『14歳の国』/前々日覚書

November 22 [Thu], 2012, 1:48
沈黙、
声の出処があやふや、
不在、
あやふや、
期待値、
台詞の、
発語された後の相手への期待値、
選択、
騙る、

10月28日

October 29 [Mon], 2012, 2:25
■ははは。
いやー、おそろしくなにもやる気が出ない。
風邪も治らないし、体重も減った。
ぷは。
やる気がないのならやめちまえと言ってやりたいですが。
最近の自分の周りの状況を見る限りでも、モチベーションを維持していくことはやはり大変なんだなと思います。
環境の問題然り、年齢の問題然り。
たらたらと続けていますが、たらたら続けられないのも確かなことで、
環境や年齢と現状を照らし合わせてみたときに、無駄なプライドや自意識が悲鳴を上げてどこかけ逃げていくんですね。
逃げないような場所に自分を置いておくのが大切なんですけど、そのフィット感というか、そういうものがなかなか感じにくい。
と、まあ、そんなこと言ったところで、やめる人はやめるし続ける人は続けるし、やめたと思った人がどこかで続けてるし、続けてたと思った人がいつの間にかいなくなってるし。
そんなもんだ。
演劇と全然関係ないところで、まったく連絡のとれなくなった親しい友人が居て、
まあ、そういうことだ。
何事も突然なんだ。
本人にとっちゃ突然ではないんだろうけど。
だから、目の前のことはいつでも僕にとっては突然なワケだ。
潰れないように、千切れないように、続けていきますけども。
あいつは今ごろ、どこで何をやってるんだ。
東京にいるのか?
地元に帰ったのか?
そもそも生きてるのか?
どこか海外で野たれ死んでいるのではないか。
いや、でも、まだ携帯は生きているからな、死んではいないか。
そうでもないのか?
なんだ、文章が荒んでるな。
やる気がないのだよ。
いいじゃないか、たまにはこんなんで。
パソコンと2時間向かい合ってようやく書けたのがこの日記だとか完全に詰んでるじゃないか。
とにかくやる気がないのだひょ。
だひょってなんだ。
どんなタイプミスだ。
やる気がないのだひょ。
面白い。
本気で言ったら殴られそうだ。
自分のモチベーション如何で今までどれだけの人を裏切ってきたか。
とりあえず今日はもう寝ますけども。
咳が止まらないので本当にイライラする。
年中下痢なのに、その上咳が止まらないとか、風邪ひくとか、ほんと勘弁してほしい。
体重がほしい。
腹が弱いから憂さ晴らしに酒も飲めない。
煙草はまずい。
外は寒い。
潰れないように、千切れないように、続けていきますけども。
いやはや。
まいった。
身辺整理をしないとね。
この日記、アップすんのか。
厭だな。
書いたからアップするけど。
ツイッターかなんかで喚き散らすよりよほどいいわな。
な。
潰れないように、千切れないように、
自己防衛本能が憎たらしい。
あれか、後藤まりこは自己防衛本能が働きすぎてYUKIみたいになったんか?
YUKIみたいになって護りたかったものってなんだ?
なにを護ろうとしているわけだ?
な。
な?

腰に穴が空いちゃった

October 20 [Sat], 2012, 1:56
■腰に穴が空いちゃった。
と、彼女が言ったのが一週間ほど前のことで、最初は小さな虫刺されくらいの大きさしかなかったそれが(しかし、しっかり貫通はしていた)、だんだんと大きくなっていき、今では僕の頭がかるがると入るくらいの大きさになっている。
これは気持ちの問題だからいちいち文句言わないで。
と、最近の彼女は穴を隠そうとかなりの厚着をして出かける。
そもそも文句を言った覚えはない。
Tシャツ一枚、ブラウス一枚で穴は見えなくなるのだから、厚着をする必要はない。
これは気持ちの問題だからいちいち文句言わないで。
と言われてしまえば、ああそうか、気持ちなんてものはそんなに意味のないものなのか、と思ってしまう。
端から見ればそれは一枚のTシャツよりも価値がない。
すべては気の持ちようだ。
あと数日したら穴は僕の肩幅よりも大きくなるだろう。
そうなったら、彼女の穴をくぐりぬけて、どこか遠くへ出掛けようと思う。

タンタカタン

October 12 [Fri], 2012, 23:01
■ニキビが増えて体重が減った。

■誰も悪くない、
というのは、そんなことはわかってるんだが、それでもこんなんだからさてそれじゃあどうしましょうね、って二の足を踏むわけだ。

善悪で語れるものでもないのも、そりゃそうなんだ、けど、そこでもやっぱり、どうしましょう、とタンタカタンとなるわけだ。
タンタカタン。

タンタカタン、タンタカタン、と、聞こえてもいない音をどうしてくれよう。

太宰に聞こえたのはトカトントンだったけど、僕にはタンタカタンだ。

タンタカタン

何かリズムを刻めればいいなと思う。

アートだとか芸術だとか演劇だとか、
なぜ、なぜ、なぜの連続で、不明瞭なものに輪郭を与えて、与えたそばからぶち壊し、ごちゃごちゃ混ぜても一度焼き上げる。
たんぱく質は一定以上の温度になったら凝固してもうどうしたってもとには戻らなくなる。
ヒトが茹で卵のようになる。
これは関係ない。
なにかあるらしい。
どうやら。
曖昧なもののなかに何かあるらしい。

営みでしかない。
例えばそれはあの希望への志向性のある営み。
その中に垣間見るなにか。
営み。
work
働くのか。
働くのはいやだな。


いとなみ。

ひらがなはいいな。

いとなみ。

善悪のない、

さっきから屋根裏を鼠が駆け回っている。

いとなみ。

考えなければ世界はないし、触れるだけでも世界はあるのだから、

ぼくは、もっと、こう、たんぱく質のようなものになりたい。

いや、これも関係ない。




9月12日

September 13 [Thu], 2012, 0:54
■ずっと筋肉痛。
1週間近くずっといつもどこかが筋肉痛である。
しばらくはこんな生活が続きそうなので腹をくくる。

腹をくくる。

腹のくくり方が間違っているのだろうかとふと思う。

■夢で、
帰宅して少し眠って、その間にみた夢で、ひさしぶりにバッサリ否定された。
やってることをバッサリやられて、反論する気にもなれず、だけどもその夢がなんかハッピーな雰囲気で終わったのがどうも解せない。
解せぬ。


血と肉をみる生活か。

生活なのか。


明日もまたカラダとアタマを動かす。

中期の授業が始まりまして

September 06 [Thu], 2012, 1:59
■アカデミー、中期の授業が始まった。
講義が面白い。
自分、バカだなー、ハハ、とか思う。

■今日の授業で「テーマとコンセプト」の話になった。
そう考えると、なるほど、最近の僕はたぶんコンセプトのことばかり考えてきてテーマなんてクソくらえ的な感じだったのかも。それで、なんか、いろいろウズウズして、つまんねー、とか、違うよ、とか思ってきたのかも。
それはたぶん「ものがたり」を疑いはじめたころからで、「ものがたりを疑う」→「テーマの喪失」、ってところで止まって、かなり悩んでいたのが、去年の秋ごろに発見したそれがたぶんコンセプト的なものになって、「テーマの喪失」→「コンセプトの発見」ということで、僕はそれがなんなのかもわからずわいのわいのと喜んでいたのでした。
で、今年の地元でやるワークショップは徹底的に「ものがたり」についてやろうと思っているので、そういう意味でもとても素敵な感覚があったのですよ。

ハエだ。
ハエがいる。
秋になったから、もうハエはいないと思ったのに。

で、なんだ、
ちょっと、そういう循環を考えて、テーマとコンセプトの循環を考えていく。

あと、ハンス=ティース・レーマンの『ポストドラマ演劇』を早いとこ読み終える。
いや、まだ読み始めてもいないけど。
月曜の授業のレジュメでちゃっかり引用されちゃったりしていて、それがなんか悔しかったから。

循環を考える。

ドラマとポストドラマの。

”二重性”になっていたものが”循環”し始める時。
流動的になる時。

■循環についてはいろいろそうで。
もうなんか、一周して帰ってきた感覚があった。
今年の夏のワークショップ。
一周して帰ってきて、バカバカしいこと考えて、それを実現したいとも思ったりしている。

リア充/

September 04 [Tue], 2012, 0:49
■この夏、静岡と東京を往き来している間になんとなくFacebookを使い始めました。
Facebookってあれよね、リア充オーラがなんか満載で登録したはいいけど使い方もよーわからんし活用してこなかったが、ワークショップやることもあり、急に地元メンツからの友達申請が増えたこともあって、じゃあ使うかって感じで使い始めました。よ。
「いいね」とかボタンが機能としてあるあたり、mixiもそうだけど、「いいね」って感じのことが羅列されていってる気がして、それがFacebookはリア充みたいな印象を僕に与えていたのだろうけど、まあ、いい、使い始めたからには、ちょくちょく書きこみし始めたからには、僕のそんな部分を搾り取って染みつけようと思う。
SNSってホント怖いし、SNSが浸透してるクセにSNSベタが多いと思う。
そう思うんだよなぁ。

■恒例、になりつつある地元でのワークショップに行って参りました。
お金とか労力とか、そんなん気にしてたらなにもできなくなるから、そういうことは全部一度頭の隅の方にやって、波及、波のような、循環のようなことを考えて、で、またそれも隅の方にやった上でただ「楽しく、楽しく」ってことを。
「ものがたりを創ってみる」というタイトルで始まった7日間でしたが、細かいところでよかったところや反省点は多々あれど、最終的に、演劇はものがたるシステムだ、とかそんなことを思って、考えはじめたところで発表会になり終了。
いつもあっちゅう間なんだけど、5回目ということもあって、少しずつ何かが実りはじめているのかな、と思った成果発表会と打ち上げでした。
いつも関わってくれている方、今回はじめて参加してくれた方、どうもありがとうございました。
書きたいことは多いけれど、いますぐまとまりもしないので、写真を何枚か載せて終わりにします。



コンビニの喫煙所から。
なぜ撮ったのかわからない。


稽古場になった母校近くの公民館から。


同じく。


同じく同じく。


成果発表会前の開場。



さて。
次だ、次。


斜めから真っ直ぐ撃つ

August 13 [Mon], 2012, 23:58
■最近、思い出したように芝居を観ている。
9日に福原さん脚本・木野さん演出の『くじけまみれ』、今日はクロムモリブデン、17日には二年ぶりに少年王者舘、19日には地元の劇団の公演を観にまたちょこっとだけ帰省。
KAATでやるデラシネラの公演は日程的に無理らしい。
鼻血出るほどくやしい。
劇場に行くことは経験であり、なにより体験でもあり、やっぱり小劇場の空気が好きだなと思った。


■咳がなかなか止まらない。
ずっと痰がからんだ咳が出る。
なんだ。
死ぬのか。

■水着を買った。

■時計を買った。
これで、僕の部屋には時計が三つあることになる。

■アングラは死んだのか、
とか、全然関係ないけど、今日、ほんのり考えてた。
アングラは死んだのか、またはアングラは可能なのか。

リアリズムは可能になった。

演劇はどこにあるのか。

■斜めから狙って真っ直ぐ撃った弾は、どこへ行くのか。
どう撃ち抜いて、その先の軌道はどこへ向かうのか。

8月10日

August 11 [Sat], 2012, 1:02
■先週、地元・藤枝市の中学校での演劇ワークショップに行ってきました。
見学、というか、アシスタント、というか、いち参加者として。
楽しかった。
いろんなことがポロポロ見つかった。
詳しいことはまたこんどまとめて書こうと思います。

■普通に、っていう。
朝起きたら腹が減っていて、だから食べて、それから動いて、腹が減ったら食べて、夜になったら眠くなるから寝る、っていう当たり前さというか普通さみたいなものからやっぱり少し距離のあるところにいて、それはたぶんいつもは”生活“って言葉で表している諸々のことで、生活についてもう2年くらい考えて、なにかしら表現しようとしている気もするし、ただそれがリアルだとかそういう便利な言葉で置き換えられてしまうのはもうクソくらえって感じで、そう、それならクソ喰らうような、クソ喰らってますけどなにか、という生活を表現したい。
のは、なぜなんだろうか。

生活という言葉の幅がまだ僕の中ではとらえがたい。

距離のあるもののように思える。

果たして、生活、しているのか。



7月28日

July 28 [Sat], 2012, 21:51


僕の部屋の天井にあるこれ。
開けたらどこに繋がっているのか。
時々、天井からゴトゴトと音がするので、ネズミとかがいるんじゃないだろうかと、
開けたらネズミとかが落ちてきたりするんじゃないだろうかと。

夏休みなので毎日暑いので、毎日暑いから夏休みなので、夏休みに入って一週間ですが、いまだこの歳で夏休みのある生活をしているのかと思って、何を以て夏休みなのか、夏故に何を休んでいるのかと言われれば何も休んでいないし、ずっと休んでいるような気もする。

蝉をとるワケでもなし、プールに行くワケでもなし、海に行くワケでもなし、山にも河原でバーベキューなんかもせず、もちろん夜の墓場で運動会なんてもってのほかで、だがしかし、ただ腹が減るだけ。
食っても太らず。
動いても太らず。

4年に一度のなんちゃらが始まったらしいが、じゃあ4年前は何してたかって、まだ18歳でした。
18歳してました、ぼく。
ザ・ティーンエイジャー。

アカデミーの授業で『14歳の国』をやることになりまして、片や別役実の『象』なんかをやる人達もいまして、このふたつの戯曲を扱うという、なんていうかこの、つかみどころのない濃さは、4期生っぽい感じがしてそれもまたよし。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:紅林吉雄
  • アイコン画像 誕生日:1989年11月24日
読者になる
(劇)真肋製菓
Einsteinn.
座・高円寺 劇場創造アカデミー4期生

カラダが欲しい
2012年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像紅林吉雄
10月28日 (2012年10月30日)
アイコン画像おちとも
10月28日 (2012年10月30日)
アイコン画像Facebook
リア充/ (2012年09月04日)
アイコン画像モリマサカズ
バカな頭で演劇について考えてみた(真面目) (2011年09月04日)
Yapme!一覧
読者になる