同じ神を信じる者同士信頼し合って団結しようではありませんか 

February 24 [Fri], 2012, 2:30
中東地域がずっと騒がしい。
長期独裁に反対する民衆デモから始まっているこの一連の騒動。独裁してるのはたいてい軍部。そしてリーダーは軍人出身者。つまり非常に世俗的な勢力が長期の独裁体制を敷いて宗教を制限してきたわけです。その背後には冷戦時にはソ連の影響があり、その縁があって今もロシアとは関係が深かったりするわけです。最近では中国も経済的に攻勢をかけています。

独裁体制が倒れたあとどうなるかというと、全く白紙でゼロからのスタートというわけではないようです。動乱のあとの国家体制。それはクルアーンに書かれてはずです。つまり憲法の基本はすでに成文化されています。こうしてイスラム共和制になっていくことに欧米諸国は懸念を示し、イスラム諸国もそれに反発するわけです。

しかしエホバもアッラーも同じ神。「偶像を信仰してはならない。唯一神を信ぜよ。」と教えた預言者たち、モーゼが、、イエスが、ムハンマドが、彼らが言う神は同じなのです。
信仰の仕方は違うにせよ同じ唯一神を信じるイスラム国家と欧米キリスト教国家ならいくらかは信頼できるのではないでしょうか? 
唯一神を信じる彼らにとって真の敵はロシア(ソ連)、中国(中共)のような無神論者なのではないでしょうか? それはシリア制裁の国連安保理決議を見ても明らかでしょう。
仲間割れしている場合ではありません。ロシア、中国という無神国家の影響力を排除すること。これこそが「聖戦」なのではないでしょうか?


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:せんきよBOY
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる