おいらは甘党。 

January 10 [Sun], 2010, 0:24
ちょっとだけ、気になる。

普通のチョコレートと、生チョコとのちがい。

まあ、食べ比べすればすぐわかるのですけど、
知りたいのは、どうやって作っているのか、あたりかな。

で、日本チョコレート・ココア協会という公式サイトで調べたところ、
以下記事抜粋

■わが国では、【生チョコレート】として販売されるのは、チョコレート生地に生クリームや洋酒などの含水可食物を練り込んだチョコレートで、一般的に水分が多ために賞味期限は短いものです。
■ 欧米では「ガナッシュ」などと呼ばれている、トリュフなどのセンターになる日持ちのしない食感の柔らかいチョコレートを改良して、それだけで食べられるようにした、わが国独特の規格です。
■【生チョコレート】に関する規格は、「チョコレート公正競争規約」(全国チョコレート業公正取引協議会制定・公正取引委員会認定)に規定されています。


ということで、文がちょっとかたくてよくわからんです。

まあやわらかくさせるための素材を練りこんで製造したチョコってことと、そのせいで消費期限が短いってこと、これだけわかったのでOKとしました。





そのほかにも、チョコレートっていろいろ名称あるんですね。知らなかった。

たとえば、
シェルチョコレート。
チョコレートを型に流し込み、殻(シェル)をつくり、この中にクリーム、ジャム、ナッツ類、フルーツ類などを入れ、さらにチョコレートで蓋をしたもの。


不二家 ルックチョコは、この種ですね。

エンローバー(被覆)チョコレート
ビスケットやウェハースなどの一部または全体を覆うチョコレート。


→キットカットね。

ホローチョコレート
中が空洞になっているチョコレートで、イースターの卵の形をしているもの。人形、動物や色々な模型品が入っており、人形や動物など様々な立体型を楽しむチョコレート。中が空洞になっているのは、細かい部分が壊れない効果もある。

→チョコエッグとか、チョコQね。

ボンボン
この名前だけだと、リキュールが中に入っている瓶の形をしたチョコレートを思い浮かぶけれど、実際は「一口サイズチョコレートの総称」だとか。

→トリュフもボンボンの一種だそうで。

ロシェ
岩をあらわすフランス語が示すように、アーモンドなどで岩のゴツゴツ感を出したボンボン オ ショコラ。


プラリネ
砂糖を熱してカラメル状にし、ローストしたアーモンドやヘーゼルナッツを混ぜ合わせ、すりつぶしてペースト状にしたものを、溶かしたチョコレートに混ぜたもの。


トリュフ(仏:truff 英:truffle)
ランス料理の高級食材トリュフ(きのこの一種)に似せて作ったチョコレート。
センターにガナッシュを入れ、形をいびつにしたり、また掘り出したばかりを演出するために、ココアパウダーをまぶしたりします。様々な形があります。


ガナッシュ(仏・英:ganache)
溶かしたチョコレートにたっぷりの生クリームを加えたり、または温かい生クリームにチョコレートを溶かし込んで作る口溶けの良いチョコレート。トリュフのセンターなどに使われます。
これをさらに加工し、これだけで食べられるようにしたチョコレートが、日本の「生チョコレート」なんだって。



オランジェット(仏:orangette)
細切りにしたオレンジピールを砂糖漬けにし、チョコレートを掛けたり、チョコレートに浸したりしたもの。


ドラジェ(仏・英:dragee)
アーモンドをチョコレートと砂糖でコーティングした、フランスのお菓子。





自称チョコイーターな自分だけど、
全制覇、たいへんそうだ。





白いタイヤキ 

June 25 [Fri], 2010, 0:18
白くて、冷たいタイヤキ
なるものがあるそうな。

どこに売ってるんだろうと検索してたら、楽天で普通にみつかった。



夏のインテリアのおすすめ
モムチャンダイエットプレミアムの効果

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:amamiisland
読者になる
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる