近況 

February 12 [Tue], 2013, 12:42
久々の更新です。

昨年度の決算は先週対応を終えました。あとは会計士の先生からの連絡待ちです。

今まで法人口座で行っていたFXですが今年からは税金を考えて個人口座一本で行うことにしました。申告分離課税20%だけで済むのはやはり魅力です。

以前はレバレッジの高さを考えて法人口座を使っていましたが本気でFXで儲けようと考えた時、レバレッジよりも最大取引単位こそが重要だという事に最近気がつきました。

車に喩えればレバレッジはアクセルで最大取引単位は最高速度。ある程度の証拠金が確保出来るなら25倍のレバレッジでも最大取引単位を越えてしまいます。

まあ、最大取引単位で取引出来る様になるまではまだまだなのですがf^_^;)。

決算 

February 17 [Fri], 2012, 5:38
久々の更新です。

先週末に昨年度の決算の準備をして会計士に必要書類と弥生会計のファイル送付しました。初年度は会計ソフトの入力は全て会計士任せにしていましたがさすがに二年目ともなるとそうも行きません。会計士が作った動画マニュアルと前年度の仕訳を見ながら何とか自分で帳簿を記入しました。思えば会計の勉強は今までまともにした事もなく「振替伝票」と言われても「何それ?」という状態で良くやったものだと思います。

痛恨だったのはFXの利益。FXは昨年12月は絶好調で1ヶ月足らずで50万を稼ぎ出しました。元本50万でスタートして約2倍。しかし昨年の最終日にその利益を全て吹っ飛ばす大損を出しスタートラインまで撤退。しかし受け渡しの関係で昨年度利益として30万が評価益として計上されてしまいました。FXはその後も苦戦を続け30万まで元本を減らしましたが今は40万まで取り戻したところです。

昨年は個人輸入の勉強をしてネットショップを作ったりもしましたが今はFX一本に絞り込んで取組んでいます。最近アービトラージにも関心を持っていますが白黒が一瞬で付くFXが私の性格にはあっているみたいです。

しかし本当に何をやっても儲かりません(苦笑)。いつかの占いは今までのところ嫌になるくらい当たっています。


ネットショップ作成に挑戦中 

September 10 [Sat], 2011, 23:46
久しぶりのブログ更新です。
今は以前から取組んでみたかった「個人輸入」に挑戦中です。
現在はFXと個人輸入を事業の柱にしようと頑張っています。
まあ、利益が出るのはまだまだ先の話だとは思いますが…。
ショップは「カラーミーショップ」を利用しようと考えています。





大衆は常に間違っている 

February 27 [Sun], 2011, 10:00
為替の変動 個人が抑制
円・ドル、相場反転見込み売買
80−85円の範囲内に

外国為替市場で、国内の個人による為替売買が円・ドル相場の値動きを抑える構図が一段と鮮明になっている。中東・北アフリカの政情不安を受け、ヘッジファンドなどがリスク回避目的で円を買うなか、相場反転を見込む個人のドル買いが円高進行に歯止めをかけている。個人が使う外交為替証拠金(FX)取引ではドル買いが過去最高水準に達している。
(2/27 日経経済面)

これに続く記事の中で「FX取引は東京市場の売買高の2-3割を占め相場への影響力が増している」との解説がありました。以前は「個人投資家は銀行やヘッジファンドなどの大手投資家から見れば小さすぎて問題にならない相手」と言われていた筈です。ここに来て個人の影響力が増してきたといわれてもにわかにはピンと来ません。

最近読んだ「トレーディングエッジ」では「大衆は常に間違っている」と一つの章を割いて解説していました。最近FXを始めた個人が増えているとすればその大半は「大衆の意見」に従う「素人」と考えられます。そしてFXでは投資家の大半以上が結果的には負けると言われています。とすれば個人がドル買いをするのならば相場はもう一段の円高・ドル安になる可能性が高いということになります。そして80-85円がレンジだとすれば80円台周辺にはドル買い組のストップロスの売りが大量に溜まっている可能性もあります。単純に考えれば何かをきっかけにしてのドル売りからストップを巻き込んでのドル売りオーバーシューティング、80円を割り込んで70円台突入というシナリオもありうるかも知れません。そして大多数の個人投資家はまた損をする。「大衆は常に間違っている」という経験則が今回も正しいと証明されるのはそんな流れかも知れません。

なーんて、評論家的に高みの見物を決め込んでいる時は何でも言えるんですけどね(笑)。自分が利益を出せるかどうかはまた別の問題です。

たぬきうどん 

February 26 [Sat], 2011, 22:30
日経新聞土曜版の「NIKKEIプラス1」にみうらじゅんのインタビュー記事が掲載されていました。

食の履歴書
怪獣、仏像、たぬきうどん
生涯のマイブーム、根っこは同じ
趣味に負けない京都の味

1958年京都生まれの53歳。彼とは同年代のようです。「ウルトラQ」の様なテレビの怪獣番組に夢中になって育った世代。あの頃の怪獣物は本当に楽しかったなぁ。映画の世界では一足先に「ゴジラ」が登場していました。でもテレビでの怪獣物は今までに全く無かったものでした。日曜日の夜が待ち遠しかった。7時から武田薬品のCMが始まりそれに続いてウルトラQのタイトルが出てくるともうドキドキわくわくしたものです。

そんな私と同じ様な子供時代を過したみうらじゅんですが「ご飯の時はテレビ禁止」という家庭内ルールがあってテレビが見れない食事時間は嫌で仕方なかったとのこと。分かるなぁ。でもあの時代のストイックな躾の一つとして「食事中のテレビ禁止」は結構広く取り入れられていたものでした。今でもそんな家庭はあるでしょうね。(今は私はテレビを見ながら食事もするし酒も飲むし挙句の果てはテレビを見ながら酔っ払ってコタツで寝込んだりしています。)

みうらじゅんがテレビを忘れても大好きだったメニューが「たぬきうどん」だったとのこと。関東で「たぬき」といえば「てんかす」が乗ったものですが京都では「きつねうどんのあんかけ」のことだとか。うーん、こんな「たぬき」は食べたことが無い。今度娘と一緒に食べに行って来ようかと思います。




中国 レアアース 

February 25 [Fri], 2011, 22:50
レアアース 脱中国へ1100億円投資
110社160事業 輸入3割減目標

日本の官民が、レアアース(希土類)の過度な中国依存からの脱却に総額1100億円を投じる。日立金属や三井金属は、使用量を減らしたり中国産以外を活用したりする取り組みに着手。トヨタ自動車やホンダなどは、米国産などを使った部品を製品に採用するための試験設備を導入する。動き出すのは110社による160事業。政府はこれらのための設備投資を資金面で支援する。中国がレアアースの輸出を絞る中で、中国依存の調達構造を転換する狙いだ。
(2/25 日経一面)

今更ながらですがようやく特定の国への過度の経済依存には問題が大きいことに気がついたのでしょうか。でもそもそものところで「過度の依存」だということに気づかなかったわけではないでしょう。ではなぜ「中国」だったのか。やはりそこには中国との関係に対するある種の「後進国」意識があったのではないかと思います。中国とは商慣習も違うし配慮すべきリスクもある。でも技術は日本のほうが上だし中国でも日本の技術無しに経済発展は無理だろうというある種の「思い上がり」。

でも中国の方こそ日本を利用するだけの相手として冷たく見ていたのかも知れない。そしてにこやかな笑顔の陰に隠していた中国の「本音」が尖閣のことをきっかけに噴出してきた様に見えます。結局中国は今も昔も「中華思想」の国ですから。自分たちが世界の中心にあり周辺国は全て自分たちの臣下の国。一時期欧米列強の後塵を拝した時期はあったにしても再び中国が世界の中心となって世界を支配する。最近の中国の様々な動きを見ているとそんな野望が見え見えです。

今日の記事の見出しにある「脱中国」という言葉では本質を見失うかも知れません。相手が中国に限らず一部の国とだけ親密に付き合うことは外交・経済上リスクが多すぎることだと思います。問題は「中国」にあるのではなく日本人の外交・リスク管理能力にあるのだと思います。

Bedroom 

February 24 [Thu], 2011, 23:40
二人で笑えば 怖くは無かった
つないでいる手を離すにはまだ早い
最近二人はどうにかしてると思いはしないか
交わす言葉は途切れ すれ違うことにおびえ

We don't have to fight no more
Don't say just close the door
こんな状態はもういい
Never wanna see you cry no more
You're the only one I'm lookin' for
今夜はそばで

I don't need nobody in my life with you lady
There's nothing I wouldn't for you
Nothing' compares to you
I don't need nobody in my life with you lady
There's nothing I wouldn't for you
I need you in my bedroom,my bedroom, my bedroom

互いの痛みも共に乗り越えた
離れていても分かり合うことが出来た
でも今 見つめる度逸らす目は何を見てる
誰が必要か こんな無益な争いに
何があると言うのか 教えてくれ

We don't have to fight no more
Don't say just close the door
初めての時のように
Never wanna see you cry no more
You're the only one I'm lookin' for
もう一度この手の中に

終わりを見つけるために今日まで
手を取り共に居たわけじゃないだろ
独り眠れない夜に埋もれて
互いの絆が強くなるだけ
あの日の想いを忘れていないか
全てがうまくいっていたじゃないか
いくつの出会いを数えてみても
あなたの代わりなどありはしないと

(JINE「Bedroom」)

電話で抱きしめて 

February 23 [Wed], 2011, 23:40
Kiss enough kiss enough
二人充分交し合ったのに もう寂しいよ Oh baby girl
慣れない distance に tell me why
この街で一人の生活 ため息つく暇も無いくらい忙しく
休みの時間にcheckする君からのメールが唯一心癒す

離れては また気づくお前がどれほど大事な存在か
枯れては また咲き誇る花みたく成長してお前のもとへ
GO! でも今はまだNO
もっとBIGになって迎えに行くよ
それまで待っててくれ 携帯越しに願うよ

いつか会えないとき 終わりにしたい
二人の距離0まで無くしたい
でも今はただ お前に会いたいよ
光のスピードに乗せる声を
あの空を越えて届く文字を
いつか同じ街で過せる日を 同じ空に描きながらFOR U

溢れてく寂しさ 眠れぬ夜をまた数えて
強がってるお前の 隠しても震えてるその声に
涙溢れた

いつか会えないとき 終わりにしたい
二人の距離0まで無くしたい
でも今はただ お前に会いたいよ
描いていた夢に進みながら 一人眺めて見上げる星空
どこにいても繋がっているからと耳元でやさしく
baby

いつかこんな日あったと笑いたい
どんな距離の時も大事にしたい
でも今はただお前に触れたいよ
光のスピードに乗せる声を
あの空を越えて届く文字を
たとえどんなに遠く離れても そばにいると思えるようにFOR U

(TEE「電話で抱きしめて」)

Forever 

February 22 [Tue], 2011, 23:10
ひんやりとした空気が今
この胸を通り過ぎた
どんより僕はソファーの上
アザラシと化してグダグダ

自暴自棄になるほど 分別をなくしちゃいないけど

Forever Forever
そんな甘いフレーズに少し酔ってたんだよ
もういいや もういいや
付け足しても 取り消すと言っても
もう受付けないんなら

なんだか僕ら似通ってんだ
ちょっぴりそんな気がした
本当はお互い頑張ってた
近づきたくて真似た

きっと嘘なんてない だけど正直でもないんだろう

ともすれば ともすれば
人は自分をどうにだって変えていけんだよ
そういえば そういえば
「君の好きな僕」を演じるのは
もう演技じゃないから

どうすれば どうすれば
君のいない景色を当たり前と思えんだろう

Forever Forever
そんな甘いフレーズをまだ信じていたいんだよ
そう言えば 今思えば
僕らの周りにいくつもの愛がいつもあったよ

Forever Forever

(ミスチル「Forever」)

中国−中東情勢−激動 

February 21 [Mon], 2011, 23:00
今日の日経の記事の見出しです。


中国、集会を封じ込め
民主化運動ネット呼びかけ 外出制限100人超か

「中国のインターネット上で「(チュニジアの)ジャスミン革命を中国でも起こそう」と集会の呼びかけがあった20日、中国当局は各地の集合場所に多数の警察官を動員し、集会やデモの発生を阻止した。北京と上海で少なくとも5人が公安当局により連行された。中国政府が民主化運動の広がりに懸念を持っていることが浮き彫りとなった。」


中国、ネット監視強める
検閲官数万人 有害情報を遮断
民主派グループ 隠語ですり抜け


大学生らが草の根運動 共産党改革派とも連携
民主派、中国で拡大
対話を重視、デモとは一線


リビア衝突 死者200人に 首都にデモ波及


反政府デモ 中東全域に
産油国サウジやモロッコも
バーレーン 野党と対話開始


イラン改革派、再びデモ
一人死亡 当局、元大統領の娘拘束


激動の世界…。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:amatesu
  • アイコン画像 誕生日:1月4日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-ミスチル、槇原敬之、小田和正
    ・グルメ-弁当男子、イタリアン、焼酎
    ・旅行-ドライブ、温泉
読者になる
アマテス(amates)はめだかの一種の熱帯魚。一匹のメスがオスが死んだ後も、何度も何度も子供をたくさん孵化することから「Merry Widow」(陽気な後家さん)という別名を持っています。明るく、楽しく、たくさんのビジネスを生み出す会社でありたい−そんな願いをこめて「アマテス」と名づけました。
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28