気長に見定めても岩石です!

January 24 [Thu], 2013, 8:32
先週友達より佐川急便で丹波名産の山の芋がやって来ました。
友達は少し前に愛しんでいた犬を事故で失ったので、大切な愛犬の命日にと百合の花束をお慰めに送りました。
中々会えない友達は命日を覚えていた事に心から喜んでくれ実家名産の山の芋をお礼に送ってくれました。
急いで箱を開けると「これは何?」山の芋の姿が見当たりません!箱キチキチに茶色いオガクズが入っていて其れを除去すると内側からやっこさん?が現れました。
「ん?岩石?」って思えるほど黒くてゴツゴツした山の芋。


短冊に切って食べる事しかひらめかない私(涙)思案していると芋を取り出したオガクズの下にピカッと光るOPP封筒を見つけました!それを取り出してみると中に小冊子が入っていて調理例が何通りも紹介してあり思わず食付いて(笑)しまいました。
山の芋は、どんな調理法でも全てウマし!小冊子のどの写真もヨダレが出そうなんです♪其れが私のヤル気に点火し山の芋料理に惚れた発端となりました。
料理関係のHPを検索したり友達に電話して教えて貰ったり山の芋料理のバリエーションの多さに改めてビックリでした!寒いシーズンは自家製ホワイトソースにおろした山の芋をいっぱい混ぜてオーブンで焼くと香ばしくって滅茶苦茶美味です!後平凡ですが、エビを忍ばせて天ぷらにしてもオツですよ。
20種以上のレパートリーが増え、其れを友達に自慢する喜びを知りました。
結局シンプルな素材ほどいっぱいアレンジ出来て私らしさが出せ面白いですね!で、最後に分かった事は一番要望の多いのは簡単に焼くだけとか。


ガッカリ(涙)でも大好きな友からの贈り物のお蔭で私の楽しみが一つ増え有り難い気持ちでいっぱいです。
まだ何個か残っているので、今日の夕飯の献立はみんな大好き揚げ物に決定!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/amerikaizuba/index1_0.rdf