豊かさを受け取る

May 08 [Fri], 2009, 3:10
『素にまっ直



すなお』とよみます。


でも人は、自分の中に決め事があって
思い込みがあって、
観念があって

素にまっ直にならない時があります。


“〜ところがあります”と言った方がよいかな。



真っ直ぐでないところがあると、

目の前に意地悪な人が顕れたり

「こうなるといいなぁ」と思っていることが、全く逆の方に進んだり

体が硬くなって言うことを聞かなかったり

人とぶつかることが多かったり

心が固くなって、拒絶を感じたり
そして、淋しくなったり

お金持ちになりたいと思っているのになかなかなれなかったり

します。


それは、トラウマとかネガティブカルマとかが原因だったりもするのだけれど、


それはどこから始まったの?

それはどうやったら、なくなっていくの?


ということを紐解いていくと

最後には


素直心にたどりつきます。


私たちの命の源に対する素直心。


それを取り戻した時、

人は心も体も柔軟性を取り戻し、

今、自分の在ることにふと感謝の念が湧いてきます。



こうなったのは自分のせいだと自己嫌悪にひたったり、罪悪感に苛まれたりすることなく、


ないものにフォーカスして人を羨むことなく、今自分の持っているものに感謝したり、

今ある家族に感謝したり、

さまざまなことに氣付かせてくれた友に心の底から感謝したり


できるようになります。




それは、この宇宙の有り余る豊かさを受け取るということ。

「好き!」って言われる人になる

March 29 [Sun], 2009, 13:44
先日、クライアントのMちゃんとお話をしていましたら。。。



M 「この間、機会があって、好きな方のお手伝いをして、一緒にお話をする時間を

  ゆっくり持つことができたんです」

  (好きな人というのは、異性ではありません。念のため^^)

  「好きな人とともに過ごす時間を持てるということは幸せですね。

   とっても楽しかった



M 「ともに過ごせる時間が持てるなら、何でもお手伝いしちゃいます〜」 



そんな風に思ってもらえたら、幸せですね



では、その方はどうしてMちゃんからそんなふうに

思ってもらえるのでしょう?



Mちゃんに聞いていると、

その方に会っていると、

自分が元氣になったり、やる氣がわいてきたり、

氣づきがあって、取り組むことでらくになったり、今まで進まなかったことが

進むようになったりするそうです。



それは、どういうこと?



そのMちゃんの好きな人は

Mちゃんに

形に顕われているもいないものは別にして、

その時必要なもの

をあげているのですね。



それが、Mちゃんにとってタイムリーなので

もらったものなので、心にとまり、すぐに活用していくことに

なるのだと思います。



もらったものは、

いやしだったり、

きづきだったり、

必要な技術だったり、

必要なものだったり、

情報だったり、



それはいろいろでしょう。



顕在的にでも潜在的にでも

ほしいと思っているもの、

必要なものをくれる人と一緒にいると

人はうれしいと感じたり、また

一緒にいたいと感じたりします。



では、そういうひとになるには?



それには、やっぱり

あげる

ことなんですね。



自分のあげたいものではなくて

その人のいるものをあげること。



&その行為が

自分にとって決して、犠牲ではないこと。

←これ大事です



「私には、あげるものがない」って、

そんなことを今思ったりしました?



いいえ、誰でも人にあげられるものを持っています。

あなたの笑顔。

あなたの言葉。

あなたの存在。




Good Timingで

Good Choiceで



それを、人に差し上げると

本氣で本氣で心底そうすると

決める時、



あげられるものが増えていき、



『あなたと一緒にいると、うれしい』



といわれる人になっていきます。


〜〜〜こちらもどうぞ〜〜〜

☆ロミロミで人生が変わる! 
       〜Aloha Island〜 ☆
MENU
http://yaplog.jp/aloha_island/archive/2

PRICE
http://yaplog.jp/aloha_island/archive/3

THERAPIST
http://yaplog.jp/aloha_island/archive/4
ACCESS
http://yaplog.jp/aloha_island/archive/6



☆毎日幸せフレーズをお届け〜☆

    七福尽ブログ

  http://ameblo.jp/iyasaka55/


ホームページを新しくする♪

March 19 [Thu], 2009, 0:20
思い立って、ホームページを刷新することにしました。



プロに頼んだのですが、



『ここの資料ください』

『ここの説明ください』

『ここはもう少し文章軽くしてください』

『ここの写真を文章つきでください』

と要求がいっぱい



一つ一つこなしていますが、



自分の思いや、やっていること、

それを通して皆さんに何を差し上げられるか、



そんな全てを

ちゃんと伝わるように

お見せするって

こういうことなんだなぁ

と勉強することいっぱい。



新しいホームページができましたら、このページでも

お知らせします。

遊びに来てくださいね。






☆ロミロミで人生が変わる! 
       〜Aloha Island〜 ☆
MENU
http://yaplog.jp/aloha_island/archive/2

PRICE
http://yaplog.jp/aloha_island/archive/3

THERAPIST
http://yaplog.jp/aloha_island/archive/4
ACCESS
http://yaplog.jp/aloha_island/archive/6



☆毎日幸せフレーズをお届け〜☆

    七福尽ブログ

  http://ameblo.jp/iyasaka55/

言霊の国

March 02 [Mon], 2009, 1:30
しきしまの
やまとのくには
ことだまの
たすくるくにぞ
まさきくありこそ


万葉集にそう歌われているように、
日本は言霊の国です。

自分の心にあることは

目の前に事象として顕れます。


そのことを、

「人は自分自身に出会い続ける」

ともいいます。


よきこと
と思えることも
悪しきこと
と思えることも
自分の中にあるものが
自分の目の前にあること。


よきことと思えることも
悪しきことと思えることも
人生にはいろんなことが
起こります。


でも、本当は、みんな、
豊かで喜んで幸せで
HAPPYで
いろんなことを楽しんで、
いろんなこと創造して
『あ〜、たのしかった』
『嬉しいことがいっぱいあった』
『自分も周りも幸せだった』
っていう人生にしたいですよね。


そうなるにはどうしたらいい?


それには、自分の中にあるものを、
よきこと、
みんなも自分も幸せになること、
みんなも自分も豊かになること。
みんなも自分もたくさんの創造をできること
そして、みんなが調和していること
で満たせばよいわけですね。


そうすれば、よきことばかりの自分の中が外に顕れて
よきこと、楽しいことがたくさん起こります。


では、そのように自分の中にあるものをかえるには???



日本は言霊の国



言葉にしたことには力があります。



そして、それが祈り。



い・のり
意・乗る



『会社の年商が今の3倍になりますように。

その仕事の中で、天や人に尽くせますように。

そういう自分になります。そうしてください』

と祈る。



『ただ人のことをうらやましがるのではなく、

人の幸運を心から喜び、人にたくさんの幸せを

与えられる自分になります。

そうさせてください。

そうやって、天に人に尽くします。』

と祈る。



祈りが天意に逆行するものでなければ、

その祈りが叶うように現実が動きます。

スピリチュアル・茶の湯

February 07 [Sat], 2009, 0:14
以前、裏千家流のお茶のお点前を習っていたことがあります。

お茶のお点前というのは、

茶室という空間に

一つの宇宙と流れを創りだします。

亭主はその時のその時の天の氣の流れをくみ、

その日の道具を組み、飾りをつけ、道々に水を打ち

料理や菓子、茶を用意し、

点前を進めることで、客とともに実際に

用意された宇宙の中で銀河の流れを顕わしていきます。




昔、先生に
『亭主が用意した意を酌んで
客がそのように反応し
亭主が創ろうとした世界が
そのままに出来上がったときは
感動ものなのよ。』

『茶事の世界は亭主だけでは完成しない。
亭主と客がともに創りあげるもの』
と言われたことがあります。


今、改めてスピリチュアルなところから
お茶の世界ってなにをしようとしていたのだろうと考えると、
最初につづったことのようになるのだと思いました。

茶事を催すとき、亭主(招く人、お茶を立てる人)は
まずテーマを決めます。
たとえば、少し前だと、“節分”とか
“お正月”とか“七夕”とかなどなど。

そのテーマに決まるということは
その氣が天に動いているということ。
もともとはそんな意味があったのだと思います。

そして、亭主はそのテーマに沿って
料理を決め、お菓子を決め、お茶碗を決め
茶を決め、茶入を決め、棗を決め、お花を決め、
花入れを決め、軸を決め、香を決め、、、
全ての道具を配置を順番を決めていきます。

そこまでは、その時の天の氣を切り取って顕わすということ。

茶事はここからが本番。

亭主は客とともに、その道具たちを使って、
その時の天の氣の流れをそのまま
茶室に写し取って顕わしていく。

それは、亭主の動き、客の言葉、受け答え
その全てがぴたっと
天の氣とあったとき初めて
そこに顕れる。

先生曰く、
『でもね、本当に亭主と客の心が一つになって
亭主の用意した世界がそのままに出来上がることはなかなかないの。』

昔の茶人ってそれを顕わそう、顕わそうとしていたのではないかな

天の氣をそこに顕わしたとき、
自分の中の銀河と
茶室に顕れた銀河と
天とが
一つになり、

全てを感じられるのではないか。。。

そんな風に思いました。

茶の湯の世界。壮大。。。

風になりたい

February 03 [Tue], 2009, 11:51
昔、小学校でこんな歌を習いました。


♪風になりたい♪


風になりたいな
かぜに
どこへでも行ける風に

今日は海を見に町へ
南国の島へ〜〜〜♪

こんな歌詞が続きます

ヒトや生物以外のものになりたいと思ったことのなかった私には
“風になる”という発想はかなりなカルチャーショックだったのを覚えています。


いま、改めてこの歌詞をみていると、
ヒトは、自分自身もこうして自分にできることを制限しているのだなぁ。

そう思いました。


風になりたいなぁ
とおもっている間は
風になり、
風のように自由にどこにでもいくことはできません。

風のように何事にも縛られず、
どこにでも行ける自分になる、と決めた時、そのようになりはじめます。


なりたいなぁ

「なれる
「なるぞ
になった時、

ヒトの人生は変わりはじめますのですね。



あんな人いいなぁ。
こんな仕事できたらいいなぁ。
と指をくわえてみていませんか?

もし、そんな自分に氣付いたら

「私もあんなふうになるぞ!」
「こんな仕事をして自分もみんなも幸せにする自分になるぞ!!!」

そんなふうに、言い直してみてください。

そこから現実化がはじまります(^-^)

現実化

January 23 [Fri], 2009, 1:31
今日は、箱根へイベント会場の下見に行ってきました。

イベントの成功と、ほかに思うところもあり、箱根神社に参拝

『このことが最速で成りますように
このことに関わる全ての人が幸せになりますように

そう、箱根大神様と九頭竜様にお願いしてきました。

そのあと、イベント会場の下見ともう一仕事おえて、
一緒に行った仲間と共に、帰路に着きました

帰る途中、電話が

なんと

その電話の用件は、さきほど箱根大神様と九頭竜様にお願いした件でした

なんて、最速

『物事を成すときに
祈ってから動きなさい
とは、私が昔、師匠から教えられたことですが、

その基本形をまさに
見せられたように思いました。

ロミロミワークショップ

January 03 [Sat], 2009, 21:11
今日が今年の仕事始め

お正月が私自身は動きやすいので、ついつい生徒さんに
お正月の日程をご案内してしまった

それでも、いらっしゃったから、えらいなぁ〜と思う。

名古屋での開催になりましたが、
名古屋方面の方って、勢いのよい方がおおい
ように思います。

あけましておめでとうございます

January 01 [Thu], 2009, 10:00
あけましておめでとうございます。
今年も皆様にさらなる発展が訪れますように

どうぞよろしくお願いします。

今朝、窓から外の木枯らしの吹くさまを見ていて、昨年の冬至を思い出していました。


冬至は陰の極み、一陽来福
陰極まって、一陽が生じます。


1週間が過ぎると
新しい年


でも、昔のお正月はもっとあとだったのですよね。


以前我が師に聞いたところによると、
『きっと昔のお正月はもっと暖かくて
本当に“春”という感じだった』
のだそうです。


寒さ極まり、陰極まり、一陽来福で
だんだん暖かくなって、
新しいことが始まる、新しい年が明ける


まさに、新しいことが始まる
そんなことを自然と体が感じたのではないでしょうか。


お正月は本当に新しいエネルギーで
新しいコトが始まる、始める、決める
ときなのですね。


お正月の“正”は
一に止まる
と書きます。


一はヒト
光が留まって
ヒト


氣持ちを穏やかにして
改めて、自分が“光留まる存在”
であることを思い出し、
新しい年の計をたててみましょう。

一年の計は元旦に有り

体から人生をかえる♪

December 27 [Sat], 2008, 11:50
『心と体は密接に関係しあっています。』

そうなんだ〜
そうだなぁ〜

と思っていても、実際には、なかなか実感がわかないようです。

たとえば。。。

いつも目の奥に怒りを抱えている人が、
肝臓に効くサプりをとると、怒りが収まっていく傾向を見せることがあります。

腸がよく働いて、いらないものといるものを上手に分けられるようになると、
人生が変わる人がいます。

ボディワークをしていると、あるところに手が行ったとたん、泣き出すクライアントさんがいます。
そして、その後感情が解放されて、ラクになったりするのですね。

心が体を創り、体が心を創っている。

そのことは、
武道や、ロミロミで体から
リーディング、カウンセリング、
アストラルクリアリングをとおして、心や魂の面から
人に接していると、

本当に本当に
心と体切り離しては考えられないものだと
思い知らされます。

先日、フェイシャルを受けてくださったクライアントさんが、
『施術を受けた日はよく眠れてすっきり目覚めました。
お化粧ののりが違うだけでなく、髪を切ったりお化粧を変えたわけでもないのに
雰囲気が変わったね(^^)
と何人もの方から声をかけられました。
私自身、気分が軽く、なんだかうきうきするんです。
しかもそれがずっと続いているんです。
不思議です。』
と伝えてくれました。

顔の筋肉が緩むだけでこの違い。

ましてや、全身がゆるゆるになったなら。。。

今年もあとわずか。

一年の自分へのご褒美に
垢落としに(!?)

ボディワークで体ゆるゆる

ヒーリングやアストラルクリアリングで心ゆるゆる

になってはいかがでしょう


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aloha Island
読者になる

本物の輝き。。。

Aloha Island

メルマガ登録・解除
 
http://yaplog.jp/aloha_island/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE