このブログ

September 17 [Sun], 2017, 14:27
10年以上書いてるんだね。
書いてるって言っても、途中やめてたり最近は全く書いてなかったりだけど。


別に10年前と、私なんも変わってないなぁ。


人生いろいろあったけれど、
別にそれで「私」は変わってない。


それはいいことなのか悪いことなのか。


わかんないけど、
成長
は、していきたいよね。


あと10年後も20年後も、この調子じゃなにも変わってなさそうだけど、


最近は自分の性格や人生を受け止めて、それなりに楽しくやってるから、
このまま平和に生きていきたいな。




いつ死ぬのかわかんないけど、
もしかしたらおばあちゃんになるまで生きるのかもしれないから、
老人ホームに入る資金くらいは蓄えなきゃいけないかもな。
いくらかかるんだろう…
個人的な年金とか入っておくべきだろうか…

母親の呪いってあるらしいよ。

July 18 [Tue], 2017, 21:51
お母さん大好きなんだけどね。


お母さんはお父さんに苦しめられてかわいそうだと思って生きて来たんだけどね。


なんかあるらしいね。


心理学的に。



で、そういう人って結婚できないらしいね。

幸せになっちゃいけないって思っちゃうらしい。深層心理で。






「お母さんのこと、かわいそうだと思わないの?!」


ってお母さん自分で言っちゃってたもんな。


ちょっと私が楽しそうにしてると
「いいよね、幸せそうで」
って言ってたし。


ちょっと早く帰って来てピアノ弾いてると
「手伝いしたくないから、そうやってピアノ弾いてるんでしょ」
とか。




お母さんがママさんバレーに行ってる間に洗い物しないと
「これくらいもしてくれないんだ」
とか言ってたし。
だからなんかもう、「洗い物をお母さんが帰って来るまでにする」っていうのは、義務だったし。


お母さんが車で買い物に行った時は、帰って来たエンジン音を聞きつけて荷物持ちに外に出ないと
「お母さんに重い荷物持たせればいいと思ってるんでしょ」
とか怒ってたし。


こういう部分だけ書き出すと、なんか私の生き方ってなんだろう、どこのシンデレラ…。


お母さんもいっぱいいっぱいだったんだと思う。


子供のために離婚しないとか言ってたけど、


こんなにケンカばっかりして愚痴ばっかり聞かされるんだったら、離婚してよと思ってたし


子供がいなければ離婚するなら、いなくなってやろうかと思ってたし




なんていうか、
父親のことばっかり恨んで生きて来たけど、


そればかりではないのかもと
今さら思ったり。


でも母をそんなにしたのは父だと思うし。




お母さんは優しい人だったし。


家事、子供のために一生懸命やってたのは事実だし。
ご飯おいしかったし。




心に余裕のある時は穏やかだったし。






…なんか私やっぱり似てるなぁお母さんに。


人への対応の仕方、考えよう。




心に余裕のある時のお母さんみたいになりたい。

夢にお母さんでてきた。

June 27 [Tue], 2017, 6:23
2008年1月8日。
病院の先生に、お母さんにわからないようにはやく病院に来てくれと言われ。


治らない脳腫瘍だと聞き。
言うか言わないか
治療をするのかしないのか
決めた。
治療をするのかしないのかは、いとこのおばさんに電話した。

私は治療すれば治るんだと思って、
早く治療してほしいと思って、
でもそれは大学病院でしかできないって、
なかなかいけなくて、




でもよく考えたら、
大学病院に行くまでの間、
お母さん、ちゃんと喋れたし、動けたし。


なかなか大学病院が空かなくて、
早くしてよなんて思ってたけど、
あの治療前は、すごく普通だった。
多少、見えづらいって言ってたけど。
喋ってた。
歩いてた。


死んじゃう病気だって、お母さんに伝えたらさ、
その間に何かやりたいこととか、伝えたいこととか、あったんじゃないのかな。




だいたい、治療を始めてから、転がるように悪くなっていったけど、


治療しなければ、もしかして、長く生きれたんじゃないのかな。




もしもはないけど。




やっぱり告知はしたほうがよかったし、
治療をするのかしないのかは、お母さんが自分で決めるべきだった。




お母さんの手帳にね、
「医者は可能性のある病名を言うけど」
って文があってね、
なんて言われてたんだろうね。




死んじゃう病気だって言われて、お母さんが耐えられる人だったかはわからないけど。




治療も、きっとするって言った…かな、どうかな、それはわからないな。


もっとちゃんと聞いたかな。


治療をしたらどうなるのか、しないとどうなるのか。




あのね、
「癌で突然死」
って聞いたことなくない?
「心臓発作で突然死」
はあるのに。


みんな、
治療した末に亡くなる。


癌治療って、(お母さんの場合神経膠腫だけど)しなきゃいけないのかな。




後悔ばかりで頭がいっぱい。

告知は必要

June 23 [Fri], 2017, 17:22
お母さんに病名伝えなかったこと、
医者の言うがままに治療したこと、
一生後悔する。
けど、
私がいくら後悔したところでお母さんは生き返らない。




願わくば、
私と同じような過ちを繰り返す人が今後ありませんように。

いろいろあってもさ

June 01 [Thu], 2017, 23:19
なんか人の悪意に触れると気持ち悪くなるし、
自分がしたことで嫌な思いさせたかなって思う時もあるし、
不信感をあびることもある。


いろいろあるけどさ、


もし、明日死んじゃうとしたら、
すべてどうでもいいことなんじゃないのかな。




人間いつか死ぬんだし。




死んだらどうなるんだろうなぁとか空を見ながら冷静に考えると、




とりあえず、日々起きるいろいろは
些細なことのような気がする。


まとまらないけど。




なんかいつも何かに追われて、
失敗しないように、
きちんとして見えるように、
ってがんばって、
でもうまくいかないからイライラして、
そんな悪循環を繰り返すより、


まぁいっかー
と、のんびり構えて、
ゆったりと生きていきたいと思うのです。

今の私が一番好き

April 13 [Thu], 2017, 22:52
いろいろ仕事は悩みますが。
今の私が一番好きです。
今一番、平穏に生きてる気がします。

最近なんだか楽しい

January 12 [Thu], 2017, 21:03
クラスにいる時が一番楽しい。


子供たちとの関係がいい。


私と子供だけでずーっと過ごしたい…
それはそれで大変か笑




学級のことだけやっていられたら、
すごく楽しいのにな。


発達障害が生きにくい世の中なのかな

November 12 [Sat], 2016, 21:20
お魚くわえたどら猫を追っかけて裸足でかけて行ったり
買い物しようと街まで出かけたが財布を忘れたりする
3歳の息子をもった24歳の女性がご近所に住んでいたら、


現代では
♪みんなが笑ってる〜お日様も笑ってる〜


って場合ではないのではないかと思う。




「のび太・ジャイアン症候群」という本で、のび太くんやジャイアンはADHDが当てはまるって話は結構有名では、って思うけど、


サザエさんも結構ADHDなのではって最近よく思う。


あの衝動性、多動性、不注意、どれを取ってもADHDの特性では。。。


でもそんなサザエさんがさ、生きにくくしてるかといったら全くそんなことはなくて、
むしろなんか毎日楽しそうにしてて。




なんか、いろんな特性をもった人を受け入れる社会体制みたいなのが必要なのではって。


もしくはただ単に余裕のある社会にすればいいのか。




漫画とかドラマとかそういうのの主人公って、結構発達障害っぽい人多い。
だって、「普通の人」じゃ話進まないもんね。


でも、その発達障害っぽいことで苦労をするんじゃなくて、
大抵、なんかすごいことをやりとげちゃうんだよね。


個性ってそういうことなのかなと。


一人一人が、自分にできることを。
自分の得意なことを生かして。
苦手なことはフォローしてもらって。
責められるんじゃなくて笑い飛ばしてもらいながら。


そういう世の中になればいいのに。



なんかこう…

September 28 [Wed], 2016, 21:14
集中力とか
臨機応変にとか
気を使うとか
気を回すとか


そういうのが必要な仕事全般
難しいんじゃないかと思う。


私なりに努力をしようとはしているけれど、


メモをしよう
と思ってもメモを忘れたり


落ち着いて話そう
と思っていても、話しているうちにアドレナリン出てきて止まらなくなったり


不注意と衝動性が止まらない。


衝動的なら、臨機応変がさぞかし得意かと思いきや、
考えて動くのが苦手で、
考えられない、動けない
自分でその場の状況を考えて、
適切な行動をとることができない。


計画性もない。
長期の見通しをもつのが苦手。


あ、卓上カレンダーを使おう。


前使ってたのに、なんで最近使ってなかったんだ。






っていう風にね、
自分で考えて、自分に支援をそれなりにはしてるつもりだけど、
それが続かないことも多いし、うまくいかないことも多いし、
うまくいったとして、すごく考えてすごく時間をかけて、すごく慎重に考えて、やっと適切な行動がとれるわけで、


なんかそんなに考えなきゃ仕事できないのをずっと続けて、そのうち責任ある仕事もするようになってって、
たぶん無理なのでは。




でもすごく考えないと、何しでかすかわかんないし。


でも頭で考える前に行動する、みたいな行動力にもすごく憧れるし。


私はどんどんどんどん悪い方にばっかり考えて、
人に話しかけることすらできないし。




失敗をいつまでも考え続けるし。




仕事をしていくことにすごく向いてないんだけど
何なら向いてるんだろうか。




なんか、江戸から明治時代くらいを生きてみたいんだけど。
それがむいているのかは、わかんないし試しようがないけど。
人生にもしもはないから。


でもなんかね、
電化製品とか通信機器がほとんどない時代なら、
情報量も現代ほど多くなくて、ゆっくり判断できる時代だったら、
私は生きやすいのではと少し思う。


だから、昔だとしても戦国時代の将軍とか無理だね。
多くの情報を整理して、最善の策を、とか絶対無理。


だからやっぱり時代じゃないのか。
向き不向きか。


人を怒らせる心配がなくて、
時間にゆとりのある仕事。
そんなのあるのか。


子供たちに授業をするのは楽しい。
「今日の勉強楽しかった♪」
とか言ってもらえるとうれしい。


だから、ずっと言ってるけど、好きか嫌いかといったらこの仕事好き。


向いてるか向いてないかといったら向いてない。


なんとかならないもんだろうか。

誰かに話を聞いてほしい

September 25 [Sun], 2016, 11:08
否定せずにただただ聞いてほしい。
意見もいらない。
批判はもっといらない。
ただただ話を聞いてほしい。
P R
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
なっちゃんがくれたおさるさん
名前:あんちゃん
ちなみに「あんちゃん」の発音は「兄ちゃん」でも「杏ちゃん」でもなくて、全部平坦に「あんちゃん」です。「炭酸」みたいな。
趣味:ピアノ、写真(デジカメでバシバシとりまくり。2泊3日の旅行に行けば軽く300枚は撮ります(笑))
なりたい人物像・・・立ち居振る舞いがきれいな人。まわりをふわぁっとやさしいオーラでつつめるような人。つまり、一緒にいて安心できる人になりたいな。
小学校の先生してます。二年目突入です。
私の周りにはいい人しかいない。
ずっとそう思っています。
産休代替のときの学校も、初任としてきた学校も、すてきなお父さんお母さんお兄さんお姉さんがいっぱいです。
今までずっと末っ子のように甘えてきたので、4月から下の子が入ってくるのがとっても不安。
これからは頼れるかっこいいお姉さんになれるようにがんばります。
出会った子どもたちと真剣勝負。
てきとう、それなり、マイペース
月別アーカイブ