エモやんでオカ

September 22 [Thu], 2016, 18:55
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが良いと言えます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。実は、かかる費用は地域や、歯科医によって大きく異なります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。ただし、おおよそ相場は決まっています。歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、大がかりな手術を入院して受けることもあります。このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いということにはなりません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところまだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。それは気にしないでください。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。しかし、難点もあるということに気を付けてください。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずないと考えてください。一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カナデ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ambd7r1ix3etoe/index1_0.rdf