ツミで佐山

January 18 [Thu], 2018, 22:33
スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、それが元で不倫が判明することが増えているのも、当然かもしれませんね。配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新するようになったら、日常的に浮気相手と接触を持っていることも考えられます。

配偶者の態度とSNSは浮気に気付く材料と言えるかもしれませんね。もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのであれば、相応の額が必要です。

探偵の調査業務にかかる料金は、不倫の調査などで1日4万円位、それに日数を乗じた金額が必要です。時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、たいていの調査であれば、50万から60万くらい用意しておくと良いでしょう。婚姻外の不倫関係であっても、出生した子どもの認知請求をする事は可能です(民法779条)。認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、親子関係では非常に重要な手続きとなります。


すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。



そんなことになる前にどうにかして浮気を止めないと、家庭のライフプランが大幅に狂う被害があると思っていいでしょう。

浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬でお願いすれば得をするかと言えばそうでない場合にも遭遇します。
条件が成功報酬であれば不成功な結果となった場合、報酬支払いの義務がなくなるのでお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。したがって、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、求めているような人がいます。

興信所を使うときの代金はまちまちで、星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくる例もあり、注意が必要です。高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、実際はかなりあいまいです。

高いお金を払って、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったなどということにならないために、業者を決める前に浮気調査の妥当価格ぐらいは調べておくべきです。
離婚も辞さないつもりで、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉める元なので、止めるようお願いします。信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。

あなたが信頼できる方がいない場合、探偵に依頼するのがベストだと思います。
アラサーの会社員です。妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。

私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、まさかの不倫発覚。
バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。謝罪の言葉もなにもありませんでした。



修復の見込みがあるのでしょうか。



妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。
このままなかったことにするつもりなら、私にも考えがあります。よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、実際そうでしょうね。
自分の欲求のためなら、誰かから大事な人と幸せと将来を略奪したなら、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯がばれたら終わりと不安な思いをして暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。



第一、不倫した相手と入籍するに至っても、いつまた不倫に発展するかと思うと心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。調査会社が探偵業務で使用する道具というと、無線発信機が全盛だったころもありますが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧型の発信機と比べると明らかにターゲットを見失う危険性が減りました。

いまどきのGPSの精度はとても高く、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ車両を発見することは簡単になりました。そんなGPSを設置できれば、時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。
 追跡グッズという探偵が使うものは 自分で買うことができるかといえば、購入できます。
一般的には、追跡グッズはGSP端末を使うことが多いのですが、これはどんな人でもインターネット等で買うことができます。車に載せてあるGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:綾音
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる