くーちゃんの朝の食事 

March 18 [Tue], 2008, 20:18
最近朝の6時にヨーグルトを欲しがります。
お蔭で寝不足です。
ヨーグルトは当然無糖、添加物無し、自家製です。健康には良いと思いますが。
やっとやせっぽちだったのが少し贅肉が付いてきました。
成長が早く最早子猫では有りません。

ピストン交換に挑戦! 〜ミス発覚・後始末の結果は・・・〜 

February 17 [Sun], 2008, 11:57
早く確認せんと、どーも落ち着かン・・・

そんなワケで定時上がり、河川敷へGo!



チョット普段より多めにキックしましたが、始動OK!

もちろん燃料も入っていたし、サイレンサーのキャップも外れております!

暖気しながら着替え・・・止まらない(喜!)

ほんじゃ、慣らし運転って事でコースへ。

あらら、コレが結構ストレス。(ライダーにとって)


あ、そう言えば

コーナーの開け始めを早くタイミング取る様に意識してみます。

慣らしなので、開けても2/5位までの範囲で。

全体的にスピードが出てない中での話なので、周を重ねる毎に

何となく感じが掴めてきたような・・・


ところが、30分ほど走ったところで雨が・・・

1時間後頃には本降りに。

日暮れでもありましたし、ボチボチ慣らしもできたことだしお片づけ。


帰りは、アドバイスを受けたバイク屋サンへ報告に。

「こないだはありがとうございました!」とビールを差し入れ。

こーやって、あーで、結局開けて、こーなってて・・・

・・・なぁ〜んて話して帰りました。



これで、一安心。

気持ちは、エルニド本栖だね〜!

嵐っぽくね 

February 13 [Wed], 2008, 16:03
 今日は髪の毛を切ってまいりました。

 ばっさりショートカットです。幼稚園ぶり。

 写メを撮って姉上におくったのですが、それがちょっと嵐っぽかった。
嵐の誰とは言いませんが。

旅行記その5など 

January 31 [Thu], 2008, 1:00
夫です。



我が家の夕ご飯は最近、もっぱら奥様が作ってくれています。決して早く帰ってきているわけではないのに、ありがたい&申し訳ないですねぇ。。手作り料理を早く、簡単に、でもおいしく。永遠のテーマかも知れませんね。



というわけで、旅行記その5です。



==========
8月29日(水)



今日でザルツブルグともお別れ。昨日までは暑いぐらいの陽気が続いていたが、今日は雨が降ったり止んだりの天気で、気温も低く肌寒い。どしゃぶりだったらタクシーで駅に行こうかとも考えたが、そこまででは無いので、朝食後近くのバス停まで歩いてからザルツブルグ駅へ。駅の自動販売機でウィーン駅行きの電車の切符を買って、プラットフォームで電車を待つ。途中、2回ほどドイツ語のみでアナウンスが流れたが、どうやら15分列車が遅れるということを行っていたようだ。実際、ウィーン行きの列車は15分ほど遅れてザルツブルグ駅へやってきた。



電車に乗り込むと、結構乗客がいる。誰も座っていないコンパートメントを探すのは難しそうだったので、6人席に2人だけ座っているところへ相席で座ることにする。ザルツブルグからウィーンまでは、急行列車で約3時間。途中で天気が良くなることを期待していたが、雨が降ったり止んだりの状況はどこまで行っても変わらないようだ。読書をしたり、旅行ガイドを読んだり、少しうつらうつらしているうちにウィーン西駅に到着。出発は15分遅れだったが、到着は5分ほどの遅れに取り戻したようだ。



ウィーン西駅で地下鉄に乗り換え、一度乗り換えもして国立歌劇場前のKarls Platzへ。ぐずついた天気の中、石畳の上を荷物を引っ張って4、5分でホテルへ到着。今日は一泊だけ、Hotel Sacher Wienに宿泊する。カルティエのごとく、ボルドーに金の装飾や金文字でまとめられたこのホテルには、ザッハートルテで有名なカフェがある。しかしそれ以上に、部屋の内装の美しさやに感心してしまった。奥様は例によって大喜びである。



まだ昼の早い時間帯なので、先のカフェ・ザッハーに行ってみるが時間が悪く大行列。仕方ないので、シュテファン寺院の方へ向かってケルトナー通りを歩いていく。途中、GERSTNERというこれまた素敵なカフェがあったので、そこでお茶をしてからシュテファン寺院へ。僕は10年前にも語学研修ついでにウィーンに来ているが、記憶はあまり無い。その時は、スイスのチューリッヒ経由で来たのだが荷物がパリに行ってしまっていて、数日間は同じ服を着ているような状況だったので、あまりウィーンを楽しんではいなかったのかも知れない。



シュテファン寺院内には各国の観光客が多くいるが、広々とした内部は混んだ感じにはならない。上層階には登らず、一通り内部をながめてから外へ。その後、さらにリングの外まで足を運び、ウィーン楽友協会ホールを外から眺め、インペリアルホテルを横切って、さらに近くの公園でヨハン・シュトラウスやブルックナー、シューベルトの像を写真に収め、ウィンドウショッピングを少ししてホテルへ戻る。さすがに歩き疲れた。



ディナーは、当初ザッハー内のアンナ・ザッハーというレストランを予約するつもりだったが、ホテルに到着してから確認すると今日はお休みとのこと。仕方ないので、金曜日に行く予定だったWalter Bauerというレストランの予定を今日に変更する。無事変更できて、20時にそこへ。オーストリア版のミシュランによると、フォークの数(金額)は下から2つ目だが、星が1つ与えられている。シュテファン寺院を過ぎて、細い路地を通っていくとこじんまりとしたバーのような入り口のレストランに到着。



中も小さく、テーブルは10席も無い。とても対応の良いベテランのウェイターさんが、ドイツ語のみで書かれたメニューを、すべて英語で説明してくれた。昨晩まで食べすぎが続いていたので、奥様は今日は前菜のサラダとガチョウのメインのみ。僕も、カルパッチョとスープと、同じくガチョウのメインのみにした。余裕があれば、デザートを注文するつもりで。



前菜の前に、ソーセージの切り身と自家製と思われるマスタード、そしてパンが出てくる。これらを一口食べて、この店がただものじゃないことが分かった気がした。見た目はオーソドックスだが、味はかなり色々な素材や調味料を加えたコンテンポラリーなものだ。平たく言えばクセがあるが、私たち二人ともこれは受け入れられた。続いて出てきた、牛肉のカルパッチョにも同じようなマスタードとチーズベースのソースがかかっているが、これまた不思議な味わいだ。じっくり味わいながら、ようやくメインへ。隣席には、20代前半と思われる韓国人の男女が、食堂で食べるかのような勢いでコース料理を食べている。どうやら、男性の方が常連と思われる。お金持ちのお坊ちゃんという感じだ。



メインのダック。こちらのソースも、昨晩までのバターとワインベースの重厚なものではなく、多少の酸味が利いたさっぱりしたもの。それでいて、味わい深い不思議な感覚だった。お昼を食べていなかったこともあるが、今日はデザートが食べられそうだったので、注文することにする。奥様は一見アップルパイのような温かいデザート。ただしリンゴではなく、酸味の効いた桃を全面に乗せて焼いたようなデニッシュで、横にチョコレートアイスを添えたものである。チョコレートアイスにはなんとシソの細切りが入っている。甘みの強い中にフレッシュな香りが広がり、口直しの意味があるのかもしれないが、チョコレートとシソが合っているかと言われると…。僕は、3種のクレームブリュレを注文した。クレームブリュレは、バニラとコーヒーと、なんとコリアンダー。説明を聞いていたときに耳を疑ったが、珍しさに惹かれて注文してしまった。何に時間がかかったのか、20分ほど待たされたが、出てきたデザートもやはりコンテンポラリーな不思議な味わいのものばかりだった。問題のコリアンダープリンは、言われないとそれと分からないぐらい。ミントが入っているような感覚だ。これはこれで貴重な経験だった。



お店を出たのが、22時過ぎ。それでも、ウィーンの町は安全さが維持されているようで、のんびり歩いて部屋に戻った。

やりすぎっ! 

January 18 [Fri], 2008, 14:06
今日、うちの長男(8歳)が次男(7歳)と大喧嘩・・

長男は学年1の力持ち

次男はちょっと小柄・・

取っ組み合いの大喧嘩

理由は?お風呂の順番争いでした

しばらく見ていると 口喧嘩から だんだん 手・足が・・

次男は 泣きながら長男に攻撃!

長男は 笑って 軽く攻撃をかわしながら 逃げていた

そこに! 次男が投げたおもちゃ(トイストーリーのバズ)が

頭にHIT!!長男が恐る恐る頭を触ってみると・・・

な・・なんと!流血!!

そこで長男・逆切れ!(−−メ)

次男に猛攻撃!

次男は鼻血・・

お互い流血のまま・・フィニッシュ!

長男のロケットキック炸裂!!

次男は吹っ飛び  あえなく終了・・

男の兄弟ですが 本気で拳骨の嵐・・

お互い本気で殴り合いをします。

流血事件は多々あります。

次男は 左目の上に青たんを作っていますが

何も無かったかのように 葡萄を食べています・・

でも ひそかに 「兄ちゃん寝てる間に 顔の上で屁こいたんねん・・・」と

呪文のように唱えながら 葡萄をほおばっているのを

僕は見逃しませんでした・・・

11月6日お弁当 

January 14 [Mon], 2008, 5:59
お弁当
 ・ 長崎ちゃーめん、半熟卵
 ・ 日野菜の梅酢漬
 ・ 柿



日野菜が漬かりました。カブの1種ですが、歯ごたえは大根です。葉も柔らかいです。
甘さほどほどにして、美味しいです。


柿は、家にいる頃は買うものではありませんでした。柿の木が2本あり、食べたい時に取って、食べてました。時折、しぶいのに当たったりして、楽しかったなあ。柿だけは、祖父も、父も取っては自分で皮をむいて食べてました。

筑波サーキット 

January 04 [Fri], 2008, 8:51
友達の子供たちが筑波サーキットで耐久レースに出場するというので、応援に行ってきましたぁ〜



(写真の左側の赤いバイクが子供たちのバイクです)




当日は、あいにくの雨模様・・・ 



しかし、雨のレースには慣れているという子供たちは、雨とは思えないようなスピードでコーナーに突っ込む、突っ込む!!!



見ている私達のが怖いくらい・・・



どんどん順位を上げて、大人たちに混じり、 ''' クラス優勝 '''、''' 総合5位 ''' という立派な成績でレースを終えました。



雨のおかげでバイクの差が出なかったとは言っても、見に行く度にかっこよくなるライディングスタイルに、''' 未来の女性ライダー誕生 ''' を期待する私でした♡

★ ネットでお金を稼ぐ ★ 

December 21 [Fri], 2007, 23:57
インターネットを通じてお金儲けができないかと考えている人は多いと思います。

これだけネットが普及し、もう生活になくてはならないものになりましたからね。。


アフィリエイトなりオークションなりネットで稼ごうとして月に10,000円以上を稼いでる人の割合をご存知ですか?

たったの5%なんです

ネットにおいて95%の人が月に10,000円を稼げていない
事実をご存知ですか?


その5%が月に1万円であったり、100万円であったり
1000万円であったりとさまざまです。


ちなみに私は5%の稼げる人間の仲間入りをしています。


では、何故95%の人は稼げないのか?


その理由のひとつとして、行動をしないこと。


たったそれだけだと思います。

世界三大合戦 

December 14 [Fri], 2007, 5:11
お久しぶりです。
写真ネタが尽きたこともあり、仕事もバタバタしていたりでさぼっていたら、あれよあれよという間に1カ月以上が過ぎてしまいました。関ケ原決戦の記念日である9月15日も何もしないままに過ぎてしまうとは、痛恨の極みです(まあ、旧暦9月15日はまだすぎていないけど)。
そこで、というわけでもないのですが、また、少しずつこのブログを始めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

それにしても・・・ブログを書かないと、本当にアクセス数が伸びませんねえ。あまりにストレートな事実に驚きです。頑張って書こうっと。

では、最初の話題はこの雑談から。

・・・・・

皆さんは、「世界三大合戦」というのをご存知ですか?

巷によくある「三大○○」もののひとつです。まあ、僕もどこかで聞きかじった程度なので確信はもっていませんが、

・ワーテルローの戦い
・ゲティスバーグの戦い
・関ケ原の戦い

この3つを指してそう言うんだそうです。

恐らくは、単に大きな戦いであったというだけでなく、その後の歴史を決定づけた、天下分け目の戦いということで選ばれたのでしょう。
それと今から思えばもう一つ、「どちらが勝ってもおかしくなかった戦い」というのも加えていいんじゃないでしょうか。
関ケ原合戦では家康が勝つべくして勝ったと思っている人が多いと思いますが、それは勝者の側がつくった歴史観に基づくもの。最近では、三成もその圧倒的な実力差にもかかわらず、もう一歩で家康に勝つところまでもっていったということで、再評価の声が高まっています。ちょっと認識を改めたいものですね。

では、この世界三大合戦の3つは、どの程度認知されているんでしょうか。

証言その1。
このネタは、過去のクイズ番組では一度も出題されていません。つまりは、一般には認知されていないということでしょうか。

証言その2。
私の経験によれば、「日本三大○○」とか「世界三大○○」というのは、だいたいが三番目が怪しいことが多い。

クイズネタになるようなメジャーなものであっても、実際には三番目がいくつかあって、固定できない場合が多いのが実情です。ましてや今回の3つ。ワーテルローの戦いとゲティスバーグの戦いは、世界的に認知度の高い有名な戦いですから、客観的に見て、残念ながら関ケ原の分が悪いのも認めざるを得ないところです。この3つの中ではどうしても三番目になってしまうのでしょう。

しかしながら、最初に紹介した「世界三大合戦」の定義からいえば、関ケ原合戦は十分にその資格を満たしているといえます。今思い出しましたが、アメリカの中学校だったか高校だったか、日本についての知識を競うコンクールで、関ケ原が出題されていたこともありました。

つまり、この潜在的な可能性が高い関ケ原を、名実共に世界に認知されるように、情報発信していかなければならない。

とまあ、今回の結論はそこに収めたいと思います。おあとがよろしいようで。

コスモス 

December 11 [Tue], 2007, 1:50
今年はたぶん写さないだろうと思っていた「コスモスの花」
私のような素人には無造作に咲き誇るこの花は〜〜写す構図が難しいのですが
やっぱり可愛い花を写してきました。
柔らかい素朴な花が秋風に揺れる姿は、車を走行中にいたるところで見る事が出来るし
休耕田はコスモス畑になっているところもある。
とっても珍しい花びらのコスモスを見ました〜〜そして華やかな一枚も〜〜。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alonam164
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像KAMI
» くーちゃんの朝の食事 (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
» くーちゃんの朝の食事 (2008年10月18日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» くーちゃんの朝の食事 (2008年10月13日)
アイコン画像めーたん
» くーちゃんの朝の食事 (2008年10月06日)
アイコン画像はにまる
» くーちゃんの朝の食事 (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» くーちゃんの朝の食事 (2008年10月02日)
アイコン画像RAOSU
» くーちゃんの朝の食事 (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
» くーちゃんの朝の食事 (2008年09月28日)
アイコン画像ハム太郎
» くーちゃんの朝の食事 (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» くーちゃんの朝の食事 (2008年09月23日)
Yapme!一覧
読者になる