オーナーが発見した頼りになる実話とは!?

January 17 [Thu], 2013, 18:24
近所のストアの責任者がこれは絶対目玉になるというとても自信のある製品を持っていました。
この品物自体はすごく価格の安い商品でした。
しかしながら、いくらアイテムが価格が安くてもさっぱり製品が売れる気配がありませんでした。
お店の店長は品物が売れず無力感にうちひしがれ立ち往生してました。
ある日、アイテムの見せ方がパッとしないと友人から意見を耳にすることができました。
販売店のオーナーは友達からの忠告をもとに試行錯誤しました。
そこで思いついたのがPPというビニール袋でした。
透明袋に入れると見栄えがよくなり安い商品も価値のある品物にかわりました。
それ以来、今まで売れなかった商品が勢いよく売れ、店舗のマネージャーは上機嫌となりました。