吉元でレダス

April 07 [Thu], 2016, 16:33
交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。

その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、看護師が把握しておくべきことについての諸々をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて報告するというものです。大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話すことが大事です。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも当たり前のように期待されます。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。普通やることもたくさんあるのですが業務時間以外にも仕事が多くあり、仕方なく残業することも日常茶飯事です。ですが、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。



ほんの少し前まで文句を言っていた人がすぐに笑顔になれるので、看護師のその様子はまるで女優のようです。中には、退職金に懸念がある人もたくさんいる可能性もあります。

退職するときに看護師がもらえるお金は、国立や県立の病院では多くなります。
次いで、多くもらえるのが、大学病院でしょうか。



規模が小さい医療施設の場合には、多くありません。
夜に勤務する機会が多くなるので、大分部の人にとっていいとは限りませんが、大規模な医療施設の方が待遇が優れています。看護師の年収は高額だと思われている方もいるでしょう。
だけど、夜間業務がないとそれほど稼ぐことができず、もらえる月給が不十分ということがあります。そのため、独り身の時は夜の勤務がある病院で働いて稼ぎまくって、既婚後、夜勤がまわってこない病院に再就職する人も多いです。看護師の業務は一般的にはハードワークだと認識されています。

これは、近年の病院の雇用環境の問題がきっかけで、改善する傾向がみられない人手不足により就業時間が長引いてしまう動向にあるためです。
長い勤務時間に加えて、月に何度か組み入れられる夜間の勤務があるため、普段から、疲労とストレスを抱えている看護師が多くいるでしょう。病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら勤務先によっては、急患にも対応する等、看護師のほとんどが大変な激務の状態にあるということです。
男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、精神的に疲れてしまったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは頷けます。どうしたら、思い通りに看護師が違う病院に転職可能かというと、専門の斡旋業者に依頼するのが近道であり、安心な方法でもあります。インターネットで探してみると、たくさんの転職サイトが出てくるので、そこで情報を入手するのが近道になるはずです。一度に、複数の看護師転職サイトに登録しても問題ありませんから、気負わずに、試してみると良いでしょう。


看護師として仕事をしている人は、3、4万人いらっしゃいますが、それと比較して、資格を取っていながらも、勤務していない人が五十万人以上存在すると考えられています。

全国で四万人もの看護師が足りないと推測されているため、その五十万人の中の、ごく少数の人でも勤務できるようになれば、少しは改善できるように思います。

看護士も看護師と呼ぶのも基本的には同じ職業のことをあらわします。違うところは、今までは、男性を看護士、女性を看護婦と位置づけるように性別で区分して称していたものです。

現在においては、男女の区分なしに看護師という呼び名に一本化されています。皆さんは「看護師は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。



実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて総額が上がっている場合が多いです。
ですので、より高い給与を看護師の仕事で得たいのならば、日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤がある勤務先を選択してください。この夜勤があるかどうかによってどのくらい稼げるかが変わってきます。転職情報サイトの看護roo!で利用できる看護師専用のコミュニティサービスも、先輩看護師の助言や看護師の旬な話題が網羅されていて、とても人気があります。


あと、看護師に関する知りたいことやききたいこと、それから、その答えもコミュニティを利用すれば、得られますから、たいへん参考になりますね。



看護師が転職するときに大切なのが面接といえます。面談の際に尋ねられがちな質問は以前の勤務先での仕事の内容、これまでの職場を辞職した理由、この病院でやりたいことは何か、また、自分の看護に関する価値観などでしょう。

特によくきかれる、こうした質問にスムーズに応答できるように事前にまとめておく必要があります。
「看護のお仕事」という名前の転職情報サイトは、求人情報に記載されている休みや、社員への手厚い経済的保障、年齢、休止している期間などの条件がもっとも見やすくなっているともっぱらのウワサです。

なので、希望条件に合っている転職先を、スムーズに見出すことができるというわけですね。


看護師が転職しようとしても、一人だと待遇の交渉をすることは不可能なケースもあると思いますが、看護師転職サイトを利用すると待遇面での交渉も引き受けてくれて、有利な条件で転職できることもあるでしょう。
転職未経験の方には、履歴書とか職務経歴書の記入の仕方を指導してくれることも役に立つでしょう。昨今、ますます看護師は不足気味です。看護師の免許を持っていても、看護師をやっていないというケースは少なくありません。

では、看護師不足の原因はなんでしょう。

それは、看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。


それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。
大多数が女性の職場なので、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miyu
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/allcodpiteksmr/index1_0.rdf