは何とか弾いたけど、スケールはダメでしたw
ほんとにボロボロで
チェルニーも、、、、
「しょ、、、しょけん?!」
という状態・・・・
バッハなんか2週間ぶりぐらいでつっかかりひっかかり・・・・死
今度からはちゃんと基礎からがんばります・・・。www

ベルガマスクのほうは、まぁまぁ弾けたからよかった!!!!!!

ぁあ〜むずかしっ 

April 09 [Sat], 2005, 0:39
難しいぃぃ〜〜〜!!ベルガマスクぅぅぅ!
これはなかなか弾けませんよぉ!!
でも、いつものうちに比べると結構譜読み早い!!
今は、1ページと5行ぐらい弾けます!つっかかりながらだけど・・・
なんか、CDの音と、ヴェルレーヌの詩が頭ん中をグルグル回ってます!
綺麗なメロディーなんで、はやく弾けるようになりたいです!!
でも指使い難しいよぉぉぉ!!

ってか、、、、
ハノン・チェルニー・バッハのほうは今週一回も弾いてなぃ汗
ぃやぁ・・・練習曲はやる気が出ないものですね!!

そんな中、ドビュッシーのつくった練習曲を聴きましたぁ〜!!
練習曲だけど、聴きごたえのあるきょくばっかです!
もぅ、練習曲ってもんじゃないですよ!
ぜひぜひ、ひいてみたいなぁ

ベルガマスク組曲 

April 02 [Sat], 2005, 15:32
発表会の曲決まりました!!
ベルガマスク組曲よりプレリュードです!!
さっそく今日から練習開始!が、即挫折!!
和音が1オクターブと2つ離れてるんですが・・・。
まぁ、手はでかいのでギリギリとどくけど
普通ムリです。
どうやって弾くんだろ〜〜〜><わからんwww

軽くこの曲について調べてみました!
ドビュッシーは、この曲をなんと15年かけてつくったそうです!
ベルガマスクの意味なんですが、2つ説があるんです!!
1つめは「ベルガモ地方の」という意味。
ドビュッシーがイタリア留学中に、北イタリアに位置するベルガモ地方を訪問した時に、この地に伝わる舞曲「ベルガマスカ」に強い印象を受けて、ベルガモ地方の自然なんかをイメージして作った!!ということです。
2つめは、彼の愛読したヴェルレーヌの詩集「雅な宴」の中に出てくる
「18世紀の宮廷的な(ベルガマスク)」からとられたとう説。
ドビュッシーは、ヴェルレーヌの詩を特に好み、たびたび作曲の材料として取り入れていました。そしてまた、ヴェルレーヌとも個人的な付き会いもしていたそうです。
ヴェルレーヌの詩なんですが、この詩が元になったんじゃないかな、、、ということです。

君の心は選りすぐりの風景画だ
その中でとりどりの仮面をつけて魅惑的な衣装をまとい
リュートを弾き、踊りながら歩く人々は
奇抜な仮装の下で何故か悲しげにみえる

愛の勝利や成功した人生を
短調で歌う彼らはしかし
自らの幸せを信じているようでもなく
その歌声は月の光に溶けてゆく

梢の鳥たちに夢見させ
大理石の彫像の間のしなやかな噴水を
恍惚とすすり泣かせる
悲しげで美しい月の光の中に

ベルガマスク組曲の3曲目には題名に「月の光」とついています。
やっぱりこの詩を意識してつくったのでしょう。
きらびやかな衣装を着けて華やかな宴に打ち興じているように見えるけれど、どことなくけだるく悲しい憂愁を漂わせた人たち、彼らを包む薄明かりの情景・・・
(((私が持っているCDの解説の言葉より)))<小/>
きっとこんなイメージなのでしょう!!




ドビュッシー?? 

March 28 [Mon], 2005, 11:22
今日はピアノに行ってきましたぁ!!
私、YAMAHAで習ってるんですがかれこれもう中3になっちゃうんで、、、、10歳ぐらいの子達の中にポツン・・・といます笑
もう習い始めて7年たつんじゃないかな・・・笑
今年は受験なんで、もう進路とかどうしよぉぉって感じです( ̄〜 ̄;)

今はハノンとツェルニー(40番)とバッハとメインの曲(主にソナタ)をやってるんですが、やっと
モーツァルトソナタKV 311(284c) ←これって名前??wが合格!!できました笑
次は発表会用の曲なんですが、ドビュッシーがいいんじゃない??って言われました!!
ドビュッシーってかも!!

クロード・ドビュッシー(1862-1918)
ロマン派とそれ以降の音楽の橋渡しをしたとされる印象派の作曲家。
長調・短調による音楽が行き詰まりを見せたとき、バッハ以前の教会旋法を復活させ曲中に取り入れる。調性に縛られない音楽、すなわち調性を崩壊させて書いたことによって、十二音技法などの音楽への扉を開いたのかもしれません。
○●主なピアノ曲●○
ベルガマスク組曲(1890)
ピアノのために(1894-1901)
版画(1894-1903)
映像第一集(1904-1905)
映像第二集(1907)
子供の領分(1906-1908)
前奏曲第一巻(1909-1910)
前奏曲第二巻(1910-1912)
12の練習曲(1915)
○●主なオーケストラ作品●○
牧神の午後への前奏曲(1892-1894)
夜想曲(1899)
海(1903-1905)
管弦楽のための映像(1905-1909)
○●様式●○
新旋法性
開放和音
九度の和音
平進行
全音音階

☆ここに挙げたのは和声学的な側面、それもごく一部です。一応の目安となる作品を挙げたものの、他にも主要だと思われる曲は多い。歌劇、合唱、歌曲、室内楽などにすぐれた作品を残しています。

だ、そうです!!引用→はてなダイアリー様よりv

私はベルガマスク組曲なんかがいいんじゃない??といわれました!!
ん〜CD借りてみよッかな〜〜><

love music 

March 27 [Sun], 2005, 19:04
みなさんこんにちゎ(*σ∪σ)
ここでわ、まぁ日記というより
Love Music
的な事をかいていけたらとおもいます!!
まぁ、曲の感想とか、、、紹介みたいなかんじで!!
がんばるぞっ
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ami-komi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる