排気ガスのH2O 

May 07 [Fri], 2010, 15:12
ディーゼルエンジンの特徴として、Sootが出やすいことがありますが、
最近では各メーカーの企業努力で、非常に低く抑えられているので、
ディーゼル車の煙モクモクがあまり見られなくなっているわけです。

たまに、信号待ちをしていて発進時に前の自動車のマフラーから
タラタラと水が落ちるのをみたことがあると思いますが、
これは排気ガスのH2Oが原因なのです。

排気ガス 

April 07 [Wed], 2010, 15:12
最近はあまり見掛けなくなりましたが、
少し前まではトラックなどのディーゼル車で黒い煙を
モクモクマフラーから吐き出しながら走っていることがありましたね。

見るからに健康には大変悪そうでした。

しかし、では自動車の排気ガスって何なの?と聞かれると
あまりよく判っていないのではないでしょうか。

自動車の排気ガスには大きく分けて7種類あります。
1.CO(一酸化炭素)
2.HC(未燃炭化水素)
3.SOx(硫黄酸化物)
4.NOx(窒素酸化物)
5.Soot(すす)
6.CO2(二酸化酸素)
7.H2O(水分)
意外と、いろいろな成分がありますね。

市販レベル 

March 07 [Sun], 2010, 15:11
燃料電池自動車には、さまざまなメリットがある、と前回書きました。

ただ、現在燃料電池の原料として使われいる水素を
大量に生産する仕組みや燃料電池自動車自体を生産するコストが
非常に高いなど様々な問題があり、
なかなか市販レベルには到達出来ないのだそうです。

しかし、各自動車メーカーは
それらの問題をなるべくクリア出来るように、
日々開発を進めているようです。

燃料電池 

February 07 [Sun], 2010, 15:10
みなさん、燃料電池という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

現在ではパソコンの電源の一部や自動車などにも使われようとしています。

そもそも燃料電池とは、化学反応で得られたエネルギーを利用とするもので、
非常にクリーンな動力源として期待されているものです。

燃料電池自動車のメリットとしては、
排気ガスの殆どが水分しか出さないこと、
ガソリンエンジンに比べるとエネルギー効率が大変良いこと(約2倍以上といわれている)、
原料が石油以外から調達出来るため枯渇問題を避けることが出来る、
電気自動車とは違い充電などの作業が必要ない、
などいろいろな面で優れているといわれています。

三菱自動車 

January 07 [Thu], 2010, 15:10
電気自動車の開発の最先端とも言われる三菱自動車では、
軽自動車を改良して現在電力各社での走行実験をしているそうです。

i MiEVという車種では、一回の充電で160km走行出来るそうです。

しかも、充電を工夫すれば約30分という急速充電が可能だそうです。

但し、電気自動車の欠点としてやはりバッテリーが重く
車体の耐久性が落ちてしまうこと、
バッテリー自体の寿命があまり長くない、
あまりに静か過ぎて自動車の接近が判り難い、
などまだまだ課題もありますが、
各社とも市販レベルの電気自動車を目指して開発を行っているようです。
P R
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31