馬方そば屋

April 15 [Sat], 2017, 13:27
 草千里から阿蘇市内に戻り、馬方そば屋に句と、丁度満席で20分ほど待った。ようやく中に入り、生そばの大盛を注文する。時間が掛かるというので、女将さんが揚げだし豆腐をサービスしてくれ、更に10分ほど待ってようやく生そばが出来上がってきた。昨日の蕎麦の量が頭に残っていたので大盛にしたのだが、出てきた蕎麦は笊からこぼれんばかりの量で驚いた。でもね、この蕎麦が旨いのなんの。十割そばとは思えないコシで、蕎麦の味わいがぐいぐい押し寄せてくる。蕎麦汁も江戸風の切れっ切れで、まさに手繰ったそばの4割ほどつけて食べるのが丁度良いくらいだ。更に驚いたのは、息子の頼んだ更科蕎麦。まるで冷麺のようなコシで、今までの更科の概念が吹っ飛んでしまった。いゃぁ、凄い蕎麦に出くわしたなぁ。私は宗教上の理由で飲まなかったが、ニトロコーヒーがまた素晴らしく美味しかったらしい。

サービスの揚げだし豆腐

生そば

天庵

April 14 [Fri], 2017, 13:30
 家族旅行最初の観光は高千穂渓谷なので、その移動途中にある天庵という蕎麦屋さんで昼を食べることになった。セットメニューの中から高天(たかま)コースというのを選ぶと、小鉢、稲荷寿司、蕎麦豆腐揚げだし、もり蕎麦、山菜天ぷら、デザートと、適当なインターバルでどんどん出てきた。細切りの蕎麦が旨い!けど、少ない(笑)。稲荷寿司いらないから、蕎麦をもっと盛って欲しいくらいだ。九州ではうどんや蕎麦には稲荷寿司やおにぎりを合わせる人が多いから、セットメニューもそうするのかもしれない。蕎麦豆腐揚げだしやタラの芽の天ぷらも旨かったし、なかなか良いセットだった。

小鉢

稲荷寿司

蕎麦豆腐揚げ出し

蕎麦

旬菜天ぷら

デザート

ポーク玉子おにぎり本店

April 02 [Sun], 2017, 8:00
 8:00に予約したポーク玉子おにぎり本店に向かうと・・・なんちゅう行列の長さよ!予約しておいて良かったぁ(^^; そしてコンビニでサラダとさんぴん茶を買ってホテルで食べる。勿論ベジファーストだ。さんぴん茶はポッカに限るな。海老フライ入りのポーク玉子は初めて食べたけど、同居人が美味しいと言っていたとおり旨いじゃん。並ばないで食べられたから一段と旨い(笑)。

大行列

大行列2

コンビニサラダとともに

ポーク玉子海老フライ

JIROCHO一家

April 01 [Sat], 2017, 19:50
 小桜の次はJIROCHO一家に向かった。ドアを開けると、カウンターに3人組、テーブル席に14人の団体さんがいて、しかも全員女子というのにたじろぎ、一瞬入っていいのかためらったという事実(^^; ご主人と奥さんが顔を覚えていてくれ、どうぞと促されて席に着いた。
 ビールを頼むと、お通しと共に出てきた。茶碗蒸しと角煮だ。これでビールが飲めてしまうな(笑)。すぐに出てきた煮込みは、ご主人からのサービスで玉子付きだ。どうもありがとうございます。どて系の甘い味噌煮込みは、相変わらずまーさんだ。ビールのあとに残波をいただくと、1杯目の特典としてグラスには残波が入っている。飲み助のツボを押さえたサービスだ。そして静岡おでんでしょう〜。黒はんぺんはテッパンで、玉子とすじの3本をお願いする。そういえば静岡おでんってお汁を注がないんだな。今まで意識しなかったけど、初めて気が付いた。いやはや、サクッと飲んで食べて大満足。どうもご馳走様でした。

トリビーとお通し

煮込み+サービス玉子

静岡おでん(黒はんぺん・牛すじ・玉子)

残波

小桜

April 01 [Sat], 2017, 18:00
 ちょっと前にシャッターしていると、中山孝一さんが出てきたので、どもどもとご挨拶して中に入った。カウンターの中には息子の亮さんともうひとりヘルプの男性がスタンバっている。その日のメニューなどができたりしていて、すっかり代替わりして亮さんのお店になった感じだ。
 孝一さんと定年・再就職の話なんぞをして飲み、すっかり小桜の癒しの世界にはまっていく。亮さんの店になったので、スタンプラリーをコンプリートした時に作ってもらったグラスを持って帰るようと渡され、次にいつ来られるやらと思いつつおいとました。どうもありがとうございました。

オリ生とお通し島モズク

島らっきょうハーフ

はんだま白和え

春雨カーリー

牛もつ塩煮込み

南光

中本鮮魚店

April 01 [Sat], 2017, 9:50
 9:00に開店するという情報を得て、奥武島のとあるパーラーに行き、半開きの扉から「そば食べられますか?」と聞いたら、まだできてないと言われてしまった。あまりカッとしなかたのは、これが沖縄なのだと慣れてしまったのだろう。そんな訳で島をぐるりと散策し、奥武島観音堂をお参りして戻った。
 そして開店直後の中本鮮魚店で、ぐるくん、さかな、イカ、モズクのてんぷらを買い、車内でもそもそと食べた。晴れていたら、海岸で海を見ながら食べるんだけどなぁ(しくしく)。

モズク天ぷら

グルクん天ぷら

さかな天ぷら

イカ天ぷら

おとん

March 31 [Fri], 2017, 19:40
 CRCが次の飲みの約束まで時間があるというので、最後におとんに寄ってみることにした。池田さんときっちんさんにご挨拶して、CRCはまたしてもビール、私は白百合にして、花ニラの酢味噌和えと軟骨ポン酢を頼んだ。池田さん達と話をしていると、沖縄在住の作家、仲村清司さん夫妻が来て、色々と話をしながら楽しんだ。いゃぁ、22:00まで飲み続けたんだけど、CRCはこれから更に飲み会に行くというから驚きだ(^^; おじさんはもう寝ます(自爆)。

白百合

花ニラの酢味噌和え

軟骨ポン酢

角ハイボール

トミヤランドリー【至高のはらわた掲載店】

March 31 [Fri], 2017, 18:00
 栄町に移動し、口開けの客としてトミヤランドリーに入った。

 まずは煮込みとハチノスの唐揚げとタンのたたきを頼んだ。CRCはビール、私は白ホッピーだ。塩煮込みに柚子胡椒を合わせて食べたCRCは、にしんの切り込み以上にウハウハで、カレー風味のタレをのせたハチノスの唐揚げにも、まーさんの連呼である。やはり肉食系だけにトミヤランドリーはツボだったようだ。2杯目は黒ホッピーにすると、タンのたたきが出来上がってきた。これも肉食系のツボにはまり、「こういう風に焼いてカットした牛タンは初めて食べた」と言うので、「豚のタン」と小声で訂正しておいた(^^;

白ホッピー

もつ塩煮込み

ハチノス唐揚げ

黒ホッピー

タンのたたき
 てっぽうのカレー串煮込みは1本しかないというとで、不本意ながら禁断の串外しをして食べることに。柔らかいてっぽうとカレー自体が旨いけど、やはりルーが絡まないのが難点だな。メニューを眺めていたCRCが追加したのはレバーのたたき。これはドツボだったようで、うひゃーと声を上げた(笑)。でーじまーさん! 3杯目は金宮サワーをもらい、禁断の炭水化物、田芋のポテトフライを注文した。所謂ひとつのターンムアギーだ。いやはや、罪悪感に包まれながら食べるターンムは旨い(殴)。最後にハツの青唐醤油を頼み、金宮サワーをお替りして〆た。ホント、トミヤランドリーはレベルが高いなぁ。CRCも大満足で、LINEに画像を送りまくっていた(笑)。

てっぽうカレー串煮込み

レバーのたたき

金宮サワー

田芋ポテトフライ

ハツの青唐醤油

パーラー小やじ

March 31 [Fri], 2017, 15:59
 15:30に馴染みの肉食系CRCと合流し、飲みのスタートである。15:00開店のパーラー小やじにダメモトで向かうと、なんと空いている席があって入ることができてしまった。普段は開店と同時満席になるらしいので、ラッキーとしか言いようがない。小やじに入りたかったという肉食系CRCは小躍りである。

 トリビーで乾杯し、煮込みと豚足唐揚げを注文する。相変わらず煮込みが旨いですねぇ。あっという間にビールをお替りだ。ほとんどビールしか飲まないCRCは、私が3杯目に頼んだ小やじサワーを見て呆れている。いぃーーーんです、ポリフェノールを摂るんです!あまり1軒目で飛ばす訳にはいかないので、次のつまみを慎重に選んでいると、CRCはにしんの切り込みに関心を示したので、それと焼きソラマメを注文した。ソラマメって沖縄ではあまり出回らないのだそうだ。初めて知った。にしんの切り込みを初めて食べたというCRCは、かなりツボだったらしく、うひゃうひゃ言いながらつまんでいる。数の子も入っているのに驚いているが、にしんの卵だから合わせるのは当たり前だ(^^; 本当は日本酒を飲みたいところだが、先が長いので金宮サワーにしておいた。いゃぁ、何を食べても旨いから、流行る訳だな。どうもご馳走様でした。

トリビー

煮込み

豚足唐揚げ

小やじサワー

にしん切り込み

焼きソラマメ

金宮サワー

阿里

March 02 [Thu], 2017, 8:50
 8:20を過ぎたところで、朝粥を食べに阿里に向かった。しか〜し、8:30になっても、物音はすれどもシャッターが開く気配がない(^^; 更に10分待っても微動だにしないので、公設市場周辺をぐるっと回ってきたら、ようやくシャッターが上がったところだった。
 それにしても、汚らしさが更に増してきたな(^^; 粥の旨さを知らない人は絶対入らないだろう。ピータンと鶏の粥(小)を注文すると、最近は娘さんがメインでお母さんはサポートで作るようなっていた。出てきたそれは、相変わらず毎回違うビジュアルだ(爆)。でもね、旨いんですよ。お母さんと台北話に花が咲き、粥を味わいながらゆんたくした。

ピータンと鶏の粥(小)