どこから検分?しても黒い岩石に見える?

January 24 [Thu], 2013, 7:10
先週友達よりゆうパックで丹波名産の山の芋が配達されました。
友達は一年前に可愛がっていたワンちゃんを病気で亡くしたので、命日にと淡いピンクの花束を送りました。
遠く離れた友達はワンちゃんの命日を覚えていた事に心から喜んでくれ故郷名産の山の芋をお礼に送ってくれました。
配達されたBOXを開けると「これは何?」有るはずの山の芋が見当たりません!BOXいっぱいに粗いオガクズが入れてありそれをほじくると奥の方からブツ?が現れて来ました。
「ん?岩石?」って思えるほど土まみれの山の芋。


おろしてご飯にかける事しか考えられない私(汗)思案しているとオガクズの下から何やら光るOPP封筒が!!それをピックアップすると中に山の芋の説明書が入っていて様々なジャンルのお料理が載っており速攻、開封しましたよ!山の芋は、揚げても煮ても焼いても旨し!説明書の写真はどれもウマそうなんです♪其れが心の奥底の料理魂に大きな火をつけ山の芋料理にハマり出した発端となりました。
ネットで調べたり料理好きの友人にたずねたり山の芋料理の品目の多さに改めて驚きました。
寒い時期はベシャメルソースにたっぷりのおろした山の芋を合わせ焼くとまろやかでとっても美味しいです!後、これは一般的ですが、海苔に付けて揚げてもイケますよ。
たくさんのマイレシピが作れ、プチ料理教室を開催する満足感を得ました。
素材はシンプルなほどたくさん遊べて独自性が出せとても興味深いですね!で、最後に分かった事は一番要望の多いのは素朴な煮物料理とか。


カナシイ!でも友からの贈り物のお蔭で私の慰めが一つ増え感謝の気持ちでいっぱいです。
残り一個あるので、今日の夕飯のメニューは山の芋入りお好み焼きに決定!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/amerikafuro/index1_0.rdf