おきあがるとき。

December 11 [Sat], 2010, 0:26

嫌なやつになってた。元彼と、その新しい彼女のことばかり気にして、

要らない情報まで手に入れて、でも、自分と元彼との時間、それだけを

心のよりどころにして、事実を受け入れなかった。受け入れることができなかった、というかんじ。

きっと、魔がさしただけ、たまたま弱ってたときに近くにいるものに惹かれただけ・・・と。


別れた理由なんて、当事者のわたしと彼が原因なのに、新しい彼女への嫌悪感ばかり

つのった。何かを憎もうとしなければ、自分が自分でいられなくなるくらい辛かったから。


そんな時、友達からの言葉で、覚醒したような気がする。


“なんの為にそっちにいったのか、もう一度思い出して欲しい。辛いのはよくわかるけど、

何をしたくて、学びたくてそっちに行ったのか、行く前の気持ちを思い出して。キツイかも

しれないけど、こっちのことにとらわれないでほしい。もっと、大きなもの感じて、帰ってきてほしい”



大好きな、大切な友達からの言葉。氷山だった私のココロは、少し解け始めていた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alotlikelove
読者になる
大切なひと、時間。戻らないし戻れないけど、
忘れたくないからここに記します。
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/alotlikelove/index1_0.rdf