雨の中ラブレイン DVDユニに声をかけるイナ

December 12 [Thu], 2013, 11:25
「約束通り、君に詫びることはやめる。いけないとわかっていたけれど・ラブレイン DVD・俺は本気だったから。信じてほしい。」と、言うイナ。

涙を流すユニは、カーテンを開けようと立つが、激しく咳き込んで血を吐いてしまう。

医師から、進行してる結核と言われたことを思い出すユニ。

ユニは休学、故郷へ帰ったので驚くヘジョンたち。喫茶店で、禁止曲を歌うチャンモ、ドンウクたち。

翌日、ユニの元へ行こうとするイナを待つドンウク。
「ユニに謝りたいから、連れてこい。俺は未だお前を許していない。」と、言うドンウク。南平駅に到着するイナ。

祖母に「叔父さんの世話になろう。招聘状が届いたらすぐに行こう。楽に暮らしたいの。」と、言われるユニ。
行くと答えるユニに安堵する祖母。

学校にいたユニに会い、「許して欲しい」と、言うイナ。

「許すことじゃないわ。あの日、急いでたから・・イナさんは悪くない。イナさんが好きなのではなく、理解してくれる人に出会いたかっただけ。・・・日記帳を見たと知らず、愛だと勘違いしてた。誰も傷つけたくないの・・もう、来ないで・・」と、言うユニ。

「嘘だ。わかってる。最後まで聞いて・・話すべきことがある。」と、ユニを引き止めるイナ。
「聞きたくない。」と、部屋を出るユニ。

噂通り、イナとドンウクを弄んだ気持ちで、恥ずかしいから逃げた来たと言うユニ。

公開放送で待っていると告げるイナ。祖母に泣いて、病気を治して帰ってくると言うユニ。

伝えたい言葉は、歌詞で伝えると言ったイナを思い出すユニ。

歌謡祭の日、ヘジョンに感謝と謝罪を告げるイナ。

イナの作詞、作曲。セラヴィの3人は「愛の雨」を歌う。歌を聴きに来たユニは泣き出してしまう。

警察が来て、逃走するチャンモ。イナは捕まってしまう。血を吐くユニを見るドンウク。
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/amazondvds/index1_0.rdf