☆バンドや機材についての話と日常のどうでも良いような話なんだな☆

☆あっ君のプロフィール☆
あっ君
☆名前■あっ君☆
☆趣味■バンド☆
お勧め


Yapme!一覧
読者になる
« アーミングアジャスター取り付け | Main | 引き続きストラト弄りなど »
ストラトキャスターにテレキャスターブリッジ / 2012年12月30日(日)
前々から気になってた「ストラトキャスターにテレキャスターブリッジを搭載したギター」を作ってみた。
ボディを特注で作る事も考えたけど、かなりお金が掛かってしまうので諦めて手持ちのG&L S-500を改造する事に。

まず大前提として「いつでもノーマルに戻せる事」があったんで、ボディに無加工で取り付けられるブリッジの検討から。既成のブリッジは当然付けられないので、ギターを実測しながらCADで設計。

元々のトレモロ・ブリッジがスタッド取り付けタイプだったんで、そのアンカーに固定する事はすんなり思い付いたけど、弦の通し方については結構悩んで、裏に木のブロック取り付ける事も考えたけど、トレモロのイナーシャブロックをそのまま流用する事にした(一応、表通しも出来るようにテール部分にも穴を開けておいた)。

プリントアウトして確認。トレモロアームが有る辺りの穴も隠したかったんで、コントロール側にちょっと伸ばした。

板金製作を頼む事一週間ちょい、12/25にクリスマス・プレゼント(?)で手元に(・∀・)ニヤニヤ

仕上げはサンドブラストしてからメッキしてくれたとの事。

イナーシャブロックの取り付けもバッチリ。

試しに弦を張ってみると…ブリッジを2点でしか固定してないから弦の張力に負けてお尻が浮いちゃった(;・∀・)ブリッジのネック側につっかえ棒をして沈まないように対策。

ブリッジが問題なく上がったので、ストラト用穴加工無しのピックガードを注文。

G&LとFenderとじゃピックガードの形状が結構違った(゚ロ゚;)ガーン!
ボディに合わせてみた所、キャビティザグリは問題なく隠れたので加工開始。

糸ノコとドリルとヤスリで根気よく形成していくのみ!(ヤスリがけの時に2箇所ほどガリっと傷付けちまった・・・orz)
延べ6時間ほどで加工完了´・`;)フゥ

最後にピックガード裏に銅箔シートを貼ってから電装系を取り付けて組み立て。

ブリッジPUには手持ちのTexas Specialを。

G&Lのヘッドが元々テレキャスターっぽいから余り違和感が無いw

やっとの事でアンプから音を出すもブリッジPUとセンターPUのハーフトーンがフェイズ・サウンド!(゚ロ゚;)またもやガーン!
テレのブリッジPUってコールドがエレベータープレートと繋がってるからホットとコールドを入れ替えるの大変なんだよなぁ…以前使った余りのシールド編組チューブを利用してアースを単独にしてホットとコールドを入れ替え。ハムキャンセリングが効くのはネック+センターとネック+ブリッジという微妙な組合せにw
それとブリッジPUとネックPUの音色変化が少なかったんで、ネックPUを以前巻線数を減らしたSeymour DuncanのSSL-5「Custom Staggered」に交換。注文してあったアングル付きのサドル(NEW TL ANGLED SADDLE SET)も届いたんでそれに交換してようやっと完成!\(o ̄∇ ̄o)/

大掃除そっちのけで・・・むしろ散らかしちゃったw

みなさん良いお年を・・・ゴ〜ン


NEW TL ANGLED SADDLE SET(サウンドハウス)
ALLPARTS JAPAN ( オールパーツジャパン ) / NEW TL ANGLED SADDLE SET

Posted at 22:45 / 楽器・機材 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
この記事のURL
http://yaplog.jp/amatoakkun/archive/711
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://yaplog.jp/amatoakkun/tb_ping/711
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

Global Media Online INC.