さいしょに 

September 11 [Mon], 2006, 22:29
このサイトは一応期間限定で作る小説?小話?サイトになる予定です。恋愛についての連載を作りたくてこのブログを作りました

諸注意 

September 11 [Mon], 2006, 22:44
まぁこれは登場人物紹介ってところでしょう
主人公は   宮川 智(通称:とも) 
          17歳 女 女子高校生

サブ主人公  綿谷 紅(通称:妃)
          17歳 男 男子高校生

         木内 あやか(通称:あやちぃ)
          17歳 女 女子高校生


宮川をはじめ、この3人は同じ部活の所属である。
複雑な恋愛事情を「わたし」と称する語りべが通学仲間のハルに話したことを中心にこの恋愛模様をブログ形式で乗せていくつもり。
もちろんこれはフィクションです(笑

1 帰り道の途中で 

September 11 [Mon], 2006, 23:12
まぁ なんとなくわかってたけど・・・



1 帰り道の途中で
その日は珍しくいつも一緒に帰る(わたしは通学仲間っていってる)ハルが休みだったので同じ部活の智と帰った。
智とは一緒に遊びに行くほど仲良しで、ついでに聞きたいこともあったからちょっと好都合だった。
でも、聞き出さなくても彼女は自分から語りだした。

『じつはさぁ、あたし、妃と付き合ってるんだよね』

いきなり何を言い出すんだ。この人は。おかげで飲んでたコーヒー牛乳がちょっとこぼれたじゃないかっ。

「えぇ?!そうなの?!知らなかったぁぁ」
はぃ。すいません。本当は薄々感づいてました(汗 だけど言うの悪いかなって言えなかったのょっ

「で?馴れ初めは??」

『なっ・・・なれそめって・・・・・』

そんなこといいながらも彼女はぺらぺらと少女漫画の主人公のような目で語りだした。

2 関係が変わるとき 

September 12 [Tue], 2006, 20:24
あぁ。少女漫画だ。

2 関係が変わるとき


めずらしく部活が休みで特別したいこともなくて、ふらふらぁっとちょっと遠くの図書館に行ったの。
読みたかった小説探してたらなんか見た事ある人いるなぁって思ったら紅がいたの
「紅っ!!珍しいねぇ。紅が図書館にいるなんて・・・くすっ」
『なっ・・・俺だって本ぐらい読むんだよ。笑うんじゃねぇょ。』
「はぃはぃ。そうですねぇ。ぁ。ちょっと散歩しない?」
図書館の中ってすごい静かじゃない?それだから、紅とぁたしの声がすごく響いちゃってさ・・・
散歩してたらいきなし紅の携帯がなって、紅が見てって携帯さしだしたの
[先輩達って付き合ってるんですか?]
「付き合ってたんですか?」
『さぁ?』
「じゃぁ、とりあえず全否定で。」
『えぇ〜』
「えぇ〜って。じゃぁ紅はぁたしのこと好きなの?」
『うぅーん』

ここまで聞きながら数日前に読んだけっこうベタな青春ラブストーリーを思い出した。まぁ、あれは先輩と後輩の恋だったが・・・先輩が大好きな後輩は・・・・・あぁどこだっけ。えぇっと、ぁ!木の下だ。そう。木の下で昼寝してた先輩見つけた後輩が静かにせんぱぃn

『ちょっとぉ聞いてる?』

「・・・・ぁ。はぃはぃ。あまりにも吃驚したので」

それでね、5分くらい沈黙が続いて、耐えられなくなっちゃたぁたしは
「ぁたしは綿谷 紅好きだよ。」
って言ったの。それでも黙って下向いてるから、ぁたし振られちゃったんだって思って図書館にもどろうとしたの。
そしたら紅が手引っ張ってなんかぼそっていったの。もぅぁたし振られたがショックなのにこいつは何が言いたいんだろって思って軽くキレてて
「紅、下向いたまんまじゃ解んないょ。」って言っちゃったら間が開いて


『俺、智の事好き・・・・・だよ?』
って顔真っ赤にして言うの。なんかいつにもまして可愛かったなぁって見てたらカレカノになってた訳。
これがなれそめ。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:amayume-kuni
読者になる
Yapme!一覧
読者になる