なぜ不妊治療に鍼治療がいいのか

November 02 [Fri], 2012, 6:27
なぜ不妊治療に鍼治療がいいのか

不妊症には、2つのタイプがあります。
西洋医学的な検査を受けた場合、検査によって不妊の原因がはっきりと分かる器質性の不妊症と検査をしても全く原因がはっきりとしない機能性不妊症というものがあります。

前者の器質性不妊症は、原因が分かっていますので、薬や手術などの治療を受けることで妊娠をすることはできます。
しかし後者の機能性不妊の場合は、原因が不明ですから明確な治療方法がないのが現状なのです。

ただ妊娠を維持し、継続するためには、胎児を育てるだけの健康的な母体をつくる必要があります。
母体そのものの、力を高め、正常に機能させることが重要なことで、内臓機能の正常化や強化をおこなうと自然と赤ちゃんが授かりやすい体質を作ることができると考えられています。

薬を使用することは100%良い方法だとは言えませんので、副作用が心配だという方は、東洋医学の鍼灸治療を取り入れてみるのもいいでしょう。

現在多くの不妊クリニックでは、西洋医学に加え東洋医学を取り入れている事が多く、鍼灸師を在籍させ、不妊治療に取り組んでいる事があります。

排卵を誘発し、ホルモンの分泌を改善しても筋肉が硬く、血液の流れが悪い状態では、妊娠を成立させる事は難しくなります。
鍼灸と聞くと、腰痛や肩こりといった整体治療のイメージが強いかもしれませんが、尼崎市 産後 骨盤矯正は不妊症の体質改善には優れた効果が期待されています。

血液の流れを改善し、自然治癒力を高めてくれますので、月経不順や冷え性を改善し自然と妊娠しやすい体質に変化させると言われています。

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/amagasakisango/index1_0.rdf