留学前

July 27 [Wed], 2011, 21:31
高校で1年間の留学を終えた私の頭の中にあった次の考えは、アメリカの大学に行くことでした。学校選びは、そのころはインターネットも普及していなかったので、本を集めたり、現地で出会った人々に協力を求めたり。

アートをメジャーにするとは思っていましたが、アートスクールには入るつもりは無く、結局は州立としてはレベルの高いニューヨーク州の北の方にある大学に決めました。卒業後を考慮すると、やはりそれなりに名前の通った学校のほうが有利ですから。

そして2年後、もっと自分にあった学校をニューヨーク市に見つけ転入しました。
-サンダーキャッツ

留学中の生活

July 29 [Fri], 2011, 21:49
勉強、アート、学食でのアルバイトに明け暮れていました。英語は困らなかったのですが、やはりテストの期間は猛勉強でした。

アメリカでは在学中に良い成績をとれば、卒業証書にその成績によってグリークの名前を授与されます。マグナ、クム、ラウデなどです。そしてそれは履歴書にも堂々と書き加えることができるんです。
-サンダーキャッツ

感想

July 31 [Sun], 2011, 21:59
Binghanton Universityは、ニューヨーク州の田舎にある設備の整った学校で、日本人は少ないですが、留学生に優しい学校です。車が無いという点で1年生はみな同じ状況なので、上級生と仲良くなったりバスを利用して買い物に行きます。もちろんキャンパス内でも十分何でもそろいますが。

また、Brooklyn Collegeは、留学生の上級者用といった方がいいでしょうか?自分でなんでもするつもりが無ければ大変かもしれません。周りの生徒も、親に学費を出してもらってる人はほとんどいませんでした。
-サンダーキャッツ
カテゴリアーカイブ
P R
ブログランキング