ラオス旅のまとめ:象編。

May 21 [Wed], 2014, 15:07


ラオス11日間の旅:チケット¥51,795。 

タイのバンコクから列車を乗り継いで陸路でラオスへ入国。





首都ビエンチャン。

首都だとは疑ってしまうようなのんびり雰囲気。

タイのカオサンの様な場所もなく、ここで出来ることは「のんびり」です。

沈没苦手なので肌に合わず、翌日ルアンパバーンへ。

でも初日宿一緒になった人とご飯に行った。

日本だったら有り得ないよね。

でも旅だったらこれが普通なんだ。

さっき会ったばかりで、それも宿が一緒だったってだけで

まだ名前もちゃんと知らないのに 「じゃあご飯でも行きますかー」みたいなノリ。

美味しいご飯を食べながらそれぞれお互いの旅の話をするこの時間が

最高に楽しいっ!!

ここに、この瞬間に生きていたいと思う。

その人の前回の旅の話、旅の途中でなんとなくで南米に1年住んでいたって。

そして今回また日本での生活が落ち着いて、二度目の旅に出てきたところ。

その人の旅は「これから」だった。

キラキラしていて、嫉妬とは少し違う憧れの様な気持ちになってしまうよ。

話の中で「この町をもう明日の朝には出ようと思う」って私その人に言っていたら

翌日朝早い(5時頃な)のに起きてお見送りしてくれたの。

もう会えることはないかもしれないっていう一瞬の出会いでも

旅には貴重な出会いがいっぱい転がっている。






ビエンチャンからルアンパバーンは、バンの乗り合いで行った。

ここはバックパッカーがうじゃうじゃいる観光地。

あとで知ったのだけど、「今行くべき観光地No.1」に選ばれたそうな。

タイのアユタヤの雰囲気に似ているなぁって思った。

象と触れ合えるところがあると聞いて早速申し込む。

私の「象使いになりたい!」という長年の夢がここで叶う

夢を叶えるとっておきの方法は、諦めずに忘れずに思い続けること





ルアンパバーン、この町最高!

安全ー、人が優しいー、宿も多いー、ご飯も色々と選択肢がいっぱい!

そして夜も出歩けちゃう! 

と言っても夫と一緒だと全然飲み歩いたりもしないの健全な夜だけど。

友達と一緒だったら間違いなく朝まで飲んでるパターンになりそうな。




翌日象に会いに。

メコン川をボートで渡っちゃうよー。

メコン川近くのロッジに移動してそこで数日滞在して象と一緒に暮らした。

泊まる予定のロッジに少し不安はあったけれど、

今まで汚〜い宿に泊まり歩いていた私にとってそこは夢の様な場所だった。

首都ビエンチャンで泊まっていた宿はトイレやシャワーが部屋になくて

共同の物が1個しかないそれも汚くて

皆で奪い合って使う不便なところだったし(窓にカーテンもないので外から丸見えだったのも最悪)

それがロッジはドアを開けた瞬間花の良い香りが〜。

ベッドが天蓋! シーツが綺麗!!

エアコン的な物はないけれど、日中は象と一緒に外で過ごしていたから全然平気だった。





この象と過ごした数日は私の人生の中でも最高の時間だったと言える。










初日は象の生態とか、象に出す指示語を学んだ。

翌日からは象と一緒に過ごした。

5時起床、象を森まで迎えに行く。

背中に乗って一緒にメコン川に入って体を洗ってあげる。

それからご飯をあげる。彼らは何でも食べるよ。

その後はピクニックの準備をして、背中に荷物乗せて一緒に森の中に行くの。

象は基本のんびり歩行だけれど、ビックリした時とかダッシュしちゃうと

揺れが凄くて落ちないように気を付けないと。

目的の場所まで来たらお弁当開けて皆でご飯を食べる。

お弁当は、たかってきた蟻がちょっと入ってしまった白米と、謎な魚、見たことない草みたいな野菜。

旅の間、「これなんだろう?」ってものいっぱい食べたけど、全部美味しかった。

デザートはバナナです。 少し残して象にバナナあげなきゃ。

残してしまった白米もあげた。

象は自分たちでも美味しそうな草とか探して食べてる。

お腹いっぱいになったらそこで横になってお昼寝ー。

時計もないから何時かなんてわからないし、ここではそんなのどうでもいいね。

お日様が少し沈み始めてきたら、森の中の何処かへ行ってしまった象を探して

背中に乗って帰ります。

一日の最後に川でまた体を洗ってあげて、森までかえしてバイバイ。

そんな数日間。




それぞれの象に、それぞれ象使いがついていて、

私が毎日乗っていた象の象使いは、19歳の男の子。

英語で話しかけてみても全然通じなかったけれど、

川ではその子とひたすら水を掛け合って遊んだり

森で綺麗なお花を摘んできてプレゼントしてくれたり

なんとかジェスチャーでお話ししてみたりして

その子と一緒に過ごした時間も楽しかった。





その子に葉っぱで作った帽子も貰った。

私はこれを妖精帽と呼んでいた。

誰でもこれをかぶるだけで森にぴったりファッションになれちゃう素敵な帽子。

これかぶって「森ガールだよ」って言ったら、「違うね」って夫に言われたので

「本気の方だよ」って言っておいたんだ…。








最終日、いつも通り象と過ごすか、ちょっとカヌーで遠出するか選択できて

一緒に過ごしていたフランス人との意見もあってカヌーを選択したんだけど、

ホントにこれを後悔した。

カヌーは初めてだったから初体験は楽しかったのだけれど

カヌー漕いでいる間も、持ってきたお弁当食べている時もずっと象の事考えていた。

ロッジに戻ったらもう町に戻る時間になっていて

最後に一目象に会いたくて、あの象使いの男の子にも会いたくて

色んな人に何処にいるのか知らないか聞いてまわったんだけど

ここから遠くに行っちゃってて結局最後は会えなかった。

泣きそうになってしまった。

だから私またココに戻ってこようって思った。

あまりにもこの数日が楽しかったから、最後お別れ言えなかった事に凹んでしまったけれど

これを次の夢にして生きていけばいいよね。

「象使いの修行をするのが夢だ」って5年前からずっと言っていたのは私1人で

夫は「いいんじゃないの楽しそうじゃないの」ぐらいの感じだったけれど

一緒に来て協力してくれて、一緒に同じ事をやってくれるからよかった。

私がやりたいと言った事を一度も反対した事がない人だけれど

それを「一緒に楽しんでくれる人」でよかったと今回心底思ったよ。



象への愛が増々深まるばかり

ここでの数日を終えて最終日にマホート(象使い)の免許的なものを手に入れた〜

ちゃらららっちゃら〜ってドラクエのレベルアップ音流れた気がする。




タイからラオスへ。

December 26 [Thu], 2013, 16:58




10月31日〜11月10日の11日間、旅に出ていました。

行くことを決めたのが直前だったので、

いつも格安航空券で行く私にとっては今回はちょっぴり高かったかなぁ。

自分のための覚書として記録しておこう。

タイのバンコク行きのチケット:全て込みで1人51795円。





直前まで何処に行くか決めきれなくて、

結局タイ行きの飛行機チケットだけ買って

タイのバンコクからは電車とか乗り継いで自分達で移動して

夫と2人でラオスを旅してきました。

今まで旅の途中で会ってきた旅行者に「ラオスいいよー」って聞いていたので

一度行ってみたい!と思っていた場所。

確かに本当に良い場所

タイよりも危険な所はあるけれど、

ずっとのんびりしていて物価も安く

何よりも人が優しかった。

ただ、首都であるビエンチャンでさえ、のんびり〜なので

私には少し物足りない気がしたのも事実。

元々沈没できないタイプで一か所に留まる旅をするのが苦手な私には

もっと色々見たい!行きたい!知りたい!なので。

思ったよりも移動に時間がかかった国だったから

もっと色々な場所を周りたかったのに全然行けなかったのは残念。

やっぱり1か国最低3週間は欲しいところ。

それでも今回のラオス旅は、

長年の自分の夢をここで叶える事が出来たこともあって

最高の旅が出来ました!

また絶対この国には行くと思います!!

私やっぱり旅が人生の中にないと生きていけないと

改めて実感してしまった。

日本での生活と長期で旅を続けること、両立するって難しい。

この狭間でいつも留まっている自分の気持ちをそのうち押してしまいそうで

怖い気もする。 その時それに賛同してくれるだろう夫がいて

多分そのまま世界二周目に出てしまいそう。

それでも今回の旅で思ったのは、前に世界一周した時と比べて私も年を取って

辛い旅が出来なくなってきたってこと。

そこまでの体力もなくなってきている。

バックパッカーとして旅するスタイルを変える事は考えられないけれど

少しずつ旅のスタイルは年と共に変わっていくのかな。

でも気持ちだけは年老いたくないよ。

守りばかりに入って淡々と一日一日を耐え忍ぶような暮らしはしたくないから

いつだって夢を持って楽しんで生きていくよ。

迷った時が来たら、これからも楽しい道を選んでいくの。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:えいみ。
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
・学生時代の遠距離を経てディズニー結婚式。
・思いつきで夫と2人世界一周!
・念願の輸入住宅建設。
・アメリカLAに住む。
・帰国後、次の旅を夢見ながら
 日本での生活を思いっきり楽しむ!
最新コメント
アイコン画像えいみ。
» 【神奈川県】 Orbi Yokohama (オービィ横浜)。 (2014年11月12日)
アイコン画像yuki
» 【神奈川県】 Orbi Yokohama (オービィ横浜)。 (2014年10月31日)
アイコン画像ゆか
» キッチンに貼るタイル。 (2014年05月23日)
アイコン画像えいみ。
» 日本へ帰国。 (2013年09月07日)
アイコン画像えいみ。
» 日本へ帰国。 (2013年09月07日)
Yapme!一覧
読者になる
yaplog!こうこく
http://yaplog.jp/ambassador0403/index1_0.rdf
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE