天候制御 

November 20 [Tue], 2007, 15:03
とうとう雨を実際に操ってしまう技術が出てきたのでしょうか。
この記事によると、雨を人工的に降らせることをすでに行っていることがわかりますが、その技術において中国が先端を走っていることもなんとも強引な気がします。
しかし、確かに中国の雨はここ一番のところでどっさりと降ることが多かったです。いったん大雨が降りだすと、周辺の交通事情は混乱を極め、下水設備の容量もあっさりと越えることがあったため、オリンピックの開会式でこんな雨は降らせまいとの一心で研究が進んだと考えられます。
また、多くの要人が集まる主要会議も多く開かれるようになり、交通混乱はどうしても避けなければいけない訳ですね。交通事情を整備するよりは、雨を制御することの方が簡単だったのかもしれません。

トラクションコントロール 

November 14 [Wed], 2007, 13:50
FIAは来年からのF1で、トラクションコントロールの使用を禁止した。
厳密に言うと、トラクションコントロールとなりうる機能やそれを助ける警告などを禁止した感じでしょうか。
僕はこのレギュレーションに大賛成で、ドライバーの技術力が発揮される場が増えたことによってもっと面白いレース展開が見られると期待しています。
また、この機能がもっとも発揮されていたコンディションはウェットコンディションであり、より一層雨の恵みを受けて観客を魅了することでしょう。
来年は新しいストリートコースも加わるため、バンピーな路面が増えるので、こういうコンディションでも思いのほかテイクオーバーが見られるかもしれません。

シンガポールGP 

November 14 [Wed], 2007, 13:28
シンガポールGPが来年から開催されることになりました。
何といっても、最大の特徴はナイトレースでしょう。
オープンホイールのレースカーが夜に一般道路を疾走するシーンは、映画で見たような気がしますが、はっきり言ってドライバーにとっては怖いんじゃないかなーと思ってしまいます。
安全確保には十分に気とお金を使ってもらいたいもんです。視界不良が原因のアクシデントなんかが起きれば、即刻中止にして、お昼のレースに変更してもらいたいと思います。
な、ぜ、な、ら、
ちょっとお金の匂いがプンプンし過ぎるからです。ナイトレースにしたのは、アメリカ、アジア、ヨーロッパのみんなが起きている時間にライブ中継できることを狙ったんじゃないかと思います。
もちろん巨額の資金が必要なF1では、スポンサー獲得は重要な側面ですが、もう少しモータースポーツへの情熱なんかが感じられるといいなーと思ってしまいます。

ブラジルGP 

October 23 [Tue], 2007, 15:11
今年のF1GPチャンピョンシップを制したのはこのライコネンでした!稀に見る大逆転です!!

中国GPからこの最終戦までは、レース+チャンピョンシップを意識した戦いとなっていました。
ハミルトンは経験のなさが前面に現れてしまい、アロンソに至ってはチームとの関係を大事にしなかったためにセッティングをフェラーリほど決められなかったように見えました。

そんな中、ライコネンは最後まで自分のレースをし、完璧なレースを見せてくれました。
このチャンピョンシップのタイトル争いの中で、独走1位の体制を作ってもなお、ファステストラップを叩き出した時にはびっくりしました。タイトル目前で自爆していったライバルたちを目の前に、このライコネンの走りは素晴らしくかっこよかったです。感動です!

天気予報機能つき傘 

October 16 [Tue], 2007, 16:23
もう一丁すごい傘です。
傘が天気予報を知らせてくれるそうです。

普通はテレビなんかで天気予報を見てから傘を取りに行きますが、これは逆ですね。
と、思っていましたが、
玄関の傘立てで傘が青っぽく光っていて、持っていかないといけないことを教えてくれるとしたら、それはかなりかっこいいですね。
materious

自立する傘 

October 16 [Tue], 2007, 16:10
自立しているだけじゃなくって、かっこいいですね。
http://100per.com/

中国GP 

October 09 [Tue], 2007, 8:26
中国GP決勝でも雨が降ってくれました。日本GPの大雨とは違って、降ったり止んだりの今回の雨は、まさにF1のための降り方をしてくれました。

この雨で一番痛いダメージを追ったのはハミルトンでしょう。
もちろん、チャンピョンシップ争いにおいては、すでに十分なポイントマージンを稼いでいるので、まだまだ有利なポジションには変わりありませんが、あのリタイアはまずかったでしょう。

タイヤが傷んで曲がりにくいのは分かっていたにも関わらず、ピットレーンで曲がりきれず、そのままマシンの腹がつっかえて動けなくなっちゃいました。
やっぱりルーキーなんですね。少し可愛かったです。

そんな中、ライコネンはしっかりと10ポイント稼いできました。さすがですね。
良いレースを見せてくれたことはもちろん、チャンピョンシップ終盤にきて一気に盛り上げてくれました。
残るブラジルGPが楽しみでしょうありません。

雨を操る? 

October 05 [Fri], 2007, 14:46
狙った場所に雨を降らせる技術があるらしいです。

こちらの記事によると、どうやらまだ実現はしていませんが、雲と雨の仕組みが解明されれば可能と考えているそうです。

ちょっと待ってください。
雲と雨の仕組みって分かってないんですか?

もう少し記事を読み進めると、こんな文章がありました。
「原子炉と違い、ふだん見慣れているぶん錯覚しがちだが、雲や雨は、いまだにその生成や発達過程が物理的に解明されていない複雑な自然現象だ。」

うわー、知らんかったー。

ブログを始めてまだ3日目なのに、こんなに大きな事実に出会うとはすごいです。

日本GP 

October 05 [Fri], 2007, 13:39
富士スピードウェイで開催された今年の日本GPは大雨のレースとなりました。
雨の中をF1マシンが水しぶきを上げて走る姿は、もちろん僕にとってはファンタスティックですが、ちょっと降り過ぎちゃいました。

テイクオーバーがしにくい最近のF1は、雨が降ることでぐぐぐっと面白くなります。
予選でのにわか雨なんて最高です。

マシン性能が上がりきって、空力競争をしてる感じだから、ドライのF1はどうせまたポールトゥーウィンでしょって感じです。
ドライバーの腕よりもマシンの差じゃないでしょうか。

雨はそんな退屈な環境をある程度ふっ飛ばしてくれるし、ドライバーの腕や経験、チーム戦略とか賭けなんかが見られるようになって面白いです。

やっぱり雨はすごい。

ワイパー 

October 04 [Thu], 2007, 14:40
車のワイパーのびびり対策をしました。

あの、ワイパーがびびる感触が嫌いを通り越して鳥肌が立つのですが、どうしても前が見にくくなるとワイパーを使わざるをえません。
毎回ワイパーを動かすたびに、今すぐワイパーを交換してやろうと思うのですが、家に帰ってくるとなぜか忘れちゃってるんです。

今日はなんとか覚えていたので、モリワイパーでびびり対策をしてやりました。
次の雨が楽しみです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ame_fure
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・自動車-Formula1
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 天候制御 (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 天候制御 (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» 天候制御 (2008年10月10日)
アイコン画像RAOSU
» 天候制御 (2008年10月03日)
アイコン画像チャーリー
» 天候制御 (2008年10月01日)
アイコン画像南雲
» 天候制御 (2008年09月22日)
アイコン画像佳奈美
» 天候制御 (2008年02月19日)