所有する不動産物件を売却しようとする場合媒介契約を不動産

August 04 [Thu], 2016, 19:51
所有する不動産物件を売却しようとする場合、媒介契約を不動産業者と交わすことがほとんどです。その媒介契約のうちの一種類は「専任媒介契約」という名称の契約方法です。どんな契約方法かというと、その物件の売却に関しては、契約を行った不動産会社のみが仲介可能です。でも、契約違反にならないケースもあって、売主が不動産業者の手を借りずに購入希望者を見つけ出し、当人同士で交渉したとしても、違約金を請求されたりといったことは起こりません。専属専任媒介契約よりは自由度が高いといえるでしょう。普通は、不動産物件を売る際の入金というのは、分割して、手付金、中間金、最終金として払われるケースが主流になっています。時間的には、手付金の支払い後、一ヶ月ほど経ったら中間金を支払って、その後、三ヶ月ほどの間を開け、最終金の入金です。といっても、トータル支払額の中で占める割合は大きく異なり、そのほとんどが手付金から四ヶ月程後の最終金で支払われることになるのです。手付金だけは現金で渡されることもあるかもしれませんが、盗難や紛失、払った払わないのいざこざを防止するため、どれも売却主の指定口座へと支払うケースが大多数です。購入者は多額のお金を準備しなくてはなりませんが、売却により適した時期と言うのが一戸建てにもあります。売り出すのに一番都合がよいとされているのは1年の中では、春先の転居のために人が動く1月、2月、3月と言われています。家族の都合や転勤などを命じられる人が出てくるため、春が間近になると転居する家族が増えてくることにより、戸建てに住みたいというニーズが大きくなってきます。しかしながら、タイミングを考えることも必要で、必ずしもこの時期にこだわる必要はなく、売り出すのに有利だと思えば売ってしまった方がいいでしょう。マンションを売った時には税金が発生することがあります。それは、譲渡所得税という税金です。マンションを買ったときより値段が高くなった時に、その売買価格の利益分に譲渡所得税がかかってきます。しかし、譲渡所得税は投資目的などではなく、住むために所有していた物件を売却したときには特別控除などが発生するので、売るまでは生活していたマンションを売ったというケースでは譲渡所得税を支払わなくてもいいケースが多いでしょう。マンション売却のとき、ただ売るのではなくリフォームをしてからの方が、より有利な価格で売却できるのではと多くの人が考えてしまいがちです。しかし、実はそうではないのです。いざリフォームとなった場合、相当なお金が飛んでいきますし、リフォーム費用の元が取れないという事態に陥ってしまいがちです。住む人の感性一つで好き嫌いは分かれてしまうので、リフォームを行うのではなく、値引きをしてアピールした方が迅速かつ円満に売却が行われる場合もよくあるのです。買いたくなくなるような明らかな欠陥でもない限りは、余計なことをせずにそのまま売りに出すのが最善なのです。内覧が不動産物件売却時には、買い手の購買意欲に大きな影響を与えるようです。売り手側が注意したいことは内覧の前に、自分が買う立場だったらと仮定してみて、見落としがないか物件のコンディションを見直すことになります。よほどの変わり者でない限り、買い手というのは、キレイで明るく広い物件なのです。その物件の良さがしっかり伝わるように掃除は当然として、余分なものを捨ててスペースを空けるといった少しでも印象アップに役立ちそうなことは全部やると後悔しません。売手は高く、買手は安い価格を望むものですから、価格面で交渉が生じるのは当然と考えていいでしょう。購入者にしてみれば少しでも安いほうが嬉しいのですから、交渉なしで売却が成立する物件は極めて珍しいです。売手の希望を押し通そうとして購入希望者を逃してしまっては、話になりません。値付けと値引きは切り離せないものですし、良い取引にするためには住宅の相場に関する知識を持つのは不可欠です。めでたく不動産の買い手が見つかり、契約が成立したのにも関らず、気が変わって売りたくなくなったとか、買い手を他にも探したくなったりと心境や事情が変化して売却することを取り止めたい場合は、契約の破棄ができないわけではありません。そうは言っても、代償として契約で定めた違約金の支払いや、あらかじめ受け取った手付金を倍返ししなければなりませんから、安易に契約を締結しないよう注意しましょう。もし不動産売却から利益が得られた場合は、ひょっとすると譲渡所得税の支払いが必要かもしれません。不動産の所有期間が5年を超える長期だった場合、譲渡所得税は所得税と住民税がそれぞれ15%と5%の割合で課税されます。5年以下という短期の所有期間ならばさらに倍の税率になります。いつ頃納税すればいいのかというと、所得税が売却をした翌年の2月16日から3月15日までの間に一括納付、住民税の納付は4期に分けて行うことになっています。良い不動産屋で不動産売却を行いたいと思ったら、どうやって選べばいいのでしょうか。最優先なのは、自分が売りたい物件に長けている不動産屋かどうかです。不動産屋にはマンションに強い場合や一戸建てに強い場合などいろいろありますので、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが大事です。そして、全日本不動産協会といった何かしらの団体に加入しているか否かも、業者として信用を持てるかの基準として見ることができます。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/amapwnsof3u1se/index1_0.rdf