モラハラに学ぶ嫉妬の消化方法 

June 17 [Wed], 2015, 13:33
いけないと思いつつ、恋人の携帯というのは覗きたくなるもの。
こんなものは見たっていいことなんて一つもないのに、それでも見たくなるのが人間の性。
いや、見たくならない人もいるとは思うけど。

いつも思ってた。
携帯もパソコンも放置したまま爆睡してて、私が見るとか思わないのかと。
まぁでも、なんていうか、だいぶテキトーなユルいところのある人だし、
そういう発想にも至らないのかもしれない。

ていうか、私、彼女じゃないけどね。
友達の携帯は見たいと思わないけど、好きな人となればそれは別。


で、開けたよね、パンドラの箱。

いろいろ思うところはあって書きたいことは山ほどあるが、
ドン引きされるであろう行いをしてしまったので割愛。

引っかかるモノは細々あるものの、別の女がいるとかそういう類は一切ない。
電話帳の「よく連絡するリスト」に私が入ってたのは唯一喜んだ点。

そして元カノ。
最初は外国人友達の一人かと思った。
がしかし、聞いてた話とかとつじつまを合わせると確実にあれが元カノ。
ちなみについ先日も連絡取ってた。

そこからFacebookで探すと、私と誕生日が一日違いの欧州美女。
「誕生日7月5日やろ?独立記念日の次の日だから覚えてた」
嘘じゃねーか。
元カノの次の日ならそりゃ覚えやすいわな!

モヤモヤがあふれる。吐きそうになる。
見たい、でも見たら後悔。
わかってても見てしまう。



で、またもや私を落ち着かせる反面教師はモラハラの元彼。
最近になって元彼の行動が「モラハラ」というのにぴったり当てはまるということが分かり、いい言葉があってすっきりしたなぁと思う今日この頃。

元彼のモラハラから学ぶ、嫉妬の解消。

彼氏がいるのに男友達と飲みに行って、一緒に写真撮ったりわいわい楽しむことを怒られる
これに対して、彼氏がいたって友達も大事!一緒に飲んだっていいじゃない!と思ってた。
今の私にそのまま返そう。
最終的には私のところに戻ってきたわけだし、たまには友達に連絡して飲もうと思ってもいいじゃない。
二番手なわけじゃなく、帰るところが私と思えばいい。
私だって飲んだ後足りないと思えばアンタレスでもチアーズでも酔ってかれでも行く。
言い方を変えれば、男友達の所へ行くわけだ。
最終的に帰ろうと思ったときに連絡したのが私なのであれば、何も問題ない。

Facebookに異性の友達が多い。楽しくやり取りをしたりして怒られる
これも同様。
付き合いの長い友達をどうこう言われる筋合いはない、と当時は思ってた。

元彼と連絡を取ってるんじゃないかと怒られる
引きずってる元彼がいようが、友達づきあいをしてる元彼がいようが、今はちゃんと彼氏に向いてるからいいじゃん!って思ってた。
連絡を取ったって、別によりを戻そうとか、浮気をしようとか、そういうものじゃないし。
過去があって今がある。
元彼がいた事実はどうにもできないよ!と、内心ムカついてた。
これも今の私へ返そう。
元カノという存在は変えられないし、それをどうこう言う筋合いもない。
今、目の前にいるのは私であって、その人を引きずっていようが、現在ここにいるのは私。
元カノとの関係は私が一切口を出せない次元のこと。


とか、考え出せばきりがない。
元彼に縛られてた当時に「なんでそんなこと言われなきゃいけないんだ」と思ってたことがすべて今の自分へ返ってくる。
そういう意味で、ほんとにあの人との1年半は勉強になったなと思う。
怒られ、罵られ、耐えた日々。
その時心の中で思ってたことを思い返せば、今の嫉妬心やモヤモヤは解消できる。
完全には消えないけど、少しは楽になる。
「自分だって前はそう思ってたじゃん。元彼のことをおかしいって思ってたくせに同じことを言うのか」

程度の差はあれ、嫉妬心ってのは誰にでもある。
ただ、心を落ち着け、逆だったらどうかと考えれば、なんとなく答えは明らかになる。

立場逆転でわかる元彼の気持ち 

October 16 [Thu], 2014, 22:38
ツイッターでは書ききれないのでつらつらと。
すっげー長いので要注意。

元彼と別れて、もっといい恋を、次こそは理想の結婚相手をと出会いを探し求め。
なかなか理想の条件に合う人が見つからず、途方に暮れつつも、とにかくいろんな人と知り合うべく奔走した。

そんな中、突然現れて、突然私を落とした人が一人。
理想の条件に合うところといえば、ちょっと強引なところくらいで、私が探してた条件にはまったく合わない人。
顔は悪くないけど好みではないし、身長は私がヒールを履くと超えてしまう、大卒ではない、富山の人でもない。
出会いを求めていろんな人と知り合って、何人かアプローチを受けたけどまったく響かなかったのに、
全く予期していなかった人が、知り合って三日で私をものにした。(というと言い方は悪いが)

当然、条件に合わない人だから私の本気度もそこまでではなくて。
でもほかの人で「とりあえず付き合う」ができなかったのに、この人にはあっさりとOKした。
何か惹かれるものがあった、といえば聞こえはいいが、自分自身なぜいいと思ったのかわからない。
そんな状態だから、悪い言い方をすれば「条件に合う人が現れるまでのつなぎ」と思っていた。
だったらもっと軽く構えて深く考えなければいいのに、言動一つ一つが気になった。
でも「そういう人もいる」って言い聞かせて我慢してたら、すぐに爆発した。

「何で私がこんなに我慢しないといけないの。イライラする。合わないし、別れたい」

でも結局吐き出したらすっきりして、ちゃんと話を聞いて受け止めてもらえたら満足した。

が、それで収まるわけではなく、その後も何かにつけてイライラする。
時間の合わせ方が特に気に障って、どうしても我慢できない。
返事があったりなかったり、聞いてるのか聞いてないのかわからなくて。


でも、ふと、思った。
あれ?これって元彼と同じ。

最初はニコニコしてたはずなのに、一週間もしないうちに爆発、別れたい発言。
その後も何かにつけて怒るし、すぐ別れたいをいうし、いつも「付き合ってるとしんどい」って言われてた。
でもどう見ても私のことを好きとしか思えない。
好きすぎてしんどい、というふうにしか見えなかった。
だから私自身は怒られたり責められたりに対する悲しさはあったものの、あの人が私を好きじゃなくなる不安は全くなかった。

でも今の人にイライラしてる自分を客観的に見て、あぁ、あの人はこんな気持ちでいたんだなと、今になってわかった。
あの人がちょっとずれてるとか、経験値が低いからとか、まるであの人が変人のように思ってた。
でも何も変なことはなかった。
今の私、あの人と全く同じ気持ちになってる。

要は、こういうこと。

ちょっといいなとは思ったけど理想とはぜんぜん違う人に、付き合ってほしいとちょっと強引に言われ。
好かれてる優越感と、まぁ悪くないなと思った気持ちだけで承諾した。
けど、向こうが好きだと言ってきたからOKしたはずなのに、連絡はまちまちでいまいち気持ちがわからない。
会うと楽しいしだんだん好きになっていくのに、離れた瞬間から不安が募る。
でも自分で決めたんだし、相手を知る意味でもイライラを我慢してみた。
そしたらちょっとしたきっかけで爆発して、やっぱ無理、別れたいと言い出す。
向こうにしてみれば青天の霹靂で、OKもらって両思いだと幸せに浸ってたのに、別れたいってどういうこと!?と、考え直すよう必死に説得。悪いところは直す、思ったことはぶつけてくれていい、と受け入れてもらう。
そう言われて落ち着きはするものの、一歩離れた瞬間からまた不安で不安で仕方なくて。
「付き合ってといわれたからOKしてあげたのに、何でこっちが振り回されてるの!?」という気持ちが根底にあって、でもどんどん相手を好きになってる自分がいることもわかってて。
何度好きだといわれようとも、全く安心はできない。
一方、最初に好きになった方は、自分の好きになった人が自分に向いてくれてるのは明らかで。
両思いなんだから別れなんて考えられない。
怒ったりイライラして別れたいと言ったりするけど、本心は、引き止めて「大丈夫、好きだよ」といってほしいだけ。
だから「別れたい」に対して「わかった」といわれたら「お前の気持ちはその程度か」って怒られる。
その根底には「お前が付き合ってほしいといったから付き合ったんだろうが」があるから。
でも付き合いが長くなるにつれてどっちが告ったとかそんなものはどうでもよくて、今お互いがお互いを好きだということが大事だと、気づけたらよかったのに。


うん、我ながらすごい自己分析かつ元彼分析。
あの人、ぜんぜん変な人じゃなかった。
ただただ私のことが好きで、でもどうやったら不安じゃなくなって安心できるのかわからなかっただけ。
いたって普通の感覚だった。
会う時間が決まらないとかに敏感で、何でこんな些細なことで怒るのかと思ってたけど、今はすごくよくわかる。

今、私は同じ気持ちでいるけど、あの人と違うのは、ちゃんと自分がわかっているということ。
むやみに別れをぶつけて引き止めてもらうことはしないし、無理も言わない。
付き合ってたときにこういうのがわかってたら何かできたのかと思うけど、これだけ分析できてもいい案は見つからない。
あの人の不安要素を取り除こうと、常に元彼優先で友達とも会わず、連絡は即返信、毎日通って離れてる時間を少なくする、とかいろいろやってたけど。
結局これらは付け焼刃でしかなくて、その場しのぎでしかなく、根本的な解決にはなってなかった。


正直、同じ立場になった今でも、どうしてほしいのかがわからない。
何をしてもらったら安心できて不安にならないのか。
ただ、こうして自分の気持ちと今の彼氏の気持ちが両方わかるから、イライラをぶつけずに済んだ、それだけ。

まぁ、それだけ相手を好きだと認められたら、少しは楽になるのかもしれないけど。

次会ったとき、この内容を伝えてみようか。不安だけどどうしたらいいのかわからない、と。

結婚式とは 

September 17 [Wed], 2014, 21:50
結婚どころか彼氏もいないのに、結婚式に対する妄想だけは膨らむ。
式をやりたい場所、披露宴でやりたいこと。
この歳にもなれば理想だけは増えていく。

ふと気づくと、その内容のどれもが「周りの人へいかに感謝を伝えるか」ばかりになっていた。
家族、友達、いろんな人に支えられてここまで来れたよっていうことを伝えたい。
主役は自分だけど、自分を見せびらかすためのものじゃないなって思った。

元彼とその家族はずっと「結婚式なんてしなくていい」というスタンスだった。
派手なことはしたくない、見せ物になるようで嫌だ、はしたない。

そういう考え方もあるかなと、そのときは思っていた。盲目だったし。

でも今になって思うとそうじゃない。
あの人たちは「自分」しか考えてないからそういう風にしかとらえられない。
結婚するのは自分、自分さえよければいい、なぜ人に見せる必要があるのか。
だから、
婚約指輪も結納も必要ない、顔合わせも簡単でいい、結婚式なんて必要ない、
そんな考え方しかできない。

結婚をするということは、まず相手、次に自分と相手の親、そして周りの人、すべてに感謝を伝えていくものじゃないのか。
そして「自分はこんなにも幸せだから心配しなくても大丈夫」ということではないのか。

あの人たちは常に自分のことしか頭にない。
だから相手も大事にできないし、相手の親もないがしろ、友達もいないし、閉ざされた家族。

いまさらあの人たちを批判したってしょうがないけど、あんな人たちのために私は傷つき、トラウマになり、前に進みづらくなってることを考えると、心の中では批判せずにはいられない。
もちろん、あんな状況になるかもしれないのに結婚しようと思ってたあのころの自分のことも情けない。
引きずっているわけではないのだが、忘れられない汚点になったことも事実。

次に付き合う人は、絶対に友達の多い人がいい。
人に感謝できる人がいい。

そして私のやりたかった結婚式を一緒に作っていける人がいい。

10年越しの再会 

July 17 [Thu], 2014, 16:48
私の人生においてこれほどびっくりする出来事はまれなので、
せっかくだし書き留めておこうと思う。
そのためのここだしね。

先週の木曜日。深夜12時ごろ。
なんとなくぼーっとFacebookみてて、そういえばあの人は、と思い立った。
約10年前、18〜20歳あたりに付き合ってたヒデ。

私の人生において影響力のあった2大元彼のうちの一人。
すごく好きだった。
何度も別れては付き合い、色々あった人。
別れてから何年も引きずった。もう一人の最大の人、さとくんに出会うまで5年くらい。

でも今ではすっかり忘れてて、たまたま思い出したので検索した。
見つけて、タイムラインを眺めた後、血迷って、友達申請。
メッセージをするでもなく、突然にww

どんな反応をするのか見たかった。
最後の別れ際は私にとっては壮絶で、生気をなくすくらい泣いて落ち込んだ。
逆に向こうにとってはもう名前を見るのすら嫌な存在なんだろうなと思ってた。
だから10年以上経って突然こんなことしたら、どうリアクションするかおもしろそうだった。
ただ、それだけ。
でも、無視されて終わりってのがオチだろうなと思ってた。

ところが翌日の夜、一通のメッセージ。

「えっ!?」

メッセージが来ると思ってなかった私はびっくり。

「メッセージ来たwww」

するとすぐ返事。

「なりすましかと思って」

「私になりすますメリットがわからんwww」

そんな感じで普通の会話。
あれ?10年前のあの修羅場は?
今これを書いてて思い出したけど、最後の別れ際に「あんたなんか不幸になればいい!!」みたいなことを叫んだ気がするwwww
そのくらい壮絶だったうちらの関係って?

予想の斜め上からきたもんだから拍子抜け。
そしてさらに追い打ちをかけることが。

「ちょうど地元帰ってきたからメシでも行く?」

まじかー!!!!!会うのかー!!!!!
OKしたよね、うんww

(後から聞いた話だけど、地元帰るのって年1回くらいらしい。
そのちょうど帰ったタイミングで声掛けたとか、私、奇跡!!!!)

とかやってたのが金曜日で、2日後の日曜日、再会。

全然変わってないしwww白髪増えたけどwww
で、適当な居酒屋にて乾杯。
でもそれ自体に違和感ありすぎて笑ったwww
昔はビールすきじゃなくて、サワーとか2杯がいいとこだった人が、
ビール飲んでるし、そのうち泡盛飲みだすし、別人か!!!!
めっちゃウケた。

そして色々話した。この10年分。

結婚したことを風の噂で聞いていたが、離婚していた。
その理由がヒデの浮気。
しかも浮気した側のくせに、元嫁が自分の実家に相談に行ったのが気に入らないとか開き直って離婚決めたとか。
いや、普通旦那の実家行くやろ!おかしい!と言ってやった。
しかも浮気ってその人だけじゃないらしいし。

そうだった。こいつモテるんだった。と、思い出した。
地味なくせに、ダサいくせに、ぜんぜん顔もよくないくせに、
女のツボを生まれながらに持ってるような、そんな人。
つい最近まで23歳と付き合ってて、振られたけど、まだ家にたまに来る、とか。
それより前の元カノもまだ来てる、とか。

そんな風貌で!モテ要素ゼロに見えるのに!
モテるとかマジムカつく!
と、何回も言ってやったwww

「お盆休み長いなら、東京遊びに来れば」
というので
「その女たち全部切るなら行ってやってもいいよ。
この10年、いろんな経験して、ダイエットとか美容とか家事とか、女磨いてきた。
その女たちと同列に扱われるほど安くないし。
そいつらか私か選べば?」
と、すごく高飛車に言ったww
あの瞬間、ヒデが私とまた会いたいのは明らかで、
そういうときのヒデにはこういう言い方すると落ちる、というのは分かっていた。
「わかった。他のとは会わない。だから来いよ(←精いっぱいの強気ww)」

落ちたー!勝ったー!と思ったww

ま、その場のノリだし、あくまでも友達なので、これも笑い話なわけで。
結局、お盆なんてときに東京行って人ごみにもまれるの嫌だから行かないということになったけど。


なんだか不思議な縁というか、人生何が起こるかわからないというか、
二度と関わることのないと思っていた人と、またこうして関わっているというのが半信半疑で。
あのときはものすごく苦しんで泣いたけど、あれがあって今があるからいいかなと。
普通の友達とも違う、変な関係。
でも何の気兼ねもなく、素をさらけ出して腹割って話せる相手ができたことは喜ぶとこなんだろうな。

人生、捨てたもんじゃないwww

恋愛至上主義 

June 05 [Thu], 2014, 12:06
どこかにそんなマンガがあった気がする。

恋愛至上主義

これはさすがに言いすぎだけど、それに近いものはある。
それなりの年齢になって以降、私の頭には常に恋愛があった。

いいこともあった。
失敗もした。
たくさん泣いた。
たくさん笑った。

でも今、なにも、ない。

さとくんと別れた時も穴があいたような気がした。
でもその時は、別れても好きな人がいた。
もう叶わなくても、好きでいた。

でも今の私には何もない。

がんじがらめの一年半。
そこから抜け出し、正直すごく自由で楽で気持ちが軽い。
何もないけど、苦しくもない。

今の状態が嫌かと言われるとそうでもなくて。
わりとこの状態を楽しんではいる。
いかにもな独女ではあるけれど、まぁこれはこれでという感じで。

好きになれる人は欲しいし、彼氏も欲しい。
でも焦ってたっていいことない。
とりあえず誘われた合コンでは思い出したくもないウザい人がいたし、
保険のおばさんに頼まれて会った人はブサ男だったし面白くなかったし。

いい男と話したいなーと思えばアンタレスもチアーズもある。

不都合がないのがいけないんだろうな、きっと…
今から出会っても1から関係を築いていくのが億劫でめんどくさくて。

そして、いい人だと思って付き合っても、元彼のように表裏があるかもしれないという思いが、人と付き合うことを避けさせる。
素敵な人だと思った、それは間違ってはいなかった。
でも、それだけではなかった。
そういう思いをするのが怖い。

また束縛がきつかったら、また友達と遊べなくなったら、またうちの親に暴言を吐いたら。

その時は、立ち直るのは無理だろう。

どうやって、人を選べばいいのかがわからない。

新たな旅立ち 

May 16 [Fri], 2014, 16:10
久しぶりのブログ。
結婚の話を書いたことすら忘れてた。
とりあえず閲覧制限はやめてみた。

まぁ、結婚もなくなったし別れてしまったんだけどさ。

いいところもあれば悪いところもある。
それは人間誰しもそうだけど、あれほどに極端な人も珍しい。

いい風にいえばまっすぐな人。
悪くいえば心の狭い人。

でも私はあの人でいいと思ってたんだ。
いろんな思いはあったけど、二人でいるのよかったし。
楽しかったし、幸せでもあった。

ただ、2人でいるならね。
結婚ってつくづく「本人も含めた家と家」だなって思うのです。
私とあの人だけではダメ。
私と向こうの家族、あの人と私の家族、さらにはその先の親戚一同。
選んだ人のその先の人との関係まで考えないとダメで。
でも普通はそんなの頭では考えず、気遣えるのが当たり前だと思ってた。
しかもそういうのって誰かに教わるとかそういうものじゃなくて、
いろんな人間関係の中から身につけていくものだし。
だからあの人の言う「経験してないことは理解できない」は通じない。
誰だって未経験。
でも自分が今どういう位置に立っていて、誰に対してどう接し、自分の立場ってものをわきまえるのは、誰に教わるでもなく理解しなければならない。大人だもの。

いつもそうだった。
「結婚とかそういうのに興味なかったから、普通どうするかとかぜんぜんわからない」
詳しいことは私だってわからないよ。
だけど人と人との関係を新たに築く時、自分の立ち振る舞いに細心の注意を払うのは当たり前なのではないかと。
どこへ行っても「オレ様」が通じると思うな。

ま、それがわからないからあんなことになるんだけど。

彼氏でいるならいいけど、結婚には向かなかったね。
あの家、自分の家族だけいればいいって感じだったし。
親戚とか、友人とか、周りのいろんな人との関係があって自分がいるってことを知らない人たち。
逆にうちはいろんな人との繋がりとかを大事にするタイプで。
家と家が合わないのであればしょうがない。
合わなくても、受け入れてもらえる人ならいいけど、受け入れようということすらしなかったし。
俺の考え方から外れる人間は必要ないって感じで。

これでよかったんだと思う。
私も新たに立ち上がれる。

30歳を超えて、まだ独身だけど、意外と平気。
まぁ、彼氏は欲しいし結婚もしたいけど。

「結婚式をしてくれる人がいい」と友達に言ったら「それ普通だからwww」って言われたw

今月はいろいろあるし、何かいいことあればいいなーと!

結婚するにあたって 

November 28 [Thu], 2013, 9:33
結婚を決めたら何をしたらいいのか。
よくわからないまま、できるとこから順番にと思ってるのに、なんだかかみ合わない。

結婚するって言う話になった時、ネックレスをプレゼントされた。
(実はこれ、伝票がその辺に放置されてるのを先に見てしまったため、値段も知っているww)
その時に言われた言葉。

「指輪はサイズとかわからないし、今度一緒に見に行こう」

これ、誰だって「婚約指輪」のことだと思うと思うのだが、どうだろう。
しかし彼さん的には違った。

クリスマスプレゼント何がいいって話になってて、勇気を出して私は言った。
女からこの話題を出すのはどうかと思ったけども。

「クリスマスプレゼントって指輪と兼ねてもいいかな」

しかし彼さん驚く。
「は?婚約指輪?ほしいの?はめる期間少ないしそんなのに高いお金かけるのはどうかと。
もしほしいなら俺が納得する理由を言え」

とまぁ、怒られまして。
「結婚に対する価値観が違う。やっていけないんじゃないか」
と、やめる方向にまで。
その流れで
「過去の飲み歩きとか男友達とかの話しを親にしたら、考え直したらどうかって言われてる」
とのこと。
え??なにそれ??私に不満があるのは知ってたけど、それを親に言う?
何もなくても嫁と姑って難しい関係の人間に、さらに印象悪くなること言うってどういうことよ。。。
そういうのわからずに、ただ自分が不満な事を親に言う、小学生かっての。

なんだかんだ話して、納得のいく理由なんて見つからなかったけど、今度買いに行こうって言ってくれて。
しかしそれで一段落ではなかった。

婚約指輪の話をご両親にしたところ「指輪を渡すのは両親の同席してる場でないといかん」とのこと。
そりゃそうだ。正式には婚約の場で渡すもの。
しかし「正式には」である。
指輪をいろいろ見に行って、決定して、納品される、などなど、当人たちでやることはまだあるわけで。
しかも結納の話まで出て。
「富山と京都で何度も行き来するより、一度にまとめたらどうか。あと、結納のような格式ばったことはしたくない」
いや、わかるよ。わかる。
でもそれってうちが言うことでないの?男側がそんな提案するのはどうかと。

普通の筋としては
結婚を決める→彼が彼女の両親に挨拶→彼の両親が彼女の両親に挨拶→今後の打ち合わせ
でないの?
言ってることは分かるよ。でもそれは男側が言うものではない。
しかしそれを言うのが彼さんのご両親(特にお母さん)
きっと、自分の娘の際に逆に同じことされたら、めっちゃ怒ると思う。そういう人。

先行き不安。。。。

とりあえず、今週末は指輪を物色しに行ってきます。。。

久しぶりの 

November 08 [Fri], 2013, 15:03
うん、だいぶ久しぶりの。

いろいろ思うところがありつつ、先日一年目を迎え。
それを知ってか知らずか、ちょうどその時に「一緒になるってことやで(=結婚するつもりで動こう)」ということでネックレスをもらった。

しかしながらそれはただの口約束であり、やっぱりケンカ(という名の一方的な責め)があり、
これでいいのかなぁと思う部分もある。

基本的に自分が一番正しい、お前はバカだ、というスタンス。
どちらにも言い分があるのが人と人とのコミュニケーションだと思うが、賢かったり口がうまかったりする方が正しいということになる。
弱いほうの立場の人間が言い分を我慢する。

すぐ怒るし罵倒するし、それに耐えてたら我慢することが当たり前になって。
というか、受け流さないとしんどい。


でもさ、そんなにひどいことばかりでもなくて。

本音なのかお世辞なのか、たまに嬉しいことも言ってくれる。
私のつくるご飯は何でも美味しいって言ってくれるし(かと言って食べた時に微妙だったらはっきり言われるけど・・・)
ほんの小さいことでも「ありがとう」を言うし、(私も見習わなければ)
京都行った時は行くとこ考えて連れてってくれたり。

あと、普段は手をつないでくれなくて前をスタスタ行っちゃうんだけど、
人ごみとか段差のあぶないとことかは必ず出を差し出してくれる。
普段手をつないだり並んで歩かないのは歩道をふさいで人の迷惑になるからで。
そういうふうにいろいろ気を配れる人ってなかなかいないと思うのよね。

みんなやってるから、とかなぁなぁでみんな適当にしてることを、
正論を口だけじゃなくて実行できてる人。
人ととして尊敬できる人。

そんな魅力のある人だから、怒られても罵倒されても、
それでもなんでか手放したくない。


あれ、愚痴じゃなくなったwww


うん、この先どうなるか、明日どうなるかすらわからないけど、
頑張っていこうかなと思うのです。

新年 

January 01 [Tue], 2013, 12:37
明けましておめでとうございます。

と、明るい気持ちではいられない新年の幕開け。

大晦日、23時頃。
どんな新年メール送ろうかなと考えてたとき、着信。

もう、しんどい。

また始まった…離れて三日もすると始まる悩みのオンパレード。
前はこうなったら何がなんでも引き留めようと思ってたけど、
今は彼氏さんが大事で、私がいなくなることで楽になれるならと考えたりもする。

でも嫌だ。

要は、好きで好きで、あたしに男友達がいることがイヤで束縛したいということなんだけど、
お互い想いあってて大切に思ってるなら何で別れる必要があるのかと。
別れたらきっと、何であのとき手を離したんだろうって後悔して、もっと苦しむことになると思う。

なんとか説得して、落ち着かせて、
なんがぎこちないまま新年の幕開け。

早めに決断してくんないかな…
一緒にいたら大丈夫なのに。

不安 

December 11 [Tue], 2012, 12:05
何かの拍子にここがばれるってことはあるのかなぁ。。。

昔の記事読み返してたら、ほんとバカなことばっか書いてる。
自分勝手で、救いようがない。

そしてこれ、読まれたら終わりだわ。
完全に軽蔑されるレベル。

ブログを書いてることは言ってない。

見つけることは難しいと思うけど、まぁ、万が一ってこともあるからね。

ちょっと修正するか・・・
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ambition
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる