流産を経験しています。ずっと欲しか

January 15 [Sun], 2017, 15:08
流産を経験しています。

ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、流産してから1年後くらい経つと、もう一度、チャレンジしてみようと妊活について調べるようになりました。
身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性を治そうと運動をはじめてみました。運動によって新陳代謝が良くなったのか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性も良くなったので、本当によかったです。仲良くしているお友達が彼女が妊活をしている時によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。

彼女によると体質から変えたい、とかんがえているようでした。

漢方だったら安心感があると思います。
漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、みんなでお祝いを計画しています。皆さんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、積極的な葉酸の摂取が求められています。
赤ちゃんが健やかに育つように、葉酸サプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)で補いながら、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日あたり葉酸0.4mgです。さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、難しいと思いますから、葉酸サプリで補給するのが良いと思います。葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。野菜の中ではたとえば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類にふくまる栄養素です。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだといわれているのです。なぜなら適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。

また、流産といった危険性を減らす効果があります。


理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表し立ところによると、妊娠の初期の段階で400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされているのですので、葉酸サプリで摂取するのも賢い方法だと言えます。
胎児がげんきに成長するために最も重要なはたらきをするのが葉酸です。ご飯による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。
しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。



妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。



とはいえ、母体の健康を維持するためにも必要不可欠な栄養素です。



なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。
今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、ご家庭での普段通りのご飯に加え、充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省によって勧告されています。
なぜなら、十分な葉酸を摂る事で神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリを利用する事も出来ます。


その場合だったら胎児の安全性を考慮した上で、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリを選ぶことがポイントです。妊娠を要望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。

こちらの会社が販売している葉酸サプリには複数の種類(それぞれに違いがあるものです)のものがありますよね。


それに大抵の商品が葉酸だけではなくカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分が一錠にまとめて詰め込まれています。
複数のサプリを飲む必要が無いので、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。管理も楽なので、おススメです。ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特質があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。


妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。
葉酸は赤ちゃんがげんきに育つために大変重要な栄養素の一つです。



それでは、この大切な葉酸を適切に摂取できなかっ立としたら、胎児にどのような影響があると思いますか?実は、葉酸には細胞分裂を促すというはたらきがあります。
そのため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になるという研究結果が報告されました。
こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を心がけてちょーだい。
近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。

葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している栄養素です。



ですが、体調が悪い時には、ご飯をするのも辛い時がありますよね。そうすると食べ物からの摂取が辛い時もありますよね。

そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、サプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)に代表される栄養補助食品を摂取することで理想的な量の葉酸を摂取できるというワケですね。不妊の根本的な原因は、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった婦人科面での要素と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症(通常の検査の他に、精巣生検、男性ホルモン検査、超音波検査、染色体検査、責任遺伝子検査などを行うこともあるようです)や性機能障害等、男性由来のものとが想定されます。更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。不妊対策をしたいと思ったら、女性のみならず男性も検査をうけることが、とても重要な意味をもつのです。近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、どちらも不足しがちなものです。普段の食生活ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいそうですので、栄養補助食品(サプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)など)を利用するのが良いでしょう。


最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが売っていますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。


一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須です。では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が要らないのかと言うと、そんなことはありません。

葉酸のもつ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという話では、妊娠3ヶ月までの期間が最も注意する期間ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを食べるようになっ立という妊婦さんも多いと思います。しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。


ですから熱を加えてしまいますと大切な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
結果的に、摂取量が足りないという事もあるので、注意が必要です。不妊が続く状態を打破するために、普段の食生活の見直しも大切でしょう。

両親の体の中で精子と卵子(雌性で不動の配偶子のことをいいます)ができるわけですし、乱れた食習慣を続けていては受精しやすい活発な卵子(雌性で不動の配偶子のことをいいます)(精子)というのは、望むほうが無理なのではないでしょうか。

妊娠しやすい体つくりは子育ての下準備のようなもの。

偏らない、健全な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。



二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。
私の場合はそれが良かったのでしょう。
早々に下の子を授かりました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:琉生
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる