alli (アライ) アメリカFDAが初めて認可したダイエット薬 

December 11 [Fri], 2009, 3:00
alli アライ オンライン通販

世界初のダイエットのOTC薬 アライ(Alli)

アライ(Alli)は2007年2月に米国食品医薬品局(FDA)に認可された、処方箋薬 ゼニカルのOTC バーションです。これまでにも、サプリメントでは 米国食品医薬品局(FDA)の承認なしに減量効果をうたっているものはありましたが、アライ(Alli)は、政府機関によって、ダイエット効果ガ承認され、処方箋なしで購入可能な初めての薬です。 アライ(Alli)の成分は、 すでにアメリカで認可販売されている処方箋薬ゼニカルと同じオーリスタットで、ゼニカルは1カプセルでオーリスタットが120ミリであるのに対して アライ(Alli)は1カプセルが60ミリと、効力が半分に弱められています。
アライ(Alli)の成分であるオーリスタットには、胃腸の中の「リパ−ゼ」と呼ばれる脂肪分解酵素の働きを長時間にわたって抑える働きがあり、 アライ(Alli)は、食欲を抑制するのではなく、体内での脂肪の吸収を抑える事によってダイエット効果を発揮します。脂肪は大きな分子で、脂肪分解酵素によって細分化されて初めて体内に吸収されます。したがって食事と一緒にアリ(Alli)を服用すると、アライ(Alli)がこれら脂肪分解酵素の働きを妨げ、食事で摂取した脂肪の1/4が消化吸収されない様になります。体内で吸収されなかった脂肪は便とともに排泄されます。アライ(Alli)を服用した最初の 1 週間ぐらいは、軟便になる事があり、一部の脂溶性ビタミンの吸収を阻害するので、マルチビタミンの併用が勧められています。米国食品医薬品局(FDA)によると臓器移植を受けた人は、アライ(Alli)服用しないように、また血液の抗凝固薬を服用している人、糖尿病、甲状腺疾患の人も、事前に主治医に相談するように注意しています。
製造元のアメリカのグラクソスミスクライン社によるとアライ(Alli)は食事療法と運動と組み合わせて使用されることが必要で、臨床試験によると、食事療法と運動で 2.3 キロ体重を減らせた人が、アライ(Alli)を併用する事でさらに 1 〜 1.4 キログラムの減量を可能にしたという結果がでています。

alli アライ オンライン通販

世界初のダイエットのOTC薬 アライ(Alli)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alli
読者になる
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる